おすすめのオルタナティブロックバンド10選 世界で活躍する10組のアーティストを紹介

Coldplay

コールドプレイは言わずと知れたイギリスのオルタナティブロックバンド。イギリスをはじめ、アメリカ、日本でも人気がある実力派です。

彼らのスタイルは、アルバムを重ねるごとに進化しているといっていいでしょう。フロントマンであるクリス・マーティンが主体となって作り出す音楽は、どこか幻想的で、彼らのスタイルは際立ったものがあります。

そんなコールドプレイのアルバムの中で私がおすすめしたいのは「Mylo Xyloto」です。「Mylo Xyloto」以前のアルバムには、ロック要素の強い楽曲が多く含まれていましたが、「Paradise」をはじめとする「Mylo Xyloto」収録曲はオルタナティブロックバンドとしてのコールドプレイの真骨頂といえるでしょう。CDジャケットに負けず劣らず、収録曲はいずれも色彩を持っているようで、アルバムを通してカラフルなイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。

 

Radiohead

次におすすめするオルタナティブロックバンドはRadiohead。なぜかというと、唯一無二といって良い独自の世界観を表現しているバンドだからです。

1stアルバム「Pablo Honey」ではギターポップ的な音楽でした。しかし、それ以降彼らはアルバムごとにガラリと音楽性を変えていき、作品を進化させ続けてきました。また、そういった急激な音楽性の変化にもかかわらず、デビュー当時からずっと同じメンバーで活動していることも特筆すべき点でしょう。

特に3rdアルバムである「OK Computer」は90年代を代表する一枚と言って良いでしょう。まるで宇宙のような音像を感じることができるこの作品は、まさにこの作品にしかない世界観があります。重く、絶望的な空気のある”Exit Music”が流れてきたかと思えば、浄化されるような美しさを持つ”Let Down”へと繋がっていきます。最後の曲である”The Tourist”を聴き終わった頃には、まるで夢から戻ってきたような余韻を感じることでしょう。

 

The Smiths

ザ・スミスの魅力はまずボーカルの独特な声でしょうか。低音が効いており、一見陰気な雰囲気を漂わせているのだけれども、そこかセクシーな雰囲気も感じられます。しっかりとメロディは感じられるのに、真っ直ぐな上がり下がりのない、つぶやいているような歌い方に聞こえるところがまた渋いです。またギターの音も個性的で、それがオルタナティブロックらしく個性的な魅力を感じます。

そんなザ・スミスのおすすめしたいアルバムは「Hatful of Hollow」。その中に収録されている曲「How soon is now」が何とも口では表現できないメロディです。他のミュージシャンにはない、曲を聞けば”The Smith”だとすぐわかる独特のサウンドを作り出したこのアーティストはオルタナティブロック界を超えて偉大な存在です。

 

U2

最近のU2は少し元気がなくなってきている気がしますが、音楽に少しでも興味がある人ならU2を知らない人はいないでしょう。

今回おすすめしたいアルバムはかなり古いのですが「WAR」というアルバム。このアルバムはU2らしさ、オルタナティブロッらしさが一番表現されていると思います。まさにオルタナティブロックというアルバムですが、仲でも「Sunday bloody sunday」のリズムは必聴。最初のイントロのドラムオンから、カッコよすぎてしびれます。

全体的に暗めの曲が多いのですが、ギターのキーが高めなので暗く感じさせない点がまた魅力的。もう一つおすすめしたいのは、やはり大ヒットとなった「The joshua tree」というアルバム。これは音楽好きの人なら嫌いな人はいないというほどの名盤です。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。