オルタナティブロックの名盤10選 前衛的かつ聴衆を虜にする名作を紹介 

スポンサーリンク




The Joshua Tree – U2

U2の最高傑作ににして、80年代のロック界を代表するアルバム「The Joshua Tree」。
1987年にリリースされたアルバムですが、1980年代当時にこのアルバムを聴いた人は、収録曲1曲目「Where The Streets have No Name」のイントロの神々しさに体が震えるような感覚を得たと言います。THE BEATLESへのオマージュで、ビルの屋上での演奏のもようを撮影したPVも非常に話題を呼びました。

アルバムの他の収録曲も名曲揃いで、U2はこのアルバムでグラミー賞最優秀アルバムを受賞、押しも押されぬビッグバンドに成長したといえましょう。

折しも2017年はこのアルバムの発売30周年で、記念のライブツアーが現在全米で行われています。「The Joshua Tree」の全曲と、その他のアルバムから選んだ代表曲が歌われているそうです。U2はずいぶん長いこと来日していない(2006年にさいたまスーパーアリーナで見たのが最後)ので、今回のツアーで来日してくれる事を切に願っています。

 

BLEACH – Nirvana

ニルヴァーナがオルタナティブロックのバンドとして有名になり、人気が出始めたのはこの次のアルバム「NEVERMIND」からです。それは多くの人に受け入れられるだけの音楽性を兼ね備えたポップさがあったからといえるでしょう。

しかし、オルタナティブロックの本質から考えると、「NEVERMIND」以前のこのアルバム「BLEACH」をおすすめしたいところです。なにより、オルタナティブロックらしさがあります。

バンド結成時の初期衝動がそのまま詰まっていて勢いが感じられ、これから新しいことがはじまるという気持ちにさせてくれるアルバムです。未熟であり、低予算で制作されたということがかえって魅力的に感じられるところがこのアルバム良さ、オルタナティブロックさを引き立てているのではないでしょうか。

 

Bandwagonesque – Teenage Fanclub

冒頭のフィードバックギターの衝撃。甘いメロディーとバックで鳴り続ける歪み潰れたギターのコードストロークのコントラストは、初めて聴いた耳には強烈な違和感と同時に途方もない美しさを感じさせ、多くのファンが繰り返し繰り返し聴き続けさせる一枚となりました。

今ではスコットランドのベテランギターポップバンドとしてすっかり肩の力が抜けたようで愛されているティーンエイジファンクラブが、「アメリカのグランジロックに対するイギリスからの回答」などと呼ばれていた1991年頃、メジャーデビューアルバムがこの「Bandwagonesque」。アメリカの音楽雑誌スピン誌が発表した「1991年のベストアルバム20」では、NirvanaのNEVERMINDやR.E.M.のOut of Timeを差し置いて1位を獲得しています。確かに、このころのティーンエイジファンクラブには、確かに怪物めいた予感があったように思います。いま、初めてこのアルバムを聴く人にはその衝撃は伝わらないかもしれませんが、25年以上経過した今もひたすらに美しい曲が今も鳴り続けています。

10曲目、「僕にはやりたいことがある、でもそれが君と一緒にかはわからないんだ」というなんともぼんやりとした戸惑いからはじまる曲「Alcoholiday」は、等身大の情けなさを綴った名曲。ポジティブなメッセージや社会への告発ばかりがロックじゃないと思える1曲です。。

 

Black Holes and Revelations – MUSE

ミューズはコールドプレイと並ぶ、現在のUKロックを代表するバンドです。

スポンサーリンク