日本のハードロックバンド14選 1980年代のベテランから最新のアーティストまで一挙紹介

聖飢魔Ⅱ

聖飢魔Ⅱは1982年末から2016年まで活動していた日本のハードロックバンド。読み方はせいきまつ。

現在のアラフォー世代にとって日本のハードロックバンドと言えばこの聖飢魔Ⅱでしょう。地球征服、悪魔教の布教そしてビジュアルなどが強烈な印象ですが、その音楽性は本当に素晴らしいです。聖飢魔Ⅱと言えばやはりデーモン閣下の圧倒的な歌唱力が特長かと思います。ハイトーンボイスやシャウトの伸びが半端ではなく、日本のミュージシャンの中でも歌唱力の高いアーティストとして名が上がるほどです。一方、なぜか相撲に詳しかったり博学だったりキャラが崩壊しているところもお茶目。YOUTUBEでは赤いスイートピーなど様々なジャンルの曲をカバーしてその歌のうまさを披露しています。

聖飢魔Ⅱのおすすめしたいアルバム(大教典)は第17教典の「LIVING LEGEND [ 聖飢魔II ]」。その中に収録されている”HEAVY METAL IS DEAD”をぜひ聞いてみてください。世間の風刺、某放送曲では決して流せないような歌詞、圧倒的迫力の演奏にゾクゾクすることでしょう。

 

Thee Michelle Gun Elephant

ミッシェルガンエレファントはチバユウスケ、アベフトシ、ウエノコウジ、クハラカズユキの4名で結成された日本のロックバンド。ガレージロックを日本に広めたことでも知られていますがハードロックの要素も持ち合わせています。

ミッシェルガンエレファントはライヴバンドとして日本の音楽シーンに稀有な功績を残した日本の重要なハードロックバンドの一つ。2003年に解散しましたが海外にもファンは多く、ヨーロッパ、アメリカツアーも行っています。パンクロック、ガレージロックやブルースなどの多くの要素を取り入れながら独自のロックンロールを作り上げ、洋楽とも肩を並べられる洗練された音楽性と荒削りな音のグルーブ感が多くのファンを今も魅了し続けています。

特におすすめのアルバムは彼らの最後のアルバムである「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/SABRINA NO HEAVEN(CD)」。長年のライヴで磨きあげられて来た壮絶なまでの音の世界観が凝縮された一枚になっています。最初の曲から今はもう亡くなってしまったギターのアベフトシのギターの激しくて繊細な響きと、ほとんどの曲の作詞を手掛けたボーカルのチバユウスケの声と音楽性がぶつかり合い続け、しかし終曲はとても静かに終わります。どのアルバムも素晴らしいですが特に必聴の一枚です。

 

VOW WOW(BOW WOW)

バウワウは日本のハードロックバンド。1975年に活動を開始、70年代後半から1990年あたりまで精力的に活動を続けました。時期によって異なりますが4人、もしくは5人での編成を主としています。

バウワウの最大の魅力はヴォーカルの人見元基にあるといえるでしょう。確かにギターヒーロー山本恭司の存在抜きにこのバンドは語ることはできず、的確に随所に超絶テクニックのギターソロを織り込む彼のギターは素晴らしいの一言につきるのですが、人見の存在無くてはこのバンドは世界的に活躍できなかったように思います。人見の高音まで伸びる野太い声と表現力豊かな歌、日本人であるにもかかわらず違和感を感じさせない英語の曲は、聞いていると引き込まれずにはいられないというか、感情が揺さぶられずにはいられません。

こうしたバウワウの魅力が詰まったアルバムが「V [ VOW WOW ]」。キーボードによる深みを感じさせるオーケストレーション、透明感のあるギターリフをベースにヴォーカルが思い入れたっぷりに歌い上げていく曲が中心となっています。アルバム全体を通して聞くと、落ち着いた気分から次第に気分が盛り上がっていき、否応なしに心がドラマチックに変化していくのを感じることができる一枚です。

 

CROSSFAITH

クロスフェイスは5ピースメタルコアバンド。2006年からクロスフェイスとして活動しており、現在も活動を続けています。

あらゆるジャンルを飲み込み、それらをハードロックとして昇華させるバンド、クロスフェイス。おすすめのアルバムは「New Age Warriors [ Crossfaith ]」です。彼らがメジャーとして世に出ていくことを良い意味で意識するようになったことがわかる1枚です。それは決して、彼らがやりたいことを妥協してメインストリームに迎合しているというわけではないように思えます。それは彼らのハードロッカーらしからぬメディア露出でも伺えるのではないでしょうか。

数年前まで日本のハードロックバンドとして君臨していた彼らは、今や世界のハードロックバンドともいえます。世界のアーティストと世界の音楽ファンに認められつつあるクロスフェイス、日本人として聴かない理由はありません。

 

FLATBACKER

フラットバッカーは、日本でハードロックが非常な盛り上がりを見せた80年代中盤にデビューしたバンドです。フラットバッカーとしての活動は1980~1987年でしたが、その後E・Z・Oというバンドに改名、1990年まで活動を続けました。

今回、フラットバッカーのおすすめしたいアルバムが「戦争(アクシデント) – フラットバッカー」です。このアルバムは、全編エッジの効いたギターリフ、高音まで伸び力強く透明感のあるヴォーカルを大きな特徴としており、暴れ出したくなるような攻撃的な曲が満載です。このアルバムと他の日本のハードロックバンドのアルバムとを区別する大きな特徴と言えるのがパンクを感じさせる歌詞にあるのだと思います。例えば、アルバム冒頭曲の「ハードブロウ」中の歌詞に「いいかげんにしなさいよ、今に痛い目にあうわよ」といった表現をナチュラルに盛り込んでくるところからも推測できます。

スポンサーリンク