ハードロックバンドおすすめ14選 UK、US、日本のおすすめアーティストをまとめて紹介

スポンサーリンク




UFO

ユーエフオーは1969年に活動を開始、ロンドンにて結成したハードロックバンドです。

ハードロックギターの礎を作ったといっても過言ではないギタリストであるマイケルシェンカーが在籍していたことで有名なUFOですが、実はマイケルシェンカーが参加していないアルバムにも名盤は多いです。

その代表が今回紹介する「ザ・モンキー・パズル [ UFO ]」。

ブルースベースの曲が多く、それまでのUFOからすると若干の違和感を感じさせるアルバムですが、全体を聞き通してみると、大人のハードロックとはこういうものなんだなと感じさせます。ハイスピードな曲や重いミディアムテンポの曲があるわけではありません。ただヴォーカルが切々と哀愁のあるメロディを歌い上げていき、ブルージーなギターソロが心をグッとつかみます。

日々の仕事や日常に疲れを感じた時に聞くと肩の力がふっと抜けてリラックスさせてくれるような曲が満載のアルバムです。

 

Led Zeppelin

レッドツェッペリンは1968年にロンドンにて結成されたハードロックバンドです。

レッドツェッペリンはハードロックを基本に、様々な音楽性を取り入れていった幅の広さを持ちつつもハードロックにしか聞こえないという独自の魅力があります。

音楽性はブルース色が強いロックを基本としつつも、民族音楽やファンク、当時イギリスにて盛り上がりを見せていたサイケデリックなどを取り入れて芸術性の高い音楽に昇華させたことは、この時代他のハードロックバンドにはできないことでした。

また、ギター、ボーカル、ベース、ドラムとメンバーそれぞれのスキルの高さも注目すべきポイントです。ドラマーのジョン・ボーナムの後継者が見つからなかったことで解散ということを見ても、唯一無二のメンバー構成だったからということでしょう。

おすすめしたいアルバムは「レッド・ツェッペリン4 (スタンダード・エディション) [ レッド・ツェッペリン ]」で、バンドで一番有名とも言える「天国への階段」は最初に聴いておきたい1曲です。

 

Guns N’ Roses

ガンズアンドローゼズは1985年にロサンゼルスで結成されたハードロックバンドです。

アメリカを代表するハードロックバンドと言えばガンズアンドローゼズでしょう。何かと問題児なアクセル・ローズの言動がクローズアップされがちですが、音楽的にはL.Aメタル末期の退廃的な空気とアメリカンロックの明るさを内包した唯一無二のサウンドで、デビューアルバムは全世界で3000万枚以上のセールスとなっています。

中でもガンズアンドローゼズを象徴するアルバムと言えば全米1位を記録した1991年発売の「ユーズ・ユア・イリュージョン2 [ ガンズ・アンド・ローゼズ ]」です。ロックチューンからバラードまでガンズアンドローゼズらしさ満載のこのアルバムは、アクセル・ローズの耳に残るボーカルとスラッシュのレスポールをフィーチャーした分厚いエモーショナルギターがとても心地よく、まさにアメリカンハードロックの真骨頂だと言えます。

 

PRAYING MANTIS

プレイングマンティスは1974年イギリスにて結成されたハードロックバンドです。

NWOBHM(ニューウェイブオブブリティッシュヘヴィメタル)の代表的として今でも活動を続ける大ベテランバンド、プレイングマンティス。その音楽はトロイ兄弟によって作られる分厚いコーラスとツインギターの美しいハーモニーが特長になっています。メロディーをとにかく重視したサウンドはハードロックというよりはAOR(アダルトオリエンテッドロック)にも聴こえるほど。

中でも1993年発売のアルバム「A CRY FOR THE NEW WORLD [ プレイング・マンティス ]」はそのメロディーの美しさから非常に高い評価を得ています。捨て曲がないとも言われるこのアルバムはオープニングから最後まで哀愁メロディーの嵐。その美しさは言い表せないほどに感動的です。メロディーを重視するハードロックファンに是非とも聴いてもらいたいアルバムです。

 

THE ALMIGHTY

ジ・オールマイティーは1988年から2011年まで活動したスコットランドのハードロックバンドです。

ジ・オールマイティーはスコットランド出身のハードロックバンドです。中心人物でギターボーカルを担当するリッキー・ウォリックは現在シンリズィのギタリストとしても活躍しています。音楽的にはクランチなハードロックですが、リッキー・ウォリックの生まれた環境からか反骨的な攻撃性が見られるとてもパワフルなサウンドだと言えるでしょう。

特に1996年発売のアルバム「Just Add Life」はベースはハードロックながらもメロコア、パンクの要素を前面に打ち出した実験的なアルバムで、 バンドとしてのストレートなパワーが感じられます。ホーンセクションが使われていたりするので純粋なハードロックファンには取っ付きにくいアルバムかもしれませんが、トータルで評価するとハードロックの範疇にカテゴライズされない名盤ではないでしょうか。

 

TNT

スポンサーリンク