カントリーミュージックの名曲10選 本場アメリカの田舎を想起させるおすすめ楽曲を紹介

スポンサーリンク

I Forgot to Remember to Forget – Elvis Presley

エルヴィス・プレスリーはアメリカ出身、1954年から亡くなるまで約23年間活動を続けたミュージシャン。ロックンロールというジャンルを確立、ビートルズのメンバーやフレディ・マーキュリー、ボンジョヴィなど、世界の名だたるアーティストに影響を与えた伝説的な存在。ザ・キング・オブ・ロックンロールという愛称でも知られています。

今回紹介する”I Forgot to Remember to Forget”は様々なアーティストにカバーされているため、存在自体を知っている人は多いのではないかと思います。かのビートルズもカバーしており、感動した方も多いのではないでしょうか。多くのアーティストによってカバー、アアレンジされているこの曲ですが、やはり最も素晴らしいのはエルヴィス・プレスリー自身が歌っている”I Forgot to Remember to Forget”。

エルヴィス・プレスリーといえばロックンロール歌手としての印象が強いですが、この曲ではギターやベースの演奏は控えめ、非常にシンプルであり、楽器陣はあくまでボーカルを引き立てるための演奏に徹しています。そしてその歌は、バラードを歌う時の様に静かな雰囲気で非常に味があります。

この曲を聴くとカントリーミュージックの原点であるアメリカの田舎を想像してしまい、行った事もないアメリカを懐かしく思うような気分になります。エルヴィス・プレスリーのロックンロールももちろん素晴らしいのですが、カントリーミュージック歌手としてのエルヴィス・プレスリーもそれと同等に知られるべき存在、とりわけ”I Forgot to Remember to Forget”という曲は彼の歌う作品の中でも最高の名曲であります。

 

From this moment on – Shania Twain

シャナイア・トゥエインはカナダ出身、1993年から活動しているカントリーミュージシャンです。

From This Moment On”はシャナイアがしっとりと愛する人への愛を歌ったバラードの曲です。初めは静かなゆったりした感じの曲ですが、サビの部分ではシャナイアの美しいハスキーボイスによって、より情熱的に心に響いてきます。

この曲は結婚式のBGMにとてもオススメで、実際に良く使われています。

他にシャナイアが歌っている曲の中で”Any Man of Mine”がありますが、こちらはカントリーダンスを踊るには踊りやすいアップテンポの曲で、カントリーダンスに造詣がない日本人には少し馴染みの薄い曲でした。しかし、この”From this moment on”を聴けばカントリーミュージックに対するイメージが変わる方がいるのではないかと思います。

遠距離恋愛をしている方にも是非聴いてもらいたい一曲です。

 

Teardrops On My Guitar – Taylor Swift

テイラースウィフトは言わずと知れたアメリカのシンガーソングライター。2006年活動を開始、現在もヒットソングをリリースし続けるトップミュージシャンです。

今回紹介する”Teardrops On My Guitar“はテイラースウィフトの初期の名曲です。テイラースウィフトはこの曲は発表したことでかなり有名になりました。テイラースウィフトがデビューした当時は、楽しげなカントリーミュージックが多く、”Teardrops On My Guitar”のようなバラード系カントリーミュージックはほとんどありませんでした。

また、この”Teardrops On My Guitar”には2パターンあり、カントリーミュージック性の強い”Teardrops On My Guitar”、ポップバージョンの”Teardrops On My Guitar”があります。テイラースウィフトのファンに聞いてみても、どちらが好きかは二極化するのではないでしょうか。皆さんもぜひ聴き比べてみてください。

 

Stay Stay Stay – Taylor Swift

テイラースウィフトからもう一曲、”Stay Stay Stay”という曲をお勧めしたいと思います。

カントリーミュージックと言えば、テイラースウィフトを思い浮かべる方も少なくないと思いますが、カントリーミュージック性が強い時期は、先ほど紹介した”Teardrops On My Guitar”がリリースされた頃のような、テイラースウィフトがデビューしてから間もないころです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。