日本のテクノポップアーティストのおすすめ9選 邦楽を索引したアーティストを紹介

スポンサーリンク




YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)

まずはYMO。イエローマジックオーケストラです。おすすめの理由は、日本においてテクノポップというジャンルを築いたアーティスト、先駆者であるからです。テクノポップに留まらず、その後の日本の音楽シーンやゲーム業界に至るまで、多大な影響を与えたグループとして知られています。

おすすめしたいアルバムは、1979年にリリースされたセカンドアルバム「Solid State Survivor(ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー)」です。この中に収録されている「Rydeen(ライディーン)」は特にオススメです。「YMO」を代表する曲であり、今もなおテレビ、CMなど多方面で使用されているほど人気の曲です。

テクノポップ、日本における「ピコピコサウンド」の元祖といったところでしょうか?テクノポップを語る上で避けては通れないアーティストがYMOです。

 

TM NETWORK

続いてはTM NETWORK。オススメな理由は様々考えられますが、やまり「小室哲哉」の存在が大きいのではないでしょうか。後々、様々なアーティストをプロデュースし楽曲を提供した小室哲也ですが、彼の作る曲はTM NETWORK時代からレベルが高く、テクノポップのテンポの良さを上手い具合に表現していました。アップテンポなBGMにボーカルの宇都宮隆の美声が合わさり、レベルの高い曲をたくさん世にリリースしてきました。

BGMはテクノなのに、歌い方はロックなこともTM NETWORKの魅力。当時の音楽からすると非常にギャップが感じられる聴衆を惹きつけているポイントでもありました。

TM NETWORKのオススメのアルバムは「ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999」です。3つもCDが付属されていて、たくさんの名曲を聴くことができます。メジャーな曲もあれば隠れた名曲も入っているので聞きごたえバッチリです。

 

PLASTICS

70年代に始まったテクノポップブームの先駆けになった日本のバンド、PLASTICS。もちろん活動当初は日本で評価はされませんでした。その点ではやはり日本の当時の音楽は発達が遅れていたのかもしれません。海外のSUB POPやROUGH TRADEのレコード屋に音源が並んで初めて日本でも注目を集め、評価が始まりました。

キャッチーでキッチュなテクノサウンドにあわせて、旋律無視のボーカルをのせるセンスは初めてその音楽を聴く誰もが驚いたことでしょう。それが中毒性になり、気づいたら何度もレコードの針を載せ、自分もくるくる踊っている。それが世代を問わず、現代の20代の若者ですらも虜にしています。後世にも語り継ぎたい日本のテクノポップバンドの代表、プラスチックスです。

おすすめしたいアルバムはサードアルバム「WELCOMEBACK PLASTICS」。1981年リリースにもかかわらずアメリカやイギリス、ドイツでも発売された世界基準のアルバムです。

 

その名はスペィド

英語表記ではTHE LADY SPADE。圧倒的なビジュアルと、キャッチーで馴染みやすいピコピコサウンドは、一度見た(聴いた)人を虜にすること間違いなしです。

ライブでは毎回、セクシーでキュートな衣装と歌声でファンを魅了するボーカルのAlicetogizzelleとダンサーたちのパフォーマンスによって、会場がスペィド一色になり他アーティストを圧倒するほどに盛り上がります。

おすすめのアルバムは「真っ黒逆さまハート」。これまでにライブ会場や通販にて販売していたマキシCDの楽曲を中心に、新曲や岡村靖幸のカバーを加えて、満を持して発売された一枚。ライブでの定番曲が満載で、聴いていると思わず踊りだしたくなる名曲揃いです。

アニメ「HIGH SCORE」の主題歌にも起用された『Sweetholic』や、今やライブでは欠かせない『アレタベタイナ』などのカワイイオンナノコ感を全面押し出した曲から「Hellbound」や「End of the World」などのクールでカッコイイ曲まで、ボリュームたっぷりのアルバムとなっています。

 

 

電気グルーヴ

テクノポップというジャンルで電気グルーヴをおすすめする理由は「面白さ」にあります。少しチープな言葉ではありますが、最先端の技術を使った規則的な電子音の打ち込みを土台にしながらも、会話、叫び、独り言などといった音楽という枠を超えた表現が散りばめられていまる楽曲からは音楽の面白さを感じてしまいます。

また、彼らの表現する面白さを存分に楽しめるのが映像です。PVではその世界観が非常に濃く反映されています。一見コミカルなパフォーマンスが多い印象ですが、楽曲におけるコード感はオリジナリティーが強くクオリティーは高いです。その美しさとキャラクターとの対比が強烈なインパクトを生み出していると思います。

電気グルーヴの曲はテクノポップの曲が多いので、テンポが物凄く良く気持ちよくノることができます。なので、疾走感があって聞いててテンションがあがる曲ばかりです。そして、電気グルーヴの曲は他アーティスト以上に歌詞がオリジナリティがあります。聞いていても新鮮味があり、メロディも存分に楽しむことができます。ちょっとおとぼけな歌詞も、完成度の高いBGMにテンポとリズムが合わさると、物凄くカッコよく聞こえるのは不思議です。

個人的におすすめしたいアルバムは1st「FLASH PAPA」。まとまりすぎていない未完成な輝きに溢れた楽曲がぎっしり詰まった印象です。

 

中田ヤスタカ

中田ヤスタカは、日本のテクノポップを牽引するアーティストのひとりです。

まず、特徴的なのは自身もCAPSULE等で音楽を発信することに加えて、数々のグループやアーティストに楽曲を提供しているという点です。すべての作品がメガヒットを飛ばしている点に中田ヤスタカが有名たる所以があるでしょう。国内だけでなく海外でも非常に高い評価を受けています。その独特の表現手法は音楽作品というよりもサウンドトラックに向いていることからもプロデューサーとしての腕を伺うことができます。

中でも「LIAR GAME オリジナル・サウンドトラック」3部作のすべてを手掛け非常に話題を集めました。提供する楽曲や自身の楽曲に共通していることとして、DTMを使った非常に機械的なサウンドが挙げることができます。しかし、それが非常に心地良いグルーブやリズムを持っているのが大きな特徴です。

 

きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅは、いわずと知れた日本のファッションモデルでありミュージシャンです。曲のクオリティの高さときゃりーぱみゅぱみゅ自体のルックスの可愛さが相まって、テクノ界のスター街道を走っています。

彼女の魅力を知りたいならば、曲のPVを視聴することが手っ取り早いかと思います。彼女のPVは非常に凝っており、PVを見る事によって曲の雰囲気だけでなくきゃりーの世界観を知ることができます。楽曲自体は前述した中田ヤスタカがプロデュースをしているため、CAPSULE等、中田ヤスタカの音楽を好む方は違和感なく聴くことができるでしょう。

きゃりーぱみゅぱみゅ自身の楽曲の特徴としては、歌詞の可愛らしさやPOPなダンスでしょうか。小さいお子さんや20代の女性など幅広い層から支持を得られているのは、この2点のお陰と言えます。

そんなきゃりーぱみゅぱみゅのおすすめしたいアルバムは「なんだこれくしょん」です。このアルバムには「にんじゃりばんばん」や「ファッションモンスター」など人気のあるシングル曲が4曲も収録されているので聴きごたえ抜群。オリコンランキングでも1位を取ったほどの完成度の高いアルバムです。

 

Perfume

英語で香水を意味するPerfumeはあーちゃん、のっち、かしゆかの3人組のテクノポップユニットです。こちらも中田ヤスタカ氏のプロデュースで有名です。

Perfumeの魅力といえば、楽曲的には中田ヤスタカ氏の耳に残るメロディと繰り返し聴いても飽きないアレンジ、そしてエフェクトを多用したボーカルワークとカラフルなテクノサウンドです。音楽性だけでもクオリティが高い上、楽曲の細かなリズムに合わせたヒールでのダンスや衣装に映像を映し出す技術など、ビジュアル面でも未来形なパフォーマンスが特徴的。

そんなPerfumeのおすすめしたいアルバムは「COSMIC EXPLORER」です。近年の楽曲作りの傾向としてはEDMのようにサビで切れ味抜群のループを主体として、合いの手的に歌を入れるのが特徴で、デビュー当時はアイドル的に扱われていたのが、クールビューティな大人の女性が感じられるサウンドに変わってきています。
チョコレートディスコなど昔の楽曲もいいですが、最近の進化したサウンドを是非聴いて頂きたいです。

 

テクノポップというジャンルを幅広い層に浸透させたのは彼女達のブレイクと言っても過言ではありません。あまり知られてはいませんが、彼女たちは実は下積み時代が長く、活動も長いので時代ごとの発表作によって雰囲気が異なります。

テクノポップ初心者にまずオススメしたいのは「GAME」というアルバム。ファン以外でもよく知られている「ポリリズム」や「チョコレイトディスコ」を始め、ファンの間でも好評だった曲が多く、捨て曲がない1枚だと思ってます。

気に入ったら、それ以降の作品やライブ映像も楽しんでほしいです。年々ライブパフォーマンスが目覚しくレベルアップし、目でも楽しめるアーティストです。テクノとJpopが美味しく混ざりあって、キャッチーな歌詞とアガる音楽を楽しみたいならぜひPerfumeをおすすめします。

スポンサーリンク