アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

【大阪】今後大注目のおすすめインディーズバンド【随時追加】

スポンサーリンク




音楽リスナーの皆さんこんにちは!

前回の東京編に引き続き、今回はいま大阪で人気のインディーズアーティストを紹介したいと思います。前回に引き続き、インディーズバンドの選定基準は、

  • 2017年1月現在活動中であること
  • インディーズレーベルに所属
  • Wikipediaが作られていないこと

としたいと思います。詳しくは「インディーズバンドとは」にて解説しています。

例外もあるかもしれませんがご容赦ください。それでは早速見ていきましょう!

 

ドラマストア

[official siteより]

ドラマストアは、ボーカル・ギターの長谷川海、ベースの松岡大暉、ドラムの松本和也で構成されたスリーピース・ロックバンドです。2014年12月に初めての音源EP「APOLLO」を発売し、初ライブにして初自主企画、初レコ発「クランクイン~大阪編 第1話~」を梅田Zeelaにて開催しました。チケットはソールドアウトし、そこから本格的な活動が始まりました。それ以来、大阪、神戸、名古屋を拠点に活動しています。上記からもわかるように結成初期から期待されている実力派バンドです。

音楽性は、アップテンポで軽めのバンドサウンドに、比較的ハイトーンの歌声が乗る、といったもの。さわやかで優しい曲調なので、万人に受け入れられる楽曲が多いのではないかと思います。そして、ポップさも持ち合わせているので、1度聴けばすぐにメロディーを口ずさむことができるようになるでしょう。ライブも盛り上がるはずです。メロディーやバンドサウンドの軽快さから筆者はKANA-BOONを想起しました。男性ハイトーンボイスや疾走感あるロックサウンドなど今流行りのアーティストに共通する雰囲気を出しつつも、アルペジオを使った緩急や歌詞が彼らならではの独自性を醸し出しています。

初めて聴く人には2015年に限定販売された「Golden Record」に収録されている「Messenger」をおすすめします。彼らの特徴である軽快で緩急のあるロックサウンドが体現されている一曲です。アルバム自体は限定販売で入手しにくいと思われますが、Youtubeにてofficial公開されています。気になる方は是非聴いてみてください。

おすすめしたいアルバムは白紙台本 [ ドラマストア ]

 

藤田裕也

藤田裕也は、主に関西で活動している19歳のシンガーソングライターです。ライブハウスなどではもちろん、ストリートライブはなんと週に5回も行うといいます。ワンマンライブでさえも多数の動員を集めていることからも、いかに彼が支持されているかがわかるでしょう。

彼の最も大きな特徴は、全身を使い張り上げて発せられる歌詞です。藤田裕也自身に確固たる1つの人生に対する考え方が、そのまま歌にぶつけられています。夢と現実の間で揺れ動くその等身大の歌詞が、多数のリスナーを集める最も大きな要因となっていると考えられます。一般的なシンガーソングライターの中には、アコギ1本で演奏しているということもあり、全曲を通して同じような曲調になってしまうことがしばしば見受けられますが、彼のリリースした曲の多くは単なる弾き語りではなく、盛り上げるところではきっちりとバッキングが入っている等、工夫が為されており歌詞だけでない彼のアレンジ能力の高さをも伺うことができます。

初めて彼を知る方には、1st mini album「捧ぐ歌」から「君に捧ぐ」をおすすめします。上述の彼の想いが思いきりぶつけられている様子を、一聴しただけでまざまざと感じ取ることができます。メロディーや展開も豊富で、単にAメロ、Bメロ、サビをつなげるだけでない曲の作り方にも、彼の曲をよりよいものにしたいという思いが感じ取れます。Youtubeの公式チャンネルにて、彼がこの曲に込めた思いを聴くことができるので視聴をおすすめします。

 

LAW OF LIBERTY

[official siteより]

LAW OF LIBERTY は、2015年3月に大阪で結成された正統派5人組ロックバンドです。メンバーは平均年齢19歳、ボーカルのYusuke、ギターのシルベスタ、ベースの竜馬、ドラムの幸太郎の4人で結成され、メンバーチェンジを経た後、2016年7月に新メンバーのギターの渉が加入し、現在の体制が完成しました。情熱的なMCや男臭さあふれるライブ、センスフルなメロディなどが特徴で、1度聴けばきっと耳を傾けてしまう曲ばかりです。

彼らの音楽性は、若者のロックバンドらしい疾走感あふれる楽器隊にメロディアスなボーカルが乗る楽曲が多いです。彼ら自身のオリジナリティはギターの音色です。一般的なロックのギターはイントロや間奏のソロ等が目立ちがちですが、彼らの楽曲はそれだけでなく一曲を通してギターの存在感が抜群です。ギターサウンドが好きな方はもちろん、今までボーカルを聴きがちだった人も、このバンドはギターの音色に注目して聞いて欲しいです。普段、BUMP OF CHICKENのようなアーティストを好んで聴いている人は、似たような音楽性なのでおすすめです。

初めてLAW OF LIBERTYを聴く方には、初のMV製作曲である「ZERO」をおすすめします。サビでのキャッチーでメロティアスなボーカルが非常に心地よく、聴いている内に体が自然と動いてきます。イントロやギターソロで聴けるギターの音色は、なめらかかつ安定感抜群で、ベテランバンドの風格さえも漂わせている一曲です。

 

 

鳴る銅鑼

[official siteより]

鳴る銅鑼は、岐阜県出身の4人組のロックバンドです。メンバーは、唄/六弦の三輪和也、
六弦/歌のカバ、四弦のグローバル徹、太鼓の岩ってぃから成ります。2013年3月に結成され、自主企画「開饗ミステリウム」にて初めてのライブを行い活動を開始しました。同時に、1stSingle「視覚」をリリースしてから今日まで活発的に活動しています。

六弦や四弦、太鼓などを使用と記載しましたが、それぞれギター、ベース、ドラムのことで、このネーミングからもバンドの個性が感じ取れると思います。曲の特徴として、アップテンポなドラムとベースを基盤に、透明感のある爽やかなボーカルが乗る曲が中心です。RADIOWIMPSやBUMP OF CHIKENなど最近流行りのスタンダードなロックサウンドが好みの方にお勧めです。バンド名や楽器の呼び方などからは色物バンドのような印象を受けますが、曲調は正統派ロックバンドです。

初めて聴く方には、2016年10月5日リリースの2nd EP『文明開化』より「独立宣言」をおすすめします。彼らの1番の魅力である透明感あふれるボーカル、キャッチーなバンドサウンドを堪能することができます。

おすすめしたいアルバムは文明開化 [ 鳴ル銅鑼 ]

 

WhiteCanvas

[official siteより]

WhiteCanvasは、ボーカルのmizuki、ギターのyuto、ベースのyasu、ドラムのhirokiで構成された4人組のバンドです。2013年に結成され、2015年からライブなどの本格的な活動を始めました。2016年3月のライブをもって第1期WhiteCanvasは終了しましたが、その1ヶ月後の2016年4月、第2期として活動を再開しました。性格や好みの音楽もばらばらだった4人ですが、「しろぱん」というこのバンドの象徴的存在の下にバンドを組むために集まったそう。2017年に入っても積極的にライブを行っていることから、今後も活躍が期待できるでしょう。

音楽性としては、ストレートかつポップ、キャッチーなバンドサウンドが特徴的です。楽曲全体としては明るめの曲が多いですが、ボーカルラインは明るくはじけているというよりは少々叙情的な一面を併せ持つのが特徴です。単に明るさ一辺倒でないところに彼らの魅力やファンを引き付けるポイントが備わっているのではないでしょうか。

そして初めて聴く方には、WhiteCanvasのオフィシャルサイトで視聴することのできる「ハジマリノウタ」という曲をおすすめします。イントロのギターの音色にポップで明るい印象を受けると思いますが、後のボーカルの少し癖のあるメロディーに惹きつけられるWhite Canvasらしい一曲となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク