次世代の人気インディーズバンドはこいつらだ! 2017年の音楽業界を彩る若手10組をご紹介

音楽好きのみなさんこんにちは。

今回は、人気インディーズアーティスト10選と題して、2016年に引き続き2017年も大注目間違いなしの若手アーティストを紹介したいと思います。

インディーズアーティストと言ってもロックからポップス、ジャズ、ファンク、R&Bなどなどジャンルは様々ですし、流行の最先端である東京をはじめ、福岡や大阪、名古屋などのインディーズの聖地それぞれから見られる地域差も考えられますが、今回はあえて縛りは設けずにアーティストを選んでみました。ジャンル別や地域別の紹介記事は他の記事にて紹介しますのでご了承ください。

では、早速紹介に移りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tempalay

[official siteより]

結成わずか1年半でアメリカ大型フェスに出演したサイケデリックポップバンド、Tempalay

読み方はテンパレイ。2014年に結成、東京と埼玉を中心に活動する3ピースバンドです。メンバーは小原綾斗(Vo. Gt. )、竹内祐也(Ba.)、藤本夏樹(Dr.)。ライブでは、Amy(cho. Syn)を加えた4名でパフォーマンスを繰り広げます。結成1年にしてFUJI ROCK FESTIVAL ’15 ROOKIE A GO-GOに出演、2016年にはSXSW2016というアメリカでは超有名なビックフェスに出演、そのまま全米ツアーを敢行し見事成功を収めました。2017年2月には約1年振りにEPをリリースし、今年のインディーシーンを必ず盛り上げてくれるであろうバンドの1組です。

彼らは自分たちの音楽ジャンルをサイケデリックポップと定義しています。サイケデリックとはWikipediaによると、

決まったルールのある一つのジャンルというわけではなく、ある種の楽曲に見られる超現実的でありながら夢を見るような感覚を表現した音楽

[Wikipediaより]

とあり、その特徴がいくつか挙げられていますが、Tempalayに当てはまるのは、

  • 曲の構成、拍子の変化が複雑
  • エレキギターのワウ(エフェクターの一種)の多用
  • 残響の強調

くらいでしょうか。上記に加えて公式ホームページでは、西海岸やカナダのインディーシーンの影響を感じさせる脱力感、ノスタルジックなメロディーが特徴と紹介してあります。

具体的には、最近メジャーデビューを果たしたnever young beachのトロピカルなサウンド、シャムキャッツのような脱力感、基本的には横揺れが心地よい楽曲ながら、ある種狂気性にも似たスパイスが曲中に散りばめられています。個人的には、その感覚はゆらゆら帝国の坂本慎太郎の「何故か分からないけれど曲に惹きこまれる」感覚によく似ています。

楽曲の雰囲気としては近年流行しているシティポップに通ずるものがありますが、明らかにそのようなジャンルとは一線を画していることが彼らの楽曲を聴けば分かるかと思います。上記のキーワードの何かに引っかかった方は一聴することをおすすめします。

特におすすめしたい曲は2曲。1stアルバム「from JAPAN」より「LOVE MY CAR」、初のEPとなった「Instant Hawaii」より「sea side motel」です。2曲ともに単に南国を想起させるだけでなく、その先の幻想的な世界を見せられているような不思議な気分とさせてくれる名曲です。

Tempalayの最新アルバム「5曲 [ Tempalay ]」の収録曲や評価はこちら

Sentimental boys

[official siteより]

夕景を背に自転車を押しながら聴きたいエモロックバンド、Sentimental boys

上原浩樹(Vo.Gt.)、堀内拓也(Gt.)、櫻井善彦(Ba.)、藤森聖乃(Dr.)による4ピースロックバンドです。長野県上田市の同じ高校であった4人で2005年に結成されました。その後メンバーの脱退などを繰り返し、2012年に再び結成当時のオリジナルメンバーが集まり本格的な活動を開始しました。バンド名の由来はGOING STEADYの楽曲「Sentimental boys」からだそうです。

2015年9月には初のフルアルバム『Parade』をnampaTEDfineレーベルよりリリースしました。こちらの発売にあたって、グッドモーニングアメリカの渡邊幸一や元andymoriのドラマーで現在classicusとして活動している岡山健司などから絶賛のコメントを送られています。

皆さんはiPodやウォークマンを手に取り音楽を聴くとき、何を基準に曲を選ぶでしょうか?
その日の天気や気分によるものが多いのではないかと思いますが、J-POPではなくアイドルではなく「バンド」を聴きたい、という日はないでしょうか。彼らの楽曲はザ・バンドといった楽曲が多く、上記のような気分のとき、彼らのようなバンドがいてくれて良かったと心から思わせてくれます。学校の下校中、アルバイトの帰り道、夜更かししている自分の部屋で彼らの曲がふと流れてきたら思わず泣いてしまうような、心に突き刺さる歌詞と美しいメロディが特徴的です。

具体的に彼らの音楽性を解説すると、まず一聴して耳に入る音はリバーヴの深いギターとボーカルの上原の柔らかい歌声が織りなす情緒的なサウンドが特徴的です。近年では、男声ロックバンドのボーカルといえばハイトーンの突き抜けるような声が主流ですが、彼の歌声は少し異なります。決して低くはない音域を歌っているのですが、その歌声の芯はとても太く非常に男らしさを感じます。同じくロックバンド「藍坊主」のボーカルhozzyを想起させるような歌声です。

そんなSentimental boysのおすすめしたい曲は「metro.」です。この曲は、思わず初恋を思い出してしまうような、恥ずかしくもあり懐かしくもさせられるまさにセンチメンタルな一曲です。ミュージックビデオに出演されている男女2人のキラキラ輝いている姿に大人は絶対に勝てない。そんな青春の美しさがギュッと詰まった映像と楽曲に仕上がっています。

Sentimental boysの最新アルバム「Parade [ Sentimental boys ]」の収録曲や評価はこちら

NOWEATHER

[official siteより]

次から次へとたたみかける情熱的な4ピースロックバンド、NOWEATHER

千葉県出身の4人組ロックバンドです。メンバーとしては、2010年に大畑カズキ(Vo.Gt.)、 篠原朴哉(Ba.)、杉山優生(Dr.)により結成、伊藤勇太(Gt.)が2014年に加入し構成となりました。

TOKYO FMのラジオ番組である「SCHOOL OF LOCK!」とSony Musicが主催し、ステレオポニーやGalileo Galileiらを輩出した10代限定のバンドコンテスト「閃光ライオット2014」の第三次審査にまで出場しました。その後、アルバム『終わりのその先を僕たちは知らない』は自主製作ながら1か月で200枚を販売しました。

彼らの楽曲の特徴は、シンプルで分かりやすいギターサウンドに伸びの良いボーカル。なんでもない日々の日常を切り取った歌詞は同世代の若者たちの心に響くことは間違いないでしょう。彼らの20代という若さはこれからどのようにも変化できるし、成長もできる大きな武器です。一度聞いたらもう覚えてしまうようなメロディはあらゆる人々に受け入れられると思います。自分にしか分からない小さい悩みを常に抱えているような10代のあの頃を思い出すような、センチメンタルな気分にもさせてくれる楽曲の数々です。

おすすめの曲は「赤い青春」。この楽曲は特に、彼らと同じように音楽が好きで、周りと話が合わないなんて悩んでいる少年少女たちの心をわしづかみにするでしょう。みんなと自分は少し違うんじゃないかということを一度でも考えたことがある人は共感すること間違いなしです。


NOWEATHERの最新アルバム「NOWEATHER/誰も君を止めない(CD)」の収録曲や評価はこちら

春ねむり

[official siteより]

リリックでも韻でもない新感覚次世代ラッパー、春ねむり

1995年、横浜で生まれ現在慶応大学に在学中の彼女。17歳の頃に組んでいたバンドではシンセサイザーの担当をしていましたが、21歳で突如ラッパーに転身。そして2016年夏、daoko、Jinmenusagi、GOMESSらが在籍するLOW HIGH WHO?からデビューミニアルバム『さよなら、ユースフォビア』が発売されました。彼女のホームページには「ジャンルはたぶんヒップホップで、こころはロックンロール」と自身の信念を紹介しています。

近年、特に2015年の9月からテレビ朝日にて放送が開始された「フリースタイルダンジョン」を皮切りに、ここ2、3年の間で若者の間にラップブーム、ヒップホップブームが密かに巻き起こりつつあります。そしてdaoko、泉まくらを筆頭に女性ラッパーも多くメディアやネットで名を見るようになりました。春ねむりもそんなラップブームに乗って名が売れつつある1人なのですが、彼女のラップは巧みな言葉遊びのようにリリックを連ねていくわけでもなく、気持ちよく韻を踏むわけでもありません。ヒップホップの醍醐味ともいえるこれらの表現を欠いてまで、なぜ彼女は売れているのでしょうか。

春ねむりは感情表現の方法の1つとしてラップを使っているからです。彼女の楽曲では、先ほど紹介した「こころはロックンロール」という言葉がまさに体現されています。ロックバンド「ミドリ」のボーカルの後藤まりこやシンガーソングライターの大森靖子は、自身の思いや内面的な感情をロックンロールという形で解放することで多くのファンを獲得しました。その表現方法は異なりますが、春ねむりも根底では彼女たちと同じものを持ち合わせています。しかし、彼女が選んだツールはロックンロールではなくラップでした。ラップに自身の感情をむきだしのまま、全てをさらけ出す彼女の美しさや危うさは多くの人に共感と新しさを与えてくれるはずです。

恐らく、好みの分かれる音楽とは思いますが、ヒップホップやラップが好きな方や今回の紹介で興味の湧いた方はぜひ一度聴いてみてください。
おすすめの曲は「東京」「ロックンロールは死ななない」です。

春ねむりの最新アルバム「さよなら、ユースフォビア [ 春ねむり ]」の収録曲や評価はこちら

踊るディスコ室町

[official siteより]

まさにフェスにぴったり!踊れるロック、踊るディスコ室町
2012年に結成しミキクワカド(Vo.)、まこまこまこっちゃん(Gt.)、クマ山セイタ(Gt.)、ツマリツムラ(Ba.)、伊藤おわる (Dr.)、モチヅキ・タンバリン・シャンシャン(Tamb.)から成る6人組グループ。幾度かのメンバーチェンジを繰り返しながら、2015年に現在の編成となりました。

キャッチコピーは「京都は上京区、室町通り、武者小路を下がったところ、アパートディスコ室町の420号室からやってきたファンキーでグルーヴィな男たち」です。京都を活動拠点としており、2016年7月にはセカンドミニアルバム『新しいNEWネオ室町』が発売され、FUJIROCK ROOKIE A GO-GOに出演するなど、徐々に活動の幅を広げています。

彼らの音楽性はバンド名の通り「踊れるディスコ」。ディスコを上記のようなオーソドックスなロックバンド編成で体現しています。ディスコサウンドのバンドのボーカルと言えば、the telephonesの石毛輝さんやPOLYSICSのハヤシさんといった甲高い声のイメージが強いとは思いますが、この踊るディスコ室町のミキクワカドさんの声は太く、ハスキーで渋くて男らしいボーカルです。軽快で踊りだしたくなるようなサウンドとこの声質の組み合わせはとても新鮮に感じられます。

「ファンキーでグルーヴィ」と自負しているように、ただただ楽しくて踊れる音楽だけを追求しているのではなく、この6人でしか出せないグルーヴを一番に考えていることが伝わってきます。ロックサウンドで踊れる、まさに音楽フェスにぴったりのバンドです。

そんな彼らのおすすめしたい曲は新曲である「ODORUYO~NI」です。踊るディスコ室町の「踊れるファンキーなバンド」としての真骨頂が垣間見れる一曲となっています。

踊るディスコ室町の最新アルバム「洛中にてファンク [ 踊る!ディスコ室町 ]」の収録曲や評価はこちら

ハンブレッダーズ

[official siteより]

思わず学生時代を思い出してしまうような甘酸っぱいロックバンド、ハンブレッダーズ

ムツムロアキラ(Vo. Gt.)吉野エクスプロージョン(Gt. Cho.)、でらし(Ba. Cho.)、木島(Dr.)で構成された4人組ロックバンドです。バンドの始まりは高校の文化祭に出るためという理由で彼らが1年生の時に結成されました。2016年4月に以前のベーシストが脱退し、サークルの後輩であったでらしが加入し現在のメンバーとなりました。

2015年には、ヤマハグループ主催の23歳以下のアマチュアミュージシャンを対象とした音楽コンテスト「Music Revolution」のファイナリストに選ばれるなど、文化祭に出場するためだけに結成されたにも関わらず、その後本格的に音楽にのめりこみ、メキメキと頭角を現してきました。

2016年2月にはファーストアルバム『RE YOUTH』を会場限定で発売。そして8月にはメンバーが入れ替わってから初となるファーストシングル『フェイクファー / コントレイルは空に溶けて』をこちらも会場限定で発売されました。

スクールカーストの底辺にいた4人にバンドという救世主が現れ、その後の人生を変えてしまった。そんな青春の淡い香りをそのまま残した彼らの楽曲は、同じように何かしたいけれどどうしたらいいのか分からずくすぶっているティーンエイジャーたちに突き刺さるメッセージソングとなっています。青春パンクや正統派ロックを好む方におすすめしたいです。

おすすめしたい曲は「フェイクファー」。上記のような甘酸っぱい歌詞や疾走感の雰囲気を哀愁感あふれるギターサウンドが支えているハンブレダーズ。卒業シーズンの今にぴったりな楽曲です。

マキアダチ

[official siteより]

弾き語りだけじゃない!様々なジャンルを発信するシンガーソングライター、マキアダチ

自身で全ての楽曲の作詞、作曲、アレンジ、サウンドプロデュースを担当しているシンガーソングライターです。2014年9月にはファーストシングル『キジバトノウタ』をiTunes限定でリリースしました。2015年2月から東京都内を中心としてライブ活動を本格的に開始し、弾き語りやバンド編成など様々な編成でライブを行っています。同年10月5日に11曲入りファーストアルバム『MAKI ADACHI』全国リリースしました。

キュートなルックスと癖になる楽曲で聞く人を虜にする彼女。「儚き君に」はテラスハウスなんかで流れたら若い女の子がすぐに飛びつくであろう海外の歌姫が歌っていてもおかしくない名曲です。こういったキラキラした洋楽的なサウンドが特徴かと思いきや、「MEGA GRANDMA」という曲では、ラップのような歌い方と激しいギターが目立つサウンドで印象がガラッと変わります。

つかみどころがなく、コレといったひと言で表すことができない楽曲をつくるのが彼女の特徴です。一曲一曲で違う顔をのぞかせて、その幅の広さはこれからもどんどん広がっていきそうです。シンガーソングライターというよりも、エンターテイナーといったほうが近いかもしれません。毎回異なった趣向で聞く側を驚かせくれて意味で予想を裏切ってくれる彼女の魅力に取りつかれてはいかがでしょうか。シンガーソングライターを好む方はもちろん、技巧的な女性ボーカルを好む方にもおすすめできるアーティストです。

おすすめしたい曲は先述した「MEGA GRANDMA」です。単調な曲調、ダークな歌詞リリックが癖になる一曲です。

マキアダチの最新アルバム「MAKI ADACHI [ マキアダチ ]」の収録曲や評価はこちら

梨帆

[official siteより]

十代の想いを実直に表現し続けるシンガーソングライター、梨帆

千葉県出身のシンガーソングライターです。1998年1月14日生まれの19歳です。高校2年生の頃、Sony music The lessonに合格し音楽活動を始めました。2015年には過去にHAPPYやWHITE ASHらも出場し、現在では若手アーティストの登竜門ともなっている「出れんの!?サマソニ!?」の応募に見事通過し、サマーソニックへの出演を果たしました。2016年には初のワンマンライブを行い、現在乗りに乗っているアーティストの1人です。

背伸びしないで飾らず自分の言葉で歌う彼女は、同年代の女の子の心を掴んで離さないでしょう。大人でも子供でもなくて、どこに向けたらいいのか分からないモヤモヤを抱えた10代頃に彼女の歌がそばにあったら、きっと心を救われたのではないかと思います。若さゆえの感情そのままに書いたような歌詞は、危うさと美しさを兼ね備えています。叫ぶような歌い方もありのままをさらけ出して、本当のことだけ曲にして歌おうとしているのが伝わってきます。

シンガーソングライターは、ガールズバンドや複数人のアイドルよりも際立ってその人の感情や考えていることがダイレクトに伝わってきます。だからこそ、誰にも言えない悩みを抱えた若い女の子たちには彼女のような荒々しくも美しく輝いていて、そのままの自分をぶつけてきてくれる存在が必ず必要なのではないでしょうか。

そんな彼女のおすすめしたい楽曲は「17年目の心臓」。等身大の歌詞が独特な韻と相まって、思わず深く聴きこんでしまうような楽曲です。

maco marets

[official twitterより]

オシャレで渋いHIPHOPを追求する若きラッパー、macomarets

読み方はマコマレッツ。maco maretsは韻シスト/BASIのアルバム『MELLOW』を手掛けたSmall Circle of Friends/東里起氏が全面プロデュース/トラックメイクを手掛けている1995年、福岡県生まれ20歳のMCです。親族の影響でラップを始め、 2013年に上京し、そこからMCとして本格的な活動を開始しました。渋谷や中目黒を中心として様々なイベントに出演し、環ROY、DAOKO、OLIVE OILなどと共演を重ねています。

2016年6月には10曲入りのアルバム『Orang Pendek』はLUCKY TAPESやsugar me、the oto factoryなども手がけているRallye Labelよりリリースしました。

楽曲の特徴としては、浮遊感たっぷりのサウンドに渋いジャズ風のアレンジで、ぬるめのお湯につかっているかような心地よさ。ブルースやジャズといったルーツが見え隠れする20歳とは思えぬ曲の完成度の高さは耳の肥えた音楽ファンからも高く評価されることは間違いないでしょう。日本語のリリックに、気だるげでふわふわと漂うようなフロウ。それにオルガンや鋭いスネアの音が加わり、ついつい酔いしれてしまいます。

最近のMCバトルブームなどで数多くのラッパーが登場してきていますが、そういった人たちとは異なるスタイルでMCとしての確固たる世界観を確立しています。ヒップホップだけでなく、ジャズやブルースといったところからの影響が強く反映されていることが彼の一番の魅力です。

おすすめしたい曲は、「Pools」。上記のように20歳とは思えない作曲能力を披露している一曲です。終始落ち着いた雰囲気の楽曲で、夜の暗がりの中で酒を飲みながら聴きたい、そんな曲となっています。

最新アルバム「Orang.Pendek [ MACO MARETS ]」の収録曲や評価はこちら

屋根の上のルーニー

[official siteより]

歌って踊れる音楽をつくりだす4ピースロックバンド、屋根の上のルーニー

2011年1月に横浜にて結成されたギターロックをフォーマットとして活動する4人組ロックバンドです。踊れるリズムと歌えるフレーズを追求し続けることモットーとした楽曲が魅力の男女混合バンドです。メンバーは畠山卓大(Vo. Gt.)、横山裕紀(Gt. Cho.)、花村智志(Ba. Cho.)、前田美保 (Dr. Cho.)。ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティストのコンテスト「RO69JACK 2014 for COUNTDOWN JAPAN」で「サイオウガウマ」という楽曲が入賞を果たしました。

影響を受けたアーティストはBase Ball Bear、サカナクション、ポルノグラフィティ、Two Door Cinema Clubなどで彼らのシンプルで分かりやすいメロディラインはこれらのルーツに繋がっているということで納得がいきます。「歌って踊れる音楽」を掲げているだけあり、どの楽曲も一度聴いたらすぐに歌えてしまうような耳に残るものばかりで、体が勝手に動き出すような楽しい曲が特徴的です。また、畠山さんのボーカルにドラムの前田さんのコーラスが乗ったときの美しいハーモニーがとても心地よく、男女混合バンドならではの大きな武器となっています。

おすすめの曲はコンテストでも入賞した「サイオウガウマ」です。ミュージックビデオも見ごたえがあるので一聴の価値ありです。

北原ゆか

[official twitterより]

透き通った歌声と力強い歌詞を届けるシンガーソングライター、北原ゆか

兵庫県出身のシンガーソングライター。1999年11月10日生まれの弱冠16歳ながら、日本赤十字社が主催している、いのち、愛、友情、などをテーマにオリジナルの楽曲を募集したコンテスト「LOVE in Action 『Song for the Life 音楽コンテスト』」でグランプリを受賞しました。

また、グランフロント大阪とFM802の共同プロジェクトである「MUSIC BUSKER IN UMEKITA」のオーディションに合格。路上ライブのライセンスを獲得し、そこから本格的に大阪で路上ライブを始めました。またツイキャスでも毎週弾き語りの配信を行っています。そして2月17日には初の5曲入り自主製作アルバム『progress』をリリースしました。

彼女のツイッターやブログから垣間見ることができる一面はごくごく普通の女子高生でありながらも、彼女がつくる歌には強くて太い芯があります。オリジナル曲である『Be the light of the world』はシンプルで美しいメロディに、透き通った歌声と前向きにさせてくれる歌詞で老若男女、多くの人の心に届くことは間違いないのではないでしょうか。フレッシュで生き生きと歌を歌っている彼女の姿は見る人々を元気に明るくさせる力があります。幅広い年代から支持を集めることができるでしょうし、これからどのような成長を遂げていくのかとても楽しみです。

おすすめしたい曲は上記の通り「Be the light of the world」です。

戸梶和希

[official siteより]

21歳にして14年のギターキャリアを持つ若き才能、戸梶和希

1995年生まれの21歳のソロギタリスト。2015年にソロで活動を開始し、大阪を主な拠点としています。7歳の頃からギターを始めて現在まで至っています。レコーディングも自ら手がけ、アメリカへ武者修行に行くなど、音楽に対する愛と熱量の大きさは計り知れないものがあります。2016年7月27日にはミニアルバム『Mary』が全国リリースされ、そのリリースツアーも成功させました。

21歳にして14年間というギターキャリアを持ち、そのテクニックは同年代のギタリストたちとは比べ物にならないほど抜きんでています。UKロックやメロコアといったジャンルからの影響も見受けられます。英語の歌詞とシンプルなメロディラインに激しいギターソロといった楽曲が特徴的です。

ミニアルバムのタイトル曲でもある「Mary」は切ない失恋ソングで、センチメンタルなメロディが心に突き刺さります。途中のギターソロのテクニックも聞きどころの1つです。ギターばかりが特出させがちですが、ボーカルと歌詞もギターに劣ることなく高いレベルというところも彼のすごいところです。THE SMITHのモリッシーのようなナイーブ繊細な歌詞は彼の若さゆえの感性の鋭さに美しさを感じます。完璧な「ギタリスト」でありながらボーカルもこなす才能を持ったアーティストはなかなか他にはいないのではないでしょうか。

最新アルバム「Mary[CD] / 戸梶和希」の収録曲や評価はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どのアーティストも才能にあふれ、将来全国にその名を轟かすようなアーティストばかりだったと思います。当ブログではこれらのアーティストは別に、おすすめのアーティストを紹介しているので、ぜひご覧ください。

2017年最新の人気ロックインディーズバンド10選
音楽視聴者のみなさんこんにちは。 今回は、今を活躍する10組のロックバンドを紹介します。ロックバンドと言えば他ジャンルに比べライブで大盛り上がり間違いなしのジャンルです。今では特に全国各地でフェ...
【福岡】2017年の音楽シーンを盛り上げる人気インディーズバンド【随時追加】
音楽リスナーの皆さんこんにちは! 今回は福岡県出身のおすすめインディーズバンドについて紹介したいと思います。 福岡と言えば、向井秀徳率いるナンバーガールや東京事変の椎名林檎がかつて活躍した場所でも...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする