2017年最新の人気ロックインディーズバンド10選

音楽視聴者のみなさんこんにちは。

今回は、今を活躍する10組のロックバンドを紹介します。ロックバンドと言えば他ジャンルに比べライブで大盛り上がり間違いなしのジャンルです。今では特に全国各地でフェスが開催されており、知っているアーティストの公演ではもちろん、それまで知らなかったアーティストの公演も見ることができ、その場で楽しめるようになってきました。

しかし!盛り上がるために、そのアーティストを知っておくに越したことはありません。今回は、2017年注目されているロックバンドのプロフィールや音楽性、おすすめの曲についてまとめました。この記事により、ライブやフェスがより楽しいものになれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイダーガール


[official siteより]

サイダーガールは、ベースのフジムラ、ボーカル・ギターのYurin、ギターの知で構成された3人組のロックバンドです。2014年5月に結成、その2ヶ月後初ライブを開催、チケットを即日完売させました。翌年の2015年、1st mini album「サイダーのしくみ」をリリースしました。2枚目のミニアルバムとなる「サイダーの街まで」がスマッシュヒットし、その勢いに乗ったまま行われた全国ツアーは大盛況の内に終了、成功を収め、2017年にも大型フェスやイベントへの出演がすでに決定しています。「サイダーガール」の名称にふさわしい「変幻自在の炭酸系サウンド」を目指し、都内を中心に活動中です。

彼らの楽曲の特徴としては、力強く正確なドラム、ドラムと共にゴリゴリと裏方を支えるベース、さわやかかつ伸びやかな聞き取りやすいボーカルが組み合わさり、誰しもが親しみやすいロックサウンドでありながら確かな技術を持っています。3ピースロックバンドでは、絶対的に音数が少ないため、1つ1つの楽器や声にパワフルさが求められることはもちろん、楽器同士が邪魔し合わないことが非常に重要です。シンプルなロックバンドながら、そのシンプルさを最大限活かした演奏をしているのがサイダーガールです。随所でのアレンジや緩急のある曲調やリズムに彼らの技術力が裏付けされています。そんな彼らのおすすめ曲は「オーバードライブ」です。サイダーガールのライブでは盛り上がること間違いなし、爽やかなかつポップな彼らのキラーチューンです。

サイダーガールの最新アルバム「ジオラマアウトサイダー [ サイダーガール ]」の収録曲や評価はこちら

シャムキャッツ


[出典:SIAMESECATS official site]

シャムキャッツは、個人的には最近の東京インディーシーンで1番キテるロックバンドの4人組です。夏目知幸 (Vo.Gt.)、菅原慎一 (Gt.Vo.)、藤村頼正 (Dr.Cho.)、大塚智之 (Ba.Cho.)で2007年頃から活動しています。

シャムキャッツは、4人組のいわゆるロックバンドらしいロックバンド。シティポップ全盛の東京インディーシーンの中で、トップレベルの知名度を持ちながら、メンバーの変更が全くないのは珍しいかもしれません。1stの「はしけ」から現在まで、少しずつに音楽性を成長・拡大させてきたバンドでもあり、アルバムを発表するたびに新しい挑戦を提示してくれるバンドです。

ボーカルは、魅力的なキャラクターの夏目知幸で、カリスマ性と言っていいエネルギーを感じさせてくれます。より魅力を感じるために、歌詞を読んで楽曲を聴いてみることをおすすめします。

知的で刺激的なギターフレーズをかき鳴らす菅原慎一は、やさしい声でボーカルも取ります。夏目のカリスマ性とは違った顔があり、シャムキャッツの世界観を広げています。

ベースの大塚智之(愛称はバンビ)は、フュージョンなどにも造詣が深く、メンバー1の技術を持っています。シャムキャッツにおいては、屋台骨として、時としてはテクニカルなフレーズをアクセントに、なくてはならないグルーヴを担っています。

ドラムの藤村頼正はシャムキャッツのエンジン。彼のビートは、東京広し、といえど唯一無二です。スケールの大きなビート感で聴く人の心を鷲掴みにします。

シャムキャッツを見て何より感動するのは、「誰か一人かけたらシャムキャッツでない」と公言しているところ。本当にかけがえのないチームが生み出す音楽だから、これほど心を揺さぶられるのだと思います。

おすすめは、歌詞、歌、アレンジ、エネルギー、ロック!シャムキャッツの魅力がすべて詰め込まれている「マイガール(2016年/「マイガール」)」。もう一曲、骨太でありながら寂しさが同居するバンドアレンジにゲストフルートが映え、その中を夏目の歌がたゆたう「CHOKE(2016年/「TAKE CARE」)」。

シャムキャッツの最新CD「マイガール [ シャムキャッツ ]」の収録曲や評価はこちら

屋根の上のルーニー


[official siteより]

2011年に横浜で結成され、2014年7月、rockin’on主催の「RO69 JACK 2014」にて楽曲「サイオウガウマ」が入賞と、注目が集まり出した屋根の上のルーニー。数度のメンバーチェンジを経て、畠山卓大 (Vo.Gt.)、横山裕紀 (Gt.Cho. )、前田美保 (Dr .Cho.)、花村智志 (Ba.Cho.) のメンバー構成で現在に至ります。

彼らの特徴は、メロディアスな楽曲に透明感のあるギターサウンドや歌声の乗る、軽やかさのあるポップスロックです。

それはまるで、影響を受けたアーティストの1つであるBase Ball Bearのように、透明感と疾走感を持ちながら今この時の青春を鼓舞するような楽曲に感じられます。また彼らのモットーである「歌って踊れるロック、より沢山の人との音楽の共有を目指し活躍中」を裏付けするように、男性ボーカル女性ボーカルの混声が、歌を「みんなのもの」にする軽やかさを体現しているように感じます。

2016年4月から全国約130店舗のTSUTAYAにてレンタル開始の、レンタル専用コンピレーションアルバム「ココロオドロック」に、楽曲「Landscape」で参加中です。
また、彼らは横浜を中心に活動、かなりの人気を誇っていますが、近年では東京での音楽活動を活発に敢行しているようです。2月には四谷でのライブを控えているので、気になる方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

フィッシュライフ


[official youtubeより]

フィッシュライフはハヤシング (Vo.gt.)、ミヤチ (ba.)、テラオカ (ds.)で構成された3ピースロックバンドです。

彼らの楽曲からはメロコアやパンクのような早弾きから、ノイズギター、Jazzを思わせるような洒落た進行など、様々な音楽性・影響が感じられます。しかし、彼らの魅力は、様々なジャンルに影響を受けながらも最後はロックの背骨を外さないことでしょう。多くの楽曲を聴きながらも奏でたいサウンドでストレートに勝負したいという姿や楽曲に、好感を持ちたくなってしまいます。音楽性としては、Syrup16gの持つ聴き手の感情を揺さぶるような激しい演奏、THE BACK HORNのようなストレートなメッセージを感じます。上記のようなアーティストが好みの方、また彼らの活動拠点である大阪にお住まいの方は是非ライブに訪れることをおすすめします。

まだ若い世代ならではの熱さに溢れた彼ら、2013年に「閃光ライオット」でグランプリを獲ったのを皮切りに、様々なサーキットイベントでも入場規制を出すなど、早くもフェス映えしそうな実力と楽曲が盛り沢山です。

中でもおすすめしたい楽曲は、TOWER RECORDSの新設レーベル「too basaraʼs people records」第一弾アーティストとしてリリースされた2ndミニアルバム、「Exhibition」より「東京」という曲は、誰しもが感じていながらもなかなかこれに出せないようなストレートさを声に出せる強さ、今の等身大の彼らと、これからへの意志の感じられる一曲です。

フィッシュライフの最新アルバム「Exhibition [ フィッシュライフ ]」の収録曲や評価はこちら

アパルトノア


[official twitterより]

アパルトノアは、北海道の平岸高校で結成されたポストロック、ガールズバンドです。ベースの斉藤詩織、ギターの荒井咲慧、ボーカルの富田麻友、ドラムの西村優花からで構成されています。メンバーは2017年現在17歳にもかかわらず、多くの聴衆の前で演奏できる演奏力を誇っています。残念ながら2016年8月1日に解散してしまいましたが、今回は特別に紹介したいと思います。彼女らの作った曲はインターネットのウェブ上で聴くことができます。

代表的なガールズバンドといえば「SCANDAL」が有名ですが、SCANDALを好んで聞く人であればアパルトノアもすんなりと聴くことができるでしょう。ライブMCでの口数は少なめですが、演奏を始めたとたんに激しいドラムの音が響き渡り、安定しつつも主張の強いベース、ベースと共にバッキングを刻むギターがかき鳴らされます。そして肝心なボーカルですが、女子高生らしくあくまで日常に寄り添った、自分自身の思いを吐き捨てるかのような歌詞が特徴的、多くの若者に共感を得ることができる歌詞となっています。

はじめて聴く曲ですが、まずは「渦」という楽曲をおすすめします。男性顔負けの激しいドラミング、ゴリゴリと厚いベースサウンド、情熱的なボーカルなど、彼女らの持つ特徴を余すことなく堪能できる、ライブ映えする1曲となっております。17歳にしてステージ上で堂々とクオリティの高い楽曲を連発していた彼女たちの楽曲を一度聴いてみてはいかがでしょうか。

Gi Gi Giraffe

読み方は、ジジジラフ。Gi Gi Giraffeは2015年にフロントマン山本による宅録プロジェクトとして始動しました。メンバーは山本(Vo. Gt.)、奥泉(Ba.)、上村(Dr.)。3人とも青山学院大学のとあるビートルズサークルに所属していたことがバンド結成のきっかけだそうです。

2016年にはFUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO-GOステージに出場するなど、その実力は確かです。同年の11月にはファーストフルアルバム『Gi Gi Giraffe』を発売しました。シンプルなポップミュージックでありながらもsuchmosやnever young beachといった最近のシティーポップブームのバンドとは一線を画したサウンド。そして、バンドの演奏力のレベルの高さには驚きを隠せません。

オススメの曲は「Better Each Day」。アコースティックでカントリー風なメロディに甘いボーカルで日曜日の午後に聞きたくなる一曲です。ビートルズの「And I Love Her」や「In My Life」を彷彿とさせ、ビートルズサークルに所属していたことが感じられる仕上がりとなっています。

しかし、彼らの楽曲はこういったゆるやかなテンポでカフェのBGMにもできそうなサウンドの曲ばかりではありません。「Naked Girl」は2分にも満たない短さで、鋭いギターのカッティングやリズム隊の厚み、ボーカルの渋さが強調されています。こういった、様々なサウンドで幅広い側面を見せてくれるのが彼らの1番の魅力ではないでしょうか。

Gi Gi Giraffeの最新アルバム「Gi Gi Giraffe [ Gi Gi Giraffe ]」の収録曲や評価はこちら

never young beach

[official siteより]

2014年春に、安部と松島の宅録ユニットとして活動を開始、その後さらにメンバーが加わり、松島皓(Gt.)、阿南智史(Gt.)、安部勇磨(Vo. Gt.)、巽啓伍(Ba.)、鈴木健人(Dr.)のトリプルギター編成の5人組バンドとなりました。

まるで海風の香りがするようなビーチサウンドに、阿部の声と歌謡曲的なメロディーが合わさった音楽性は、公式ホームページにも記載されている通り「西海岸のはっぴいえんど」という例えがぴったりかもしれません。

ボーカル阿部の声は、細野晴臣や大瀧詠一、加山雄三に似ている、とネット上でも話題になっています。低音が豊かで、優しくも力強い男性ボーカルはハイトーンボーカルが流行した昨今においてとても心地よく感じます。バンドの持つサウンドも温かく、地域としてのトロピカルではなく、まさに細野晴臣の「トロピカルダンディー」のような人懐こく、軽妙で、さわやかな印象です。トリプルギターながら、歪みの抑えられたギターの音色が掛け合わされることで、やさしく有機的なアンサンブルを感じさせてくれます。

おすすめの曲は、加山雄三の名曲「お嫁においで」の2016年版と言われた「明るい未来(2016年/「fam fam」」です。アップテンポ(とは言っても、近年のハイスピードなロックとは異なる)な演奏に乗って、未来の二人について幸せを確信するように歌っています。

もう一曲、「あまり行かない喫茶店で(2015年/「YASHINOKI HOUSE」)」では、小さな“なんてことない”日常の幸せを歌っています。歌詞が、声が、あらゆる生きていく上での幸せや喜びを肯定して、聴いた人をやさしく応援してくれているようで心地いいです。

never young beachの最新アルバム「fam fam [ never young beach ]」の収録曲や評価はこちら

とけた電球

[official siteより]

2012年5月、高校の同じ部活に所属していた4人で結成されたロックバンドです。メンバーは岩瀬賢明(Vo. Gt.)、境直哉(Key.)、塩田航己(Ba.)、高城有輝(Dr.)。バンドの結成当時はフジファブリックやペトロールズといった邦楽のコピーをしていましたが、徐々にオリジナル楽曲を作るようになったそう。2013年の10代限定のロックフェス「閃光ライオット」ではファイナルステージまで勝ち上がり、全国の大学のバンドサークルに所属する学生バンドが競い合う音楽フェスティバル「SOUND YOUTH 2」では見事準優勝に輝きました。

彼らの音楽の特徴としては、透き通ったボーカルとギターポップなサウンドが心地よく、ギターのカッティングやキーボードのアクセントのアレンジがかなり秀逸でありながらも、スッと体に入ってくるような「歌」が彼らの一番の魅力ではないでしょうか。

「歌モノ」としての曲の完成度は、数ある若手バンドの中でも群を抜いて素晴らしく、クオリティが高いです。ペトロールズのコピーをしていたということで、ボーカルの岩瀬さんの裏声の出し方などは長岡亮介さんを彷彿とさせます。音楽を演奏する側もリスナー側もサウンドの格好良さばかりを重視しがちな傾向が多い中、彼らのように自然と「歌」を聞かせることができるバンドはなかなかいないのではないかと思います。しかし、それでいて演奏のレベルも高さも評価されているということが、彼らが認められている理由です。

とけた電球のアルバム「最初の恋のように [ とけた電球 ]」の収録曲や評価はこちら

ニアフレンズ

[official siteより]

ニアフレンズは2015年3月に結成された3ピースバンドです。メンバーは池田篤(Vo. Gt.)、大倉大河(Gt.)、藤本空志(Ba. ハゲ)。2015年7月7日にはファーストシングル『I』を発売し、大阪を拠点として活動しています。

2016年には阪神淡路大震災を風化させず語り継ぎ、神戸からの恩返しとして被災地支援を行い、神戸の魅力を伝える事を最大のテーマとして、毎年3万人以上の動員を誇る日本最大級の無料チャリティーフェス『COMIN’KOBE』に出場しました。2016年5月27日には2nd Single『君と僕』リリースし、リリースツアーも成功させました。

彼らの楽曲は、伸びのいいボーカルに耳に残るメロディと突き刺さる歌詞が特徴です。日常を切り取ったような飾らない歌詞でドキッとさせられるようなフレーズで自然といつまでも心に残ってしまうような楽曲の数々です。ありふれた3ピースバンドでは決してなく、キャッチ―な歌は10代の少年少女たちから青春を忘れてしまった30代以上の大人たちの心にも響くのではないでしょうか。

彼らの曲の熱量は3人ながら圧倒的な表現力で、ライブで演奏する時が一番輝いています。理由は分からないカッコよさというのがロックバンドにおいては必ずあり、その魅力を十分に感じられることができるバンドです。

おすすめしたい曲は先述した「君と僕」です。メロディーのメッセージ性とそれを支えるようなギターフレーズが特徴的な一曲です。

水中図鑑

[official siteより]

桑沢デザイン研究所のクラスメイトであった加瀬透(Vo. Gt.)、片岡徹弥(Vo. Gt.)、鈴木麻祐子(Dr.)、中村文子(Vo. Ba.)からなる4人組バンドです。2011年に結成し2012年の末からライブ活動を行うようになりました。2013年にはフジロックフェスティバルのROOKIE A GO-GOにHomecomings、ミツメ等と出場し、2014年にはシングル『波』、2015年にはファーストフルアルバム『198X』をRALLYE LABELからリリースしました。

『198X』は曽我部恵一やLOSTAGEなどの作品を手がけてきた池内亮がエンジニアを担当しています。ホームページにはART-SCHOOLの木下理樹やFLAKE RECORDSのDAWAからの推薦コメントも寄せられています。

そんな彼らのおすすめの曲は「櫻の園」です。男女のツインボーカルの心地よさとノスタルジーを感じさせるメロディで、昔通っていた小学校の前をふと通ったときのような懐かしさがこみ上げてきます。泣かせるギターと歌詞で気を抜いたら涙が出てきてしまいそうになってしまいます。

シューゲイザーを彷彿とさせるノイジーなギターサウンドはいつまでも聞いていられるような安心感があります。派手なバンドというわけではないのにも関わらず、他のインディーズのバンドとは一線を画すような存在感があり、気がついたら不思議な魅力に取りつかれてしまうような4人組です。

水中図鑑の最新アルバム「198× [ 水中図鑑 ]」の収録曲や評価はこちら

2017年、人気のロックバンドとは

結局、今日流行している人気ロックバンドの特徴とはどのようなものなのでしょうか。
それぞれ独自の内に秘めた想いを表現しているアーティストにとっては、失礼な疑問・答えになってしまいますが、何点か傾向を書きたいと思います。

まず、疾走感のある男性ハイトーンボーカルのロックバンドであること。
これは、アーティストにとってもリスナーにとっても要因があるかと思います。
まず、双方に影響している点としては、恐らく思春期の頃に熱中したであろうジャンルであることが挙げられます。
現在の若手ロックバンドのメンバーやこのような系統のロックバンドの大多数を占めるであろう10代後半~20代前半リスナーは、1990~1995年生まれが多いのではないかと思いますが、彼らが小中学生の頃はBUMP OF CHICKENやRADWINPS等、まさにハイトーンボーカルの祖と言えるバンドが一世を風靡していた頃です。その後、サカナクションやKANA-BOON、[Alexandros]とその流行の波は途絶えず現在も続いているものと考えられます。
もちろん、中には8.90年代のロックや歌謡曲、もっと異なるジャンルにルーツのあるバンド、リスナーはいるとは思いますが、誰しもが耳にしたサウンド、といった点では、アーティストとリスナーの共通点なのではないかと思いますし、日常的に聴いている(聴こえてしまっている)音楽にはある種の親しみを抱いてしまうこともあるのではないでしょうか。

次は、リスナーにとっての要因です。
リスナーにとっては、大人数で盛り上がれるようなロックバンドが1つの流行の形としてあるのではないかと思います。
理由としては、近年アーティストが楽曲を披露する場としてフェスという形式が増えてきていることが挙げられます。
フェスとは、1つの大きな会場にいくつもステージが組まれ、それぞれに出演するアーティストをリスナーが自由に見ることができるライブ形式のことを指します。リスナーにとっては新たなアーティストを知る貴重な機会ともなるこのフェスですが、1日中アーティストを見る順番が決まっているリスナーはあまり多くはないのかなと思います。多くのリスナーは、2.3組好きなアーティストが出演するから、という理由でフェスを訪れ「空いたこの時間どうしようか?」と友人と話しています。
そんな時、どのような基準を持って空いた時間に見るアーティストを決めるのでしょうか。
多くは有名だから、最近キテるから、カッコイイ・可愛いから、ではないかと思います。最近ではその基準の1つに、盛り上がれるから、がランクインしてきます。理由としては単純で、盛り上がることこそが若者がフェスに来る理由の1つとなっているからです。
確かに、フェスやライブを皮切りに有名になったアーティストとしてはキュウソネコカミやヤバイTシャツ屋さんが挙げられますが、終了後の会話を聞いていると「1曲しか分からなかったけど楽しかった」のような感想をよく聴きます(笑)
以前に比べ、一アーティストのファンとなる導入としては少しチープかも分かりませんが、アーティストとしては時代の流れをうまく汲み取ったパフォーマンスをした結果、とも考えることができます。

以上、もちろん全てのアーティストには当てはまりませんが、2017年現在、人気ロックバンドの秘訣を紹介させていただきました。

まとめ

日本の最新人気ロックバンド、いかがでしたでしょうか?
最新のインディーズバンドを探すことはリスナーにとってはなかなか難しいと思います。
この曲いいじゃん!と思って調べてみたら、そのバンドはもう解散していたという経験をした方は多いのではないでしょうか。
当ブログでは、今後もまだメディアに取り上げられていないようなインディーズアーティストを紹介していく予定です。
もしよろしければ定期的にご覧になってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする