日本のソウルミュージックアーティスト8選 日本のソウルの礎を築いた歌手を紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鈴木雅之

鈴木雅之は日本のミュージシャン。ソウルミュージックをはじめとした多彩な音楽の才能を発揮しているアーティストです。

彼は1980年に「シャネルズ」としてシングル「ランナウェイ」でデビューしました。かなり濃く焼けた肌に黒塗りのサングラスという出で立ちでドゥーワップ(ゴスペルがルーツのアメリカ音楽)を歌い、数々のヒット曲を世に出しました。その後1983年に「シャネルズ」から「ラッツ&スター」に改名。1986年にソロデビューしてからも「恋人」「渋谷で5時」などのヒット曲を生み出し活躍されています。

鈴木雅之の魅力は抜群の歌唱力や渋い歌声は勿論、ブラックミュージックをルーツとするソウルのこもったパフォーマンスも大きな魅力です。歌っているのは日本語の歌にも関わらず何故か洋楽の本場のソウルを聴いている様な気分にさせてもらえます。

オススメしたいアルバムは「ALL TIME BEST Martini Dictionary」。シャネルズ時代からソロ曲までが網羅されており、鈴木さんの色んな魅力が楽しめる1枚です。是非、皆さんもマーチンさん(鈴木さんの愛称)の魅力にノックアウトされて下さい。

ゴスペラーズ

日本のゴスペルグループは?と聞かれて、皆さんはどのグループが頭に浮かびますか?きっとゴスペラーズではないかと思います。

ゴスペラーズの魅力は、キャッチーなグループ名、個性豊かなメンバーの皆さんのキャラクター、そして何と言っても、その確かな歌唱力です。メンバー1人1人が個性的な歌声を持ち、ソロでの歌唱もできてしまう実力者が集まったグループ、それがゴスペラーズ。だからこそ曲によって様々な表情があり、多くの人を魅了しています。

日本で第一線に立って活躍されているゴスペルグループは、決して多くない様に感じます。その厳しい世界でこれだけの知名度と人気を集めるゴスペラーズ。あの個性と実力があってこその賜物た思います。きっとこれからも人の心に残る歌を沢山生み出してくれることでしょう。

おすすめしたいアルバムは、2014年にデビュー20周年を記念してリリースされた「G20」。ゴスペラーズの魅力を余すところなく楽しめます。何より32曲も収録されているのでとてもお得です。アルバムを聴いた後、歌い出したくなること間違いありません。

久保田利伸

日本のソウルシンガーと言えば、久保田利伸を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。現在では日本でも定着しているこのジャンルですが、久保田利伸はソウルの先駆者の1人だと思っています。日本人が外国のソウルミュージックを歌っている、という感じでなく、まるでそのカルチャーの中を生きてきた様なパワフルさが聴衆を惹きつけているポイントではないでしょうか。

日本人でソウルミュージックを歌うアーティストがあまりいなかったであろう1980年代、久保田利伸がミュージックシーンに現れた衝撃は相当なものだったと思います。それからも次々とヒット曲を生み出し、現在も日本のソウルシーンを牽引する久保田利伸は、多くのアーティストに影響を与えています。

そんな彼のオススメアルバムは、「THE BADDEST ~Hit Parade~」です。デビュー当時からのヒット曲が網羅されているので、初めての方にもとても聴きやすく入門編としてピッタリかと思います。是非一度聴いてみて下さい。

日本のソウルシンガーには先ほど紹介した鈴木雅之等の名前もあがりますが、やはり本場アメリカの黒人をルーツとしたソウルミュージックを感じさせる日本のシンガーといえば久保田利伸です。

日本でR&Bという音楽を強烈に意識させたのは久保田利伸で、特に高音域でのシャウトは伸びは圧巻です。それを上手く駆使したアップテンポなナンバーはリズミカルに軽快に歌いあげますが、反面バラードになると感情を込めて歌いあげることのできる、類い稀なシンガーだと思っています。

個人的には「LA・LA・LA LOVE SONG」を機にポップス路線に転換してしまったと思い残念ですが、そこに至るまでのアルバムについてはソウルフルです。

おすすめしたいアルバムはデビューアルバムの「SHAKE IT PARADISE」で流星のサドルを始めとしたアップテンポなナンバーから最後のMISSINGまで久保田らしさを満喫できるアルバム。ソウルミュージックを堪能できる内容となっています。

なんと言っても日本に”ファンキー”を広めたのは彼ではないでしょうか。

圧倒的な歌唱力で、常に日本の音楽を牽引し、今なおトップアーティストとして活躍しています。そして音楽に対する探究心、ブレない姿勢は尊敬に値するアーティストです。

彼の最大のヒット曲として「LA・LA・LA LOVE SONG」を挙げる人が多いが、初期のアルバムも非常にオススメ。素晴らしいバラードや身体が動いてしまうようなソウルフルな楽曲がたくさん収録されています。

1stアルバムの「SHAKE IT PARADISE」、2thアルバムの「GROOVIN’」、3thアルバムの「 Such A Funky Thang!」など久保田利伸の黎明期のアルバムが非常にオススメです。最近はボサノバを取り入れてみたりと、違った角度から彼なりの”ファンキー”を追及しています。

和田アキ子

皆さんご存知和田アキ子。芸能界のご意見番として知られるアッコさんですが、もちろん一流のミュージシャンとしても有名です。

1968年にレコードデビュー。デビュー当時は「和製リズム・アンド・ブルースの女王」というキャッチコピーで活躍されていました。あのソウルフルな歌声なら納得のキャッチコピーです。デビューから現在までの49年間でリリースしたシングルは90枚以上、紅白出場は30回以上と、名実共に一流のシンガーです。近年でも若いアーティストとコラボレーションするなど、精力的に活動されています。

アッコさんの歌と言えばやはり、「あの鐘を鳴らすのはあなた」。沢山のミュージシャン達にカバーされ、愛されている名曲です。「AKIKO WADA 45th ANNIVERSARY ESSENTIAL COLLECTION」には、そんな名曲達の他に、アッコさんの歌う洋楽の名曲も収録されており、色んなアッコさんを楽しめる1枚です。是非皆さんも、テレビだけでは知れない、アッコさんの色んな魅力を体験してみて下さい。

Superfly

個性豊かなアーティストが揃った日本のソウルミュージックシーン。その中でも私が特にオススメしたいのが「Superfly」です。

Superflyの魅力と言えば、見た目からは想像のつかないパワフルな歌声や歌唱力。しかし私が今回ぜひ皆さんに観て頂きたいとポイントは、ステージでの生の歌声、パワフルなパフォーマンスと普段とのギャップです。CDなどの音源を聴いてももちろん素晴らしいのですが、DVD、もっと言えば生のライブでの迫力は一味も二味も違います。曲によっての表情であったり、本当に楽しそうに全力でパフォーマンスをする姿を観ているとつい惹き込まれてしまいます。そして、MCで見ることができるパフォーマンスをしている時からは想像できない程の、女性としての可愛らしさがファンから見た魅力です。ライブには幅広い年齢層のお客さんがいるのですが、老若男女全ての人に愛される理由がわかります。そんな違った楽しみ方ができるのもSuperflyの魅力です。

Superflyをあまり聞いたことのない人にとっては「Superfly BEST」がオススメです。デビューからの29曲ものヒットソングが収録されているので、きっとお気に入りの曲が見つかると思います。素敵な曲が沢山収録されているので、ぜひ色々なアルバムを聴いて頂ければと思います。

Leyona

Leyonaのおすすめポイントは、決して歌声は高くないもののハスキーボイスに力強さが相乗効果として加わっており、聴けば聴く程に彼女の魅力やセクシーさが歌から感じ取れることです。彼女の楽曲はボーカル一本だけの時もあればギター持って歌う時もあります。そのため、いつステージを観ても飽きさせないエンターテイメント性が更に魅力的です。

その中で初めてLeyonaを聴く際にオススメなアルバムは「Sun Road」です。
ガチャガチャした少し聴きづらいサウンドは無く、ボーカルを活かすバンドサウンドとなっているので彼女の歌声を最初から最後まで堪能することができます。

力強いハスキーボイスは基本的としながらも楽曲によって爽やかに歌ったり哀愁感感じる歌い方だったりと変化も感じれるのでオススメです。

清水翔太

あのベビーフェイスからは想像もつかない程の美しく、甘く、そして力強い歌声が魅力の清水翔太。皆さんもどこかで1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

2008年にデビューし、現在も精力的に活動されている清水翔太ですが、どちらかと言うと、若い方達からの支持が多い現状です。ですが私は、色んな音楽を聴いて耳の肥えた大人の方々にも是非、清水翔太の歌を聴いて頂きたい。デビュー前の2007年にはあのアポロシアターのステージに立ち絶賛され、デビュー後も小田和正など日本を代表するアーティスト達からも認められ多くのコラボレーションを生み出すなど、音楽の世界でその確かな実力を認められている清水翔太の歌は、きっと幅広い年代の方々にも響くものがあると思っているからです。

そんな清水翔太のオススメアルバムは「MELODY」。日本の様々なジャンルの名曲達を清水翔太が美しく歌い上げていて、彼の確かな実力を感じられる1枚です。色んな表情を持つ清水翔太の歌声を、皆さんも是非体験してみてください。

AI

明るくハッピーなキャラクターで幅広い年齢層から愛されるAI。いつもニコニコ楽しそうな姿が印象的です。英語が非常に流暢なのに日本語は訛っている、そんな可愛らしいAIさんの出身はアメリカ・ロサンゼルス。アメリカ人のソウルを持ち、本場のロサンゼルスでゴスペルに触れたAIだからこそ、ソウルミュージックの本物感が溢れ出ています。

AIさんの魅力は、何と言っても表情豊かなステージ上のパフォーマンス。ハッピーな曲を歌う時は本当に幸せそうに、バラードを歌う時は優しく、時に切なく、力強い歌声で聴いている人達を惹きつけます。見ているだけで、心から歌うことが好きなんだな、そう感じられる程です。

「THE BEST -DELUXE EDITION Deluxe Edition」は、そんな彼女のデビューからの軌跡が辿れる1枚です。AIさんの歌を聴いてハッピーな気持ちになっていただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする