日本のカントリーミュージャン6選 本場アメリカにも絶賛される歌手を紹介

スポンサーリンク




小坂一也

小坂一也は1952年に活動を開始した日本のカントリーミュージシャンです。

小坂一也は、日本のカントリーミュージックの草分けのひとりといってもよいでしょう。ロカビリーが全盛だった1950年代に、実力派として玄人好みだったマウンテン・プレイボーイズのジミー時田と並び、甘いルックスでカントリー界のアイドル的存在でした。

この時代の多くのアーティストがそうだったように、やはり米軍キャンプめぐりで頭角を現し、「サイクリング、サイクリング、やっほーやっほー」というキャッチーな曲のヒットで一躍、有名アーティストとして知られるようになりました。

透き通るようなハイノートの歌声と伏目がちで、いつも照れているような独特の表情は、多くの女性ファンを魅了していました。歌手としてだけでなく、映画やテレビドラマなど多方面で活躍し、当時、有名女優だったと十朱幸代との恋愛はファンの間でもよく知られています。

おすすめしたいアルバムは「二階の他人 [ 小坂一也 ]」。小坂一也の甘い歌声をぜひ堪能してみてください。

 

Predawn

プリドーンは2008年に活動を開始したシンガーソングライター。本名は清水美和子。

彼女の奏でるギターの音色と、透き通った歌声を聴くとまるで森の中に踏み込んでしまったかのような気分になります。ギターのテクニックは相当なもので、バックバンドがいなくとも安定感のある演奏、アコースティックライブが特に心地よいです。

歌詞はほとんどが英語なのですが、英詩だからといって日本人英語らしくもなく、不思議な語感、それがまた柔らかく彼女の作る曲と非常にマッチしています。ライブでは、風が吹き、空が晴れている情景に歌が溶けていくようで、都会にいながら自然を感じることができるでしょう。

また、自宅で聴くのもオススメ。特に午前中などまだ脳が起きていないときでも、柔らかい音色でありながら少しずつ気持ちを軽やかにしてくれます。窓からは光が差し込む休日の午前に、コーヒーを飲み、読書をしながら聴くことをおすすめしたいです。

おすすめしたいアルバムは「Absence [ Predawn ]」。2016年にリリースされた彼女の最新作です。

 

ハンバートハンバート

ハンバートハンバートは1998年に結成された佐藤良成と佐野遊穂から成る2人組デュオです。

おすすめするジャパニーズカントリーと言えば、このハンバートハンバートは外せません。男女二人のデュオからなるハンバートハンバートの音楽は、聴いているととにかくどこか懐かしい気持ちになり、とても心地が良いです。カントリーやフォークの要素が多く、ナチュラルなサウンドが魅力です。

特にお薦めしたいアルバムは4枚目のアルバム「11のみじかいはなし」。聴いていただければ分かりますが、土の匂いが感じられる作品に仕上がっています。サウンドはとてもシンプル、二人のハモりも最高です。家のキッチンでずっと曲を流しながら1日を過ごすのも良いと思います。

スポンサーリンク