音楽通が選ぶ!2017年有名になること間違いなしのインディーズバンド10選

スポンサーリンク




音楽視聴者の皆さんこんにちは。
今回は、2016に引き続き2017年も活躍すること間違いなしの有名なインディーズバンドについてまとめてみました。
「インディースバンド」で「有名」となると、MONGOL800やゴールデンボンバー、高橋ジョージを有する虎舞竜を思い浮かべる方もいらっしゃると考えられますが、今回の記事では、この記事をご覧になっている方もあまり知らないであろう比較的若いアーティストに絞りたいと思います。世間的に見ればまだまだ有名とは言えないアーティストばかりかもしれませんが、皆さんの手で上記のようなメジャー級のミュージシャンへと昇華させていきましょう!

LADY FLASH


[official siteより]

初期はINUなどに影響を受けたという、生粋のパンクの形をとっていた nicoflash (Gt. Vo.)がバンドを立ち上げ、sane (Gt. Syn.)、Hanami (Ba.)、Happy (Dr.) の4人で現在の構成となり結成された、大阪発の次世代ポップ・パンクバンドです。

小気味の良いリズムで早弾きと直線的なビート、確かに演奏スタイルはパンクのようです。しかし、聴けば聴くほど柔らかで情感を感じさせる次世代パンクの音、特にギターの音質と声質が骨にゴツゴツ当たるいわゆる正統派パンクではなく、いい塩梅に空気感をはらんでいて耳に心地良いです。彼らはザ・ドラムスにも影響を受けたそうですが、確かにクールで飄々としていながら、ふと日常のクレイジーさを感じる雰囲気がその影響の系譜を匂わせます。男性ボーカルと女性ボーカルのツインボーカル構成のため、女性ボーカルの声が乗った時の浮遊感とnicoflashが歌った時の表情の違いもまた良し。中毒性がとても高く、気付いたら彼らのキラーチューン「とらばーゆ」の歌詞「とらとらとらとらとらばーゆ」が歌えるようになっています。ライブ好きな方にはたまらないでしょう。
彼らの特徴は、いざライブとなるとスタジオ盤とは違い、一気にパンク色が濃厚になり盛り上がることです。機会のある方は是非ライブもお見逃しなく。そんなLADY FLASHのおすすめは、Dead Funny Recordsより昨年にリリースされたファーストアルバム「恋するビルマーレイ」より、「とらばーゆ」です。

LADY FLASHの詳しい解説やおすすめのアルバムはこちら

最新アルバム「恋するビルマーレイ [ LADY FLASH ]」の収録曲や評価はこちら

 

chikyuunokiki


[official siteより]

まずはこのバンドから。その名はchikyunokiki。北海道、札幌にて2010年に結成。メンバーは山田祐伸 (Vo.Gt.Key.)、及川量裕 (Gt.Prog.)、草嶋洋史 (Ba.Syn.)、奥山勉 (ds.sampler.)から成る4ピースバンドです。

彼らの描き出す音楽性には、いつの間にかその世界にのめり込んでしまっているような独特なドラマチックさがあります。懐かしいような新しいような、人力テクノならぬ人力エレクトリックと呼べるのかは定かではありませんが有機物と無機質の混ざり合いが独特の血の通いを生み、その温度感が耳に非常に心地良い楽曲が多いです。

楽器隊は、淡々と進行するシンセと無機質なリズムにモノクロームな印象を受けます。しかし、その楽器隊に乗る歌詞や楽曲展開が曲の輪郭をはっきりと描いていくため、聴衆を全く飽きさせません。そして、彼らの最大の魅力は曲によって印象が異なることです。上記のような質感を残しつつ、様々なアプローチを仕掛けているバンドと言えます。

そのアプローチの幅広さはメンバーも公言しているように、エレクトロニカ・ジャズ・アンビエント・ポップス・オルタナティブロック…と様々なジャンルの楽曲に影響を受けた結果と言えるでしょう。あえて枠を絞り込んでしまわない音楽性、そして、それが成り立ってしまう技術にに今まで培われてきた彼らの実力を感じます。

そんなchikyuunokikiのお勧めしたい楽曲は、昨年7月にTOWER RECORDS Eggs レーベルからリリースされたアルバム「BALL」の収録曲「Life Game」という曲です。バンドの持つ音質・歌・メロディアス・展開のバランスの光る、珠玉の1曲です。近々では札幌で行われる音楽イベント「OTO TO TABI」に出場、バンドサウンドとエレクトリックサウンドの架け橋的存在としてこれからが期待されています。

最新アルバム「Layer [ chikyunokiki ]」の収録曲や評価はこちら

 

ウソツキ


[UK project official siteより]

ウソツキは、ボーカル・ギターの竹田昌和、ギターの吉田健二、ベースの藤井浩太、ドラムの林山拓斗らから成る4人組ロックバンドです。2013年にこの4人の体制となり、2014年にはミニアルバム「金成人に恋をした。」をUK.PROJECTより発売しデビューしました。翌年2015年にはミニアルバム「新木場発、銀河鉄道は行く。」、フルアルバム「スーパーリアリズム」を立て続けにリリースし、その勢いのまま全国ツアーを行いました。今日に至るまで、ワンマンツアーや大型フェスなど、精力的にライブ活動を行っています。最新ミニアルバムも2016年7月にリリースされています。

彼らの楽曲では、キャッチーなボーカルのメロディライン、軽快なバンドサウンドが特徴的です。若者に人気抜群の「KANA-BOON」のような王道のバンドサウンドとなっています。歌詞も若者らしい甘酸っぱい青春を感じさせるようなものが多く、まさに若者受け抜群のバンドといえるでしょう。しかし、それだけに決して留まらないのがウソツキの魅力です。

彼らの音楽活動初期では、上記のような王道ロックサウンドが楽曲の主を占めていましたが、「新木場発、銀河鉄道は行く。」からは、そのロックサウンドに加えポップさや、リズミカルでダンサブルな楽曲を多くリリースしており、以前とは比べ物にならないほど、多くの顔を持つようなバンドとなりました。このような方向転換・新たな要素を加えるアーティストの中には、どうしても影響されたアーティストに似通ってしまったり、初期から応援しているファンが受け入れられないことがしばしば見受けられますが、ウソツキの場合はそんなことはありません。全ての楽曲が、彼らの元々の良さを存分に生かしながら進化していっています。そういった意味でも、初期のアルバムから順に視聴してみるのも面白いかもしれません。

初めてウソツキを聴く方には、2016年7月にリリースされたばかりの曲「一生分のラブレター」をおすすめします。若者の恋を思わせるような歌詞、ライブでも盛り上がりそうなバンドサウンド、メロディアスなサビなど、聞き所は盛りだくさんです。サビで聴ける裏声での高音がさわやかで聴いていて心地良いです。

最新アルバム「一生分のラブレター [ ウソツキ ]」の収録曲や評価はこちら

 

ましのみ


[official siteより]

続いて、「19歳ピアノ”ましのみ”」のラップ自己紹介がおなじみのましのみです。そのノリノリな彼女をみると思わず笑顔になってしまいます。彼女は同じ大学出身であると同時に尊敬する歌手miwaのように力強くピアノとギターを用いて演奏します。それにかわいらしく華奢な声を乗せて、音楽を器用に紡ぎあげていきます。

そんな一見明るい彼女には、人間の黒い部分も持ち合わせているように感じ取れます。2016年にリリースしたQ.E.Dでは、ブラックでユニークな歌詞も垣間見ることができます。弾き語り奏者、シンガーソングライターの部類では珍しいラップ調の歌詞からは、明るい歌詞もあれば上記のような内容も多く見受けられます。しかし、表とも裏とも取れる歌詞を彼女は正直に、まっすぐに、歌います。だからこそ、リスナーに力強い曲を届けることができ、それに応えるようにリスナーの数も増えていくのではないでしょうか。

そんな彼女は2016年3月19日、『The 10th Music Revolution 東日本FINAL STAGE』にてオリジナル曲『Q.E.D』を熱唱し、約3000組の中から見事グランプリを獲得しています。また、2016年9月20日、タワーレコード渋谷にて自身初ワンマンで発表したCD 『ハッピーエンドが見えません』の取り扱いが始まり、2016年9月19日から10月30日まで5週連続でタワクルの売り上げ第1位を獲得しています。

その実績と比例するようにライブ活動も活発に行っています。彼女のライブの特徴は、楽曲の盛り上がりも去ることながら、つい長くなりすぎてしまうMCです。また、生演奏ならではのアレンジも非常に素敵です。

楽曲を歌う際の真剣な表情のみならず、MCでの嬉しそうな表情や少しブラックな一面と、様々な顔を見せてくれるましのみ。同年代の方はもちろん、もっと大人な方も、ましのみの楽曲、ライブを聴けば元気になること間違いなしでしょう。POWERを受け取って、元気をもらってみてはいかがでしょうか?

おすすめしたい曲は「2コードのシティポップ」です。

 

SAWAGI


[official siteより]

SAWAGIは、ギターの観音、キーボードのコイチ、ベースの雲丹亀卓人、ドラムにnicoらからなるインストゥルメンタルバンドです。2009年に1stアルバム「hi pop」をリリース、以来「SUMMER SONIC’09大阪」に出演を果たしたり、精力的な活動を見せています。

彼らの音楽性としては、ダンスミュージックをコンセプトに、ロック、ジャズ、ファンク、エレクトロなどの要素を取り入れた独自のものとなっています。一定のリズムで刻まれるバッキングを基調に、ダンスミュージックらしいノリの良いリズムが展開されるさまが非常に特徴的です。インストバンドのライブでは、テクニカルさを主張するあまり観客を置き去りにしてしまうことがしばしば見受けられますが、彼らは自分の音楽に集中しながらも観客を巻き込むパフォーマンスを行っています。

「バンドの顔はボーカル」とも言われるように、バンドにとって声によるメロディーは非常に重要ですが、彼の場合はボーカルがいないことがディスアドバンテージでなく、その独自性によりむしろアドバンテージとなっているように思えます。恐らく、初めて彼らの楽曲を聴いた観客ですら、周囲の空気にのまれ思いっきり踊れることでしょう。

初めてSAWAGIを聴く人には、1stアルバム「hi pop」より、「ibiza」をおすすめします。きらびやかな音色で始まるこの曲は、SAWAGIの展開するダンスミュージックらしさを存分に堪能できる代表曲です。普段インストゥルメンタルの曲を聞き慣れない人も、次々と新しい表現に変化するこの曲は、あっという間に時間が過ぎる様を感じ取ることができるでしょう。

最新アルバム「Starts to think? [ Sawagi ]」の収録曲や評価はこちら

 

ドラマチックアラスカ


[official siteより]

2010年、神戸で結成された、ボーカル・ギターのヒジカタナオト、ギターのトバナオヤ、ベースのマルオカケンジ、ドラムのニシバタアツシからなる4人組バンド。TOKYO FMの人気番組「SCHOOLOF LOCK!」主催の10代限定フェス「閃光ライオット」に憧れてバンドを組むことになり、2011年・12年には参加もしています。

ユニークなバンド名ですが、ボーカルのヒジカタが「アラスカ」という言葉は使いたいというところから始まり、色々な形容詞と組み合わせた結果「ドラマチック+アラスカ」がしっくり来たということでこのバンド名になったのだそうです。特に意味は込められていませんが、一度聴いたら忘れられない名前ですよね。

そんな彼らの曲は、直球勝負のギターロック。メンバーはthe pillowsや、閃光ライオット出身バンドでもあるGalileo Galileiに憧れていると言っていますが、確かにヒジカタさんのライブパフォーマンスはthe pillowsの山中さわおさんを思わせます。でも、小手先のテクニックに頼らない曲は、シンプルな展開ゆえとても耳に残りやすく、力強くも爽やかさがあります。

所属レーベルはかりゆし58などが所属するLD&Kミュージック。
おすすめ曲は「人間ロック」イントロの手拍子や、サビの「ロック!」というシャウトが印象的で、ライブで盛り上がること間違いなしの定番曲です(2016年2月10日リリースのシングル)。

最新アルバム「ロックンロールドリーマーズ [ ドラマチックアラスカ ]」の収録曲や評価はこちら

 

湯木慧


[official siteより]

湯木慧と書いてユキアキラと読みます。

1998年6月5日生れの18歳ですが、その可愛らしい雰囲気からは想像できない演奏しているときの落ち着き払った姿には、ギャップを感じ、非常に不思議な気持ちになります。それは彼女の雰囲気のみならず、彼女のメロディ、歌詞、PVからも少しミステリアスさに似た感情を覚えてしまいます。しかし、彼女の表現するものには、確かに、人よりもなにかを多く感じてきて、伝えようとしてきた、彼女の想いがつまっていることが感じられます。

彼女の感受性の豊かさは、広いジャンルに挑戦する武器になる多彩なスキルを開花させました。

中学では部活でトランペットをやり、趣味でギター、そしてコピーバンドを始めています。そして、伝えたいという想いが行動力に変わったのか、14歳にしてニコニコ動画などでのネットでの活動を始めています。

その勢いは止まらず、16歳、高校一年生からツイキャスやyoutubeで配信を始めます。そして、わずか2年でネットだけだった活動がライブ活動中心となり、地元のオープンマイクや路上ライブやライブハウスなどに弾き語りで出演します。最近ではワンマンツアーを行うなど、湯木慧としての活動が本格的にスタートするまで、長くはかかりませんでした。これも彼女の才能ゆえの所業ではないでしょうか。

さらに彼女は歌、ギター、ピアノ、管楽器、作曲など音楽以外の活動も精力的に行っています。絵を描いたり物を作るのが好きで、ライブ会場では彼女の絵を使ったプロモーションビデオやハンドメイドの素敵なツアーグッズを購入することができます。彼女の感じてきたものを、形のあるものとして受け取れることはファンにとって喜ばしいことでしょう。

また、彼女のPVでは彼女の演奏と絵などの芸術作品を一挙に楽しむことができます。特にお勧めしたい楽曲は「人間様」です。本人いわく、楽曲にはじめての打ち込みを使用したそうで、その独特なリズム、湯木慧ならではの歌詞やメロディー、そして芸術観と、彼女の全てが詰まった楽曲となっています。

なお、彼女は2017年1月6日に「LD&K」に所属することを発表しています。公式HPでは、「この道で生きていく決心をした」という想いが綴られているように、これからの多方面への活動に一層期待が高まります。

最新アルバム「決めるのは“今の僕”、生きるのは“明後日の僕ら” [ 湯木慧 ]」の収録曲や評価はこちら

 

リアクション ザ ブッタ


[official siteより]

リアクション ザ ブッタは佐々木直人(Vo. Ba.)、木田健太郎(Gt. Cho.)、大野宏二朗(Dr.)らによって構成されたスリーピース・ロックバンドです。2008年に佐々木直人、木田健一郎を中心に結成され、翌年の2009年、高校在学中にもかかわらずTEENS ROCK IN HITACHINAKAで優勝した実力派です。今の体制になったのは2016年、これまでに5枚のミニアルバムを発表したり、ライブを頻繁に行うなど、とても活動的なバンドです。

彼らの音楽性を一言で表すなら「ポップなロックンロール」です。ロックバンドらしいノリの良い楽器隊に、若者らしいさわやかな歌声がのります。ギターの音色やドラムの雰囲気からは、まるでスピッツを思い出す方もいるかもしれません。スピッツと異なる点はもちろん多くあるのですが、最も彼らの音楽に影響を与えている点としては、メンバーが度々入れ替わっている事でしょう。

バンドにとって、数名しかいないメンバーが変更することは一大イベントです。新しいメンバーが加入することで、今後成功するか否かが大きく変わるといっても過言ではありません。また、脱退したメンバーによって音楽の幅は減るかもしれませんし、逆に新メンバーによって新しい風がバンドに加わる可能性もあります。リアクション ザ ブッタの魅力は、メンバーの変遷に影響されながらも、その時のベストを発信し続けている点ではないでしょうか。そういった意味では、最初の作品から直近の作品まで聴き比べてみると、彼らが何を感じ音楽を続けてきているのかが少し見えてくるかもしれません。

リアクション ザ ブッタを初めて聴く人には、2015年発売の「Fantastic Chaos」から「仮面」をおすすめします。このアルバムの1曲目に据えられていることから、彼らもこの曲に自信を持っているに違いありません。ポップでわかりやすいメロディーは、日々の鬱憤を晴らしてくれるでしょう。

最新アルバム「Wonder Rule [ リアクション ザ ブッタ ]」の収録曲や評価はこちら

The Cutlery

The Cutleryは、2015年東京で結成され、2016年11月にはエマージェンザ準決勝に進出実力派バンドです。メンバーは.一二三ふみを(Vo.Gt.)、あやちゃん(Ba.)、Pino(Dr.)、ふくしま(Gt.)の4人で構成、主に東京都内で活動をしています。2016年12月に初シングル「SnowBrightSyndrome」を発売したこれからの活躍が期待される新星バンドです。

彼女たちの音楽性として、まずボーカルの歌声の美麗さが特徴です。そして、それを支えつつ楽曲を盛り上げ、時には静かに展開されるギター、ベース、ドラムは安定感抜群、ボーカルをサポートする役割を十二分に発揮しているといえます。上記の通り、The Cutleryの最大の魅力は、楽曲やボーカルとしての性質を楽器隊全体として表現する一体感です。彼女たちの楽曲は、アップテンポのものからバラード調のものまで様々ですが、楽曲全体としての共通点は、「ノスタルジック」ではないかと思います。アップテンポな曲であってもどこか儚げで哀愁漂う楽曲が多く、それをバンド一体として表現することに成功しています。

The Cutleryを初めて聴く人には、1stシングルの収録曲「SnowBrightSyndrome」をおすすめします。透明感あふれるボーカルの歌声を最大限に引き出すために、必要最低限の色付けがバックバンドによってなされています。イントロの静けさからなだれ込むllarかのように一気にバンドサウンドへと豹変する様は、往年の海外のロックバンドを彷彿とさせる部分さえあります。ギターの音色も程よく歪んでいて、普段激しめのロックを聴く人でも十分に聞き入ることができると思います。公式サイトにてショートバージョンが視聴できるようになっているので、是非視聴してみてください。
official site Gallery

まとめ

いかがでだったでしょうか。
年齢層としては、若い世代が多かったとは思いますが、そレぞれのジャンルは全く異なるものであったと思います。
しかし、アーティストにもそれぞれルーツがあり、今はロックバンドのボーカルをしているが、昔は路上で弾き語りをしていた、という経歴を持つ方も多くいます。
アーティストに限らず、昔よく聴いていたという音楽は絶対嫌いになることはなく、たまに聴きたくなることがあるように生涯影響され続けるものではないかと思います。
アーティストの今だけを聴くのではなく、昔の楽曲はもちろん、作曲者のルーツとなった音楽を聴くことで、もっとそのアーティストが好きになったり今までとは異なる自分の好みに気付くことができるかもしれません。
この記事がそのきっかけとなればとても嬉しいです。

スポンサーリンク