アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

洋楽カントリーミュージックのおすすめアーティスト9選 本場アメリカのレジェンドを紹介

スポンサーリンク




Chet Atkins

まずはカントリーミュージック好きなら誰もが知っているであろうカントリーギターアーティストのレジェンド、チェット・アトキンスから紹介します。Chet AtkinsはThe Beatlesのリードギタリスト、George Harissonに大きな影響を与えたことでも知られています。

ギター1本でメロディとベースラインを体現するハイレベルなテクニックもさることながら、他の楽器の伴奏もいらないほどの豊かさを感じさせるアレンジセンスで、ギターでの表現の枠を大幅に広げたアーティストです。

また、彼は有名曲も数多くカバー演奏していますが、その守備範囲はカントリーミュージックの枠を越えポップスやジャズ、クラシックはてはロシア民謡やラテン音楽など民族音楽にまで幅広く及んでいます。甘くロマンチックで、あたたかさを感じさせる彼の演奏は、まるでカフェのBGMのように心地よく自然に耳に入ってきて、いつのまにかそのまま情景の一部になってしまう不思議さがあります。

そんな彼のおすすめしたいアルバムは、「Early Years 1946-1957」。合計150曲を超える楽曲が収録されています。BGMとして聴きながら好きな曲を選抜し、独自のプレイリストを作ってみてください。

 

Willie Nelson

続いては、ウィリーネルソンの1982年発表の「Always On My Mind」をおすすめします。

Willie Nelsonは1933年生まれのアメリカのシンガーソングライターでギタリストです。独特な鼻にかかった歌声やヒッピー的なスタイル、その音楽性は従来のカントリーの主流派からは異端児と見られ、彼の音楽は「アウトローカントリー」と呼ばれました。

「Always On My Mind」のアルバムは、エルヴィス・ブレスリーのオリジナルの「Always on My MInd」やアレサ・フランクリン、プロコル・ハルム、サイモン&ガーファンクルなどのスタンダードを選曲し、リズムがちょっとずれ加減で彼の声が発せられてきます。オリジナルとの対比が秀逸で、懐かしくもあり、何か寂しい秋や、冬の厳しさ、つらさまで感じさせるような歌声が心に沁みてくるアルバムです。

 

The Eagles

カントリーミュージックときいて何が浮かぶでしょうか。

アコースティックギターの織りなす牧歌的なサウンド、あるいは恋愛や田舎暮らしの人間模様、鳥や川などの豊かな自然などを描いた歌詞の世界観を浮かべる方が多いかと思います。

続いて紹介する、70年代を席巻したカントリー・ロックの雄「The Eagles」の特徴を一言でいうと「徹底したこだわりと質の追求」にあると思います。

サウンド面ではペダルスチルギターやバンジョー、マンドリンなどをロックと融合させ、歌詞の世界では史実のギャングDoolin Dalton一味をモデルにしたコンセプトを企画、コスプレも披露するなど彼らは2ndアルバムにしてカントリー追求の集大成を披露してみせました。

このこだわりと追求はアルバムを作るたびに楽しみから、完璧主義のプレッシャーに変わりバンドは疲弊・憔悴の末、ついには解散してしまいます。

子音1つの発音にまでこだわり、何テイクも録音を重ね、つなぎ合わせているというヴォーカルパート。各メンバーの声質まで考え抜いた上で緻密に編成された隙のないコーラスワーク。独特の緊張感を感じさせる裏拍のドラムにかっちり合わせたタイトな演奏。

デビュー曲「Take It Easy」のサウンド・世界観とは裏腹なエピソードだが、しかし結果的に
それらがイーグルスの作品群を今なお不動のものにしているのも事実である。おすすめしたいアルバムは「Eagles」。「Take It Easy」をオープニングチューンとして構えるイーグルスのファーストアルバムです。

 

John Denver

続いて、ジョン・デンバーが1972年発表した「Rocky Mountain High」をおすすめします。

ジョン・デンバーはアメリカのシンガーソングライター。アルバムタイトル曲の「ロッキー・マウンテン・ハイ」は、ジョンの故郷であるアメリカのコロラド州アスペンへの愛着を表現したものであり、1970年代に発表されたカントリーミュージックを代表するものの1つです。

コロラド州アスペンのリオグランデ州立公園には、コロラド州の公式州歌「ロッキー・マウンテン・ハイ」の歌碑が立っています。このアルバムはロッキー山脈の美しさを讃えるとともに、四季の移り変わりに心を奪われる思いがします。

ビートルズの「マザー・ネイチャーズ・サン」をカバーする一方、のちにPPMやオリビア・ニュートンジョンはこのアルバムの楽曲をカバーしています。インストゥルメンタルを取り入れた四季の組曲も素晴らしい出来となっています。彼のあふれるような暖かさ、優しさが伝わってくるようなアルバムです。

 

Johnny Cash

ジョニー・キャッシュが歌う楽曲は基本カントリーなのですが、カントリーはもちろん、ゴスペルやロックの殿堂入りを果たしているユニークなアーティストです。

彼の代表曲名でもある自伝映画「I walk the line」を見れば、そのアーティストと時代、アメリカ文化を垣間見ることができ、カントリーミュージックの奥深さを感じることができるでしょう。

エルビス・プレスリー、カール・パーキンスとともに、ロカビリーミュージックでも一世を風靡し、時代を彩ってきたジョニーキャッシュですが、その当時のミュージシャンがほとんどその時代、様々な理由で、表舞台から去っていきました。彼は2003年、この世を去るまで、音楽業界の第一線で活躍してきました。

アルバム「Legend of Johnny Cash」には、 そんな彼を支えてきた妻でもあり、同じくカントリーミュージシャンのジューン・カーターとのデュエット、「Jackson」が収録されており、古き良きアメリカを感じる歌詞とアップテンポの曲調でジョニーキャッシュの入門曲としてオススメすることができます。

 

また、二枚目俳優のような風貌に加え、耳に心地よい低い声、頭に残るメロディがジョニー・キャッシュの魅力です。

ジョニー・キャッシュのアルバムのなかでも『I Walk The Line』がおすすめで、1曲目に収録されておりアルバムのタイトルにもなっている「I Walk The Line」はとても有名な曲です。わたしがこの曲を初めて聴いたとき、愛する人を想う歌であることはわかったのですが、鈍感なわたしは「I Walk The Line」という言葉の意味がいまいちつかめませんでした。後で調べてみたとき、「君につづく道」と翻訳されているのを知って、良い表現だなあと感動したことを覚えています。

結婚式で婚約を誓っているような場面が思い浮かぶような曲です。また、実際に『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』というジョニー・キャッシュの伝記映画が2005年に公開されてもいます。

ジョニー・キャッシュの素晴らしい魅力は、「I Walk The Line」のように真面目な愛の歌だけでなく、「Hey Porter」のようなリズミカルで面白味のある曲もしっかり作っているところです。「Hey Porter」という曲は、鉄道のボーイに対して「今何時ですか?」とか「荷物を取ってくれませんか?」とか、いろいろ頼みごとをする内容で、それがとても可笑しく笑ってしまいそうになります。この曲を聴けば、気持ちがふっと軽くなることでしょう。

そんなジョニー・キャッシュは男らしさとユーモアを兼ね備えた魅力的なカントリーミュージシャンだと思います。

 

Neil Young

ニール・ヤングは、カナダ出身のシンガーソングライターです。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのメンバーとしても活躍しました。1995年にはロックの殿堂入りを果たしています。

そんな彼のアルバムの中でも4作目となる「ハーヴェスト(Harvest)」がおすすめです。10曲中7曲はカントリーの聖地であるナッシュビルで録音され、全体がカントリー調に仕上げられています。本アルバムと収録曲の「Heart of Gold(孤独の旅路)」はアメリカ、カナダ、イギリスでNo.1に輝きました。

叙情的なハーモニカが印象的で脳裏から離れません。生ギターを弾きながら静かに、しかし力強く歌い始めます。「私は生きたい、黄金の心を与えたい、探し求めたい、そして、私は歳をとってゆく。黄金の心を探し求めて、歳をとってゆく」。訥々としたストレートなメッセージが聴く人に伝わってきます。

 

Lady Antebellum

ボーカルのヒラリーとチャールズの見事なまでの綺麗なコーラスと歌声がバンドサウンドに負けずにしっかりと活き活きしており、わかりやすい英語の発音、綺麗に音程を取っていることから仕事や趣味問わず歌を歌っているミュージシャンにも是非聴いて欲しいのおすすめアーティストです。

近年のカントリーミュージックの定番アーティストにもなりつつ有るので、古い音楽新しい音楽問わずカントリーサウンドを求めている方に自身を持っておすすめできるアーティストです。

初めてLady Antebellumを聴くならば「Need You Now」というアルバムを聴いて欲しいです。ライブの定番楽曲も収録も爽やかなバンドサウンドとして収録されているので、カントリー第一歩目として取っ付き易いアルバムだと思います。

 

Faith Hill

フェイス・ヒルは女性のアーティストです。カントリーミュージックといえば、どちらかというと男性が多い気がしますが、その中でフェイス・ヒルはセクシーで美人系、おまけに声も色っぽく素晴らしい歌唱力を持っています。

おすすめしたいアルバムは2007年に発売された「The Hits」というアルバムです。その中に映画”パール・ハーバー”で起用された有名曲”There You’ll Be(邦題:永遠に愛されて)”が収録されていますが、中でも私が一番おすすめしたい曲は”The way you love me”という曲です。明るめでポップな感じの曲なので、カントリーミュージックにあまり興味がない人でも、抵抗がなく聞けルカと思います。他にも多くのヒット曲が収録されていますので、ぜひ視聴してみてください。

 

Taylor Swift

テイラー・スウィフトは現代の若者層にカントリーミュージックの魅力を広げた一人です。カントリーらしい暖かい歌声、ライブでも安心して聴くことができる歌唱力に加えて、彼女の容姿がその所以と思われます。一見、カントリーミュージックを歌うとは思えない煌びやかな姿。とても可愛らしく美人で、またあの長身細身のスタイルは、誰もがうらやまし久思うのではないかと思います。その細身の体にも拘らず、しっかり歌唱力もあり声もかわいくて、何故かカントリーの曲がお似合いです。

彼女の最近のアルバムは、かなりポップな曲調になってしまいましたが、私は2008年にリリースされたセカンドアルバム「Fearless」がお気に入りです。その中でも”You belong with me”の曲がおすすめ。片思いの女の子を歌った歌詞が非常に可愛らしくて、それにうってつけなメロディは陽気な感じがたまりません。一般的には大ヒットしたアルバム”1989”に収録されてるポップな楽曲がおすすめされることが多いですが、「Fearless」はよりカントリーミュージックのカラーが滲み出ているため、オススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク