テクノポップアーティストのおすすめ8選 70年代から現代までのおすすめを紹介

おすすめしたいアルバムはたくさんありますが、YMOを代表する曲といえば、やはり「テクノポリス」と「ライディーン」。この両曲が同時に収録されている「SOLID STATE SURVIVOR」をおすすめします。

 

日本のテクノポップの先駆け、原点ともいえるグループ、YMO。古い時代のアーティストではありますが、このグループを推します。YMOは個性豊かな3人が集まったグループであり、今では我が道を進む3人がグループを結成していたなんて、不思議に思います。

そして、このYMOがリリースしたアルバムの中でおすすめしたいのは「増殖」。YMOのリリースアルバムの中では少々マイナーなアルバムなのですが、それでもアルバム1位は獲得しています。
その中でもおすすめしたい曲は「ナイス・エイジ」。曲中でニュース速報を読むというその当時、他のどのアーティストでも思いつかないようなことをしでかすのがYMOの魅力でもありました。今も、このYMOの音楽を聞いて育った世代が多く活躍していることからも私のおすすめです。

 

Sleeping In My Memory

このSleeping In My Memory、過去には2012年に自主制作でリリースしたミニアルバム「This Is What People Are Talking About」でiTunes store初登場エレクトリックチャートにて9位を獲得した業績を持つ実力派の二人組エレクトロスクリーモグループ。2012年結成と今回紹介する中では非常に新しいアーティストです。

そんな「Sleeping In My Memory」のおすすめしたいアルバムは2014年リリースのミニアルバム「All Over」。3OH!3、Breathe Carolina、Watchout! Theres Ghorst等のエレクトロスクリーモサウンドに代表されるような、エレクトロと4つ打ちのダンサブルなリズムサウンドでノリノリそしてポップな楽曲が満載のアルバムとなっております。

 

アイラミツキ

このミュージシャンが話題となったきっかけとして、Perfumeの音楽プロデューサーとして有名なCAPSULEの中田ヤスタカさんが「注目しているアーティスト」として名前を挙げていた事が考えられます。彼女の楽曲の特徴としては「声が透き通っていて聴きやすい・ポップなのに落ち着く」という点。キャッチーで1度聴いただけでハマるメロディーが多いです。

おすすめのアルバムは2009年に発売された「PLASTIC」。11人ものアーティストとコラボしており、かなりボリューム感があります。その中でも最もおすすめしたい曲は「プラスティックドール」という曲です。

MVも素敵なので是非たくさんの人に見てほしいです。かなり美人でもあります。

 

Perfume

言わずと知れた日本が世界に誇るテクノポップユニット「Perfume」
度の楽曲もサウンドのクオリティが高く、それに加えて魅せる彼女たちの一糸乱れぬダンスは作品の完成度をさらに高めています。