話題の邦ロック(邦楽ロック)バンド一覧

眩暈SIREN

2012年に同じ音楽学校に通う数名が中心となり福岡で結成された眩暈SIREN。メディアへの露出、顔出しを控え、MVにおいてもシルエットが大半で顔出しをしないというミステリアスなバンドです。

ルックスだけでなく、ボーカルを担当する京寺の中性的かつ抒情的なクリーンな声や、ヘビーなサウンドの中で一種の清涼剤のようにも感じられるピアノがミスマッチでとても不思議な世界観を構築しています。表立ったメディアでの活動を行っていないにも関わらず、各地でのフェスティバルへの積極的な参加や、全国各地でのライブツアーなどによって人気は徐々に高まってきており、その知名度は今では東京でワンマンライブを行うほどです。

そんな眩暈SIRENのアルバムの中でおすすめしたいのは2015年に発売されたデビューアルバム「或る昨日を待つ」でしょう。バンドのイメージ同様、不思議なタイトルの楽曲が並ぶこのアルバムは眩暈SIRENを知るには最適です。ヘビーな中に垣間見える抒情性と、ロックをベースにエモ、スクリーモ、コア、メタルっぽさまでも感じ取れるバラエティー豊かな楽曲群はまさにこのバンドの王道とも言えるものでしょう。

激しくもどこか切ない眩暈SIRENのサウンドを是非体験してみてください。

 

WOMCADOLE

続いて紹介するバンドは、若手の中で群を抜いて幅広い音楽ジャンルをロックに昇華し続けている期待度ナンバーワンのウォンカドーレです。2012年結成、滋賀県から活動を開始した彼らは4ピース邦ロックバンドとして活動を続けています。

彼らの特徴は何と言っても熱いライブ。そして、ただただ熱いだけでなく切なさと儚さも持っており、心を鷲掴みにされて握り潰されそうになるライブはただただ圧巻です。

バンドサウンドとしては、ギターボーカル樋口の才能や世界観を他のメンバーが最大限に活かす姿が印象的です。単体では中々馴染めないエフェクティブなギターサウンドもバンドに馴染むと歌の攻撃力を上げる武器になり、感情を鋭利にさせ、したたかなベースもプリミティブながら主張する場面と一歩引く場面を絶妙に使い分ける献身さが印象的です。ドラムスのドラミングは一聴するだけでは派手な印象で終わりますが、縁の下の力持ちとして活躍する器用さも兼ね備えています。そして、イケメンです。

ボーカルの歌声は天性の声色を持っており、聴かせ上手です。歌詞の説得力というより、人としての説得力があるからこそひとつひとつの言葉に重みがあり、意味があり、歌になるのでしょうか。才能だけ、努力だけのボーカリストではないことが音源やライブを聞けばわかるかと思います。

全てにおいて同世代のバンドとは一線を画する、別格の存在になりつつあるWOMCADOLE。単純なギターロックと捉えがちですが、彼らWOMCADOLEはいまロックの枠組みを越えようとしています。

その片鱗が見え出したオススメの一枚がこちら、「アオキハルヘ」。
バラエティに富んだシングルCD。単純な初期衝動だけに留まらない、計算された楽曲が収録されています。

2017年現在、若干22歳のWOMCADOLEの今後に期待です!