カラオケで歌いやすい邦ロックアーティスト一覧

今回はカラオケで歌いやすい邦ロックアーティストを紹介していきます。

普通にカラオケに行くはもちろん、フェスやライブに行く前にカラオケでアゲておきたい。今度カラオケに行くことになってしまったけどどうしよう、、、など、様々な人の参考になれば幸いです!

 

RADWIMPS

ラッドウィンプスは2001年横浜にて活動を開始した4ピース邦ロックバンド。10代後半から20代に絶大な人気を誇ります。ボーカル・野田洋次郎の声は高めなので、男性女性問わず歌いやすい音域でしょう。

ロック調の曲からラブソングまで幅広い曲調を楽しめるRADWIMPS。活動期間も10年以上であり、多くの人が知っているので友人とのカラオケだけでなく、会社の方と一緒に行った際でも歌いやすいです。英詞の曲もありますが、難しい英語ではないので少々練習すれば難なく歌えるかと思います。ラブソング系は歌詞が1人の女性に向けて歌ったものが多いので、合コンではモテ曲としても使えます。

サビは特にキャッチーなので音程的にも比較的歌いやすい部類に入るでしょう。あまり歌に自信がない方でも上手に聞こえやすいです。今から練習するのであれば「RADWIMPS 2〜発展途上〜 [ RADWIMPS ]」のアルバムをおすすめします。こちらはアルバム通してRADWIMPSらしさが強く出ているアルバムに仕上がっています。

最近人気が出ている米津玄師とどことなく似ているので、米津玄師が好きな方も是非RADWIMPSを知っていただきたいです。

 

エレファントカシマシ

エレファントカシマシは1981年東京都にて活動を開始した4ピース邦ロックバンド。

去年メジャーデビュー30周年を迎え、紅白初出場も果たし絶好調のエレファントカシマシ。邦楽ロックで長い間存在感を放ち続けている4人組バンドです。雰囲気はASIAN KANG-FU GANERATIONやTHE YELLOW MONKEYのような王道邦ロック。

ボーカルの宮本浩次の個性的で愛らしいキャラクターが受け、近年は女性人気も高まっています。デビュー当時はパンクロックが主体でしたが、30代40代を迎えるとともにバラードやポップス調の楽曲も増え、シングル「風と共に」がNHKみんなのうたにも採用されました。

おすすめしたいアルバムは最大のヒット曲”今宵の月のように”が収録された「明日に向かって走れー月夜の歌ー [ エレファントカシマシ ]」。成熟した大人の男の落ち着きを見せながら、でも情熱や戸惑いを失わない「男が惚れる」楽曲が並んでいます。

年代を問わず知られているエレファントカシマシ。カラオケで歌えば「通だな」と思われること間違いなしでしょう。

 

WANIMA

ワニマは2010年熊本県にて活動を開始した3ピースパンクロックバンド。

派手な見た目通りアップテンポの曲から容姿からは想像できないスローペースの曲を歌い、聞く人を魅了しているバンドです。全ての曲に落ち込んでいる人を元気にさせるメッセージ性が込められており、聞くたびに前を向いて頑張ろうと感じる曲を多くリリースしています。また、いま元気であってもアップテンポの曲でその調子でどんどん進んでいけと背中を押されているような感覚になります。

似ている邦ロックバンドとしては「10-FEET」が挙げられるでしょう。特に癖のある音楽ということはなく、1990年代から続くパンクロックの現代版と行ったイメージです。ライブやフェスにも積極的に参加していますし、ファン層も10代の若者から40代のサラリーマン世代まで幅広いのも特徴です。

THE BLUE HEARTSやHi-STANDARDを歌うおじさまがいたらWANIMAを歌い紹介してみましょう。オススメするアルバムは「Everybody!! [ WANIMA ]」という最新のアルバムです。