シンガーソングライター人気ランキング10! 最近キテるアーティストから10組選抜します

そんな竹原ピストルのオススメしたいアルバムは「PEACE OUT」。全13曲のボリュームで、こちらを聴いていただければ彼がどんなミュージシャンなのかわかっていただけるはずです。

言葉の端々から不器用ながら優しさ、愛が溢れるギター音楽。クールな電子音楽が流行する中、人の温かみを感じさせてくれるミュージシャンです。

 

入内島詩織

次におすすめしたいシンガーソングライターは入内島詩織。いりうちじましおりと読み、1993年生まれ東京を中心に活動しているシンガーソングライターです。

毎日を一生懸命に生きている方々にぜひ聴いていただきたいシンガーソングライター、入内島詩織。

その特徴は、まず声の存在感。温かいのに、どこか傷を感じさせる、ヒリヒリとした優しい歌声。この声を聴くと、一発で入内島詩織だ、と分かるほど特徴的です。周波数的にもとても聴き心地の良い声だと言えます。そして、楽曲の豊富なカラーと、歌詞。多くの楽曲がyoutubeにアップロードされており、iTunesでも配信されています。

楽曲の特長としてはポップなもの、バラード、ロック、ブルースなものなど様々。とても豊富なバリエーションです。キャッチーなメロディーと声がまず耳に残ります。そして、彼女の紡ぐ歌詞が歌声にのって突き刺さるでしょう。

最新アルバム「ENTRANCE」には、まさに個性を掘り起こした言葉が描かれています。この「ENTRANCE」というフルアルバム、入り口という意味ですが、まさに入内島詩織にとっても入り口であると考えています。そして、聴き手の心の入り口に触れて、入り込むという意味も含まれている、そんな作品です。

ライブなど、定期的に様々な場所で活動しているので、ぜひ生の彼女を見て励まされてみてください。

 

Leola

Leoraは2016年から活動している女性シンガーソングライター。

Leolaの楽曲は全て海を連想させるような歌詞で書かれており、音楽も海で聞いたら似合う、気持ちいい、そんな感情に浸ることができる音楽をリリースしています。もちろん、Leola自身も海が好きなのでしょう。アーティスト名もハワイ語がモチーフになっているようです。

シングルやアルバムを発売した際に行うリリースパーティやサイン会や写真撮影を行う際にも、彼女の人間性が滲みでています。どんなに対応するファンが多くとも、長い時間のトークであっても、ライブ中であっても、ファンからのアプローチを決して裏切ることはありません。神対応を体現しているかのようです。

そんなLeolaのおすすめしたいアルバムは「Hello! My name is Leola.」という彼女のファーストアルバム。このアルバムは最初のコーラスからゆっくりと始まり、盛り上がることができる曲もあり、バラード調の曲もあり、バラエティ豊かな構成に仕上がっています。ファーストアルバムということもあり、当時の彼女の全力が詰まっているので必見です。

Leolaはフリーライブやフェスなどにもたくさん出演しているので、地元のフェスなども注目してみてください。間近の彼女を見て、一段と虜になることでしょう。

 

DJみそしるとMCごはん

続いて異色のアーティストを1人。DJみそしるとMCごはんを紹介します。一見、2人組かと思いきやソロアーティスト。ジャンルとしてはヒップホップに分類されるアーティストですが、そのポップさはシンガーソングライター好きにぜひ聴いていただきたい音楽です。歌っている歌詞の内容は主に料理や食材に関することがメイン。

社会に対する不満やメッセージを発信したり、攻撃的なイメージのあるヒップホップというジャンルにおいて、ただただリズムに合わせて料理の素晴らしさを伝えるという珍しいアーティスト、DJみそしるとMCごはん。