アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

amazarashiとは 顔出しNGながら、コアなファンを擁する謎バンドの全貌に迫る

スポンサーリンク




今回は、人気急上昇中の邦ロックバンドamazarashiについて取り上げたいと思います!
プロフィールから人気曲まで、すべての邦ロック好きに贈るスペシャルな紹介記事!amazarashiが気になっている人から熱烈なファンまで、是非楽しんでいってください。
まずはプロフィールから。

 

プロフィール

バンド名の由来
「あまざらし」=「雨曝し」。日常の苦しみ、辛さ、悲しみ、不幸なことを「雨」にたとえ、生きている人間たちは皆「雨」に曝されて生きているが、それでも前を向いて生きていきたい、希望を忘れないようにしたい、という意志から名付けられました。
遍歴としては、2007年1月、STAR ISSUEを結成。こちらの由来は「希望の光のような歌を発信したい」という想いから。同年の5月には「あまざらし」に改名。2010年2月、現在と同じ「amazarashi」に変更し、同年6月にメジャーデビューします。

メンバー
秋田ひろむ(ボーカル、ギター、作詞作曲担当)…本名秋田弘(ひろむ)、青森県出身。
豊川真奈美(キーボード担当)

以上の二人です。またサポートメンバーとして、
出羽良彰(ギター、プログラミング、楽器全般、サウンドプロデュース、バンドマスター担当)
中村武文(ベース担当)
橋谷田真(ドラム担当)
山本健太(豊川が活動休止していた際のキーボード担当)

が挙げられます。「あまざらし プレミアムライブ 千分の一夜物語 『スターライト』」では、弦楽器のサポートメンバーも加わり大編成での演奏も得意としていることがわかります。

所属レーベル
2009年から2010年にかけては、レインボーエンタテインメントに所属、その後2010年からはソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズに所属しています。他の所属アーティストはJUJU、中島美嘉、TUBE、SPYAIRなど。

音楽性

音楽性、ライブの特徴
amazarashiの1番の魅力はなんといっても歌詞でしょう。世界を捻くれた眼で捉え、秋田ひろむの世界観と価値観が哲学的に凝縮されています。そのアンチニヒリズムを掲げ紡がれる歌詞の魅力に惹かれ、ファンとなった方が多いのではないでしょうか。他にも、この世界の綺麗事を違和感を抱き、時にはくそったれだと吐き捨てるような皮肉で刺々しい気だるげな歌詞、陰鬱とした絶望の中に、懸命に希望や光を見出し、前を向こうと努力する、バンド名に込められた想いともリンクする歌詞の曲が大半を占めます。amazarashi自身も歌詞やその歌詞から構成される世界観、メッセージ性に非常に重きを置いており、そのせいか、ライブはすべて顔出しNG、ステージの前に張った大きなスクリーンに映像を投影しながら、そのスクリーンの裏で演奏し歌うという異例のパフォーマンス方法を採用しています。姿を現さないこのスタイルは、初ライブ「amazarashi 1st LIVE 「この街で生きている」」から現在まで継続されており、ファンにとっては「これぞamazarashi」と言えるお馴染みの演出です。

影響されたアーティスト
ヴォーカルの秋田ひろむは、音楽を始めたきっかけとして、小学校6年生の時に彼の姉が聴いていたTM NETWORKに憧れてキーボードを購入したことや、THE BLUE HEARTSのコピーバンドを始めたことを挙げています。また、影響を受けたアーティストとしてはザ・クロマニオンズのギターを担当する真島昌利や友川カズキ、影響を受けた作家は寺山修司と太宰治と語っています。その他にも、竹原ピストルの熱烈なファンでもあり、THA BLUE HERB、RHYMESTER、小林勝行、SHINGO☆西成、鬼、不可思議/wonderboyなど、ヒップホップ系のアーティストも好んで聴くことが知られています。

経歴

次に、amazarashiがこれまでに歩んできた歴史を振り返っていきましょう!

2007年、STAR ISSUEを結成。
2008年、バンド名を「あまざらし」に変更し、レインボーエンタテインメント事務所と契約。
2009年2月、ミニアルバム「光、再考」を青森県のCDショップ限定で発売し、インディーズデビュー。
12月、ミニアルバム「0.」を青森県のCDショップ限定、500枚限定で発売。
2010年2月、バンド名を「amazarashi」に変更。「0.」にボーナストラック1曲(「光、再考」スペシャルバージョン)を追加で収録した「0.6」を全国で発売。
4月、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズへ移籍。
6月、ミニアルバム「爆弾の作り方」を発売し、メジャーデビュー。
11月、ミニアルバム「ワンルーム叙事詩」を発売。
2011年1月、ドラマ「ヘブンズ・フラワー」の主題歌に楽曲「アノミー」が起用。
3月、ミニアルバム「アノミー」を発売。
6月、初ライブ「amazarashi 1st LIVE 「この街で生きている」」が渋谷で開催。
11月、フルアルバム「千年幸福論」を発売。
2012年1月「amazarashi LIVE 「千年幸福論」」が渋谷で開催。
6月、ミニアルバム「ラブソング」を発売。
6~7月、「amazarashi LIVE TOUR 2012 「ごめんなさいちゃんといえるかな」」が三都市で開催。
11月、公式サイト「APOLOGIES」を作成。ライブツアー「ごめんなさいちゃんといえるかな」の公演映像を収めた「0.7」がDVDで発売。「amazarashi LIVE 「0.7」」が渋谷で開催。
2013年4月、ミニアルバム「ねえママあなたの言うとおり」を発売。
5~6月、「amazarashi TOUR 2013 「ねえママあなたの言うとおり」」が開催。
8月、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO」に出演(初のフェス出場)。中島美嘉に楽曲「僕が死のうと思ったのは」「Today」提供(初の楽曲提供)。
9月、TK from 凛として時雨と対バン形式ライブを敢行(初の対バン)。
11月、ミニアルバム「あんたへ」を発売。
2014年1月、豊川が体調不良のため活動休止。「amazarashi TOUR 2014 「あんたへ」」が開催。
3月、ミュージックビデオ集「anthology 1386」を発売。
9月、豊川が復帰。「あまざらし プレミアムライブ 千分の一夜物語 『スターライト』」が開催。
10月、フルアルバム「夕日信仰ヒガシズム」を発売。
11月、「amazarashi LIVE TOUR 2014 「夕日信仰ヒガシズム」」が開催。
2015年2月、初シングル「季節は次々死んでいく」(アニメ東京喰種に起用される)を発売。
3月、台湾で公演(初の海外公演)。
5月、アコースティックアルバム「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」を発売。
8月、シングル「スピードと摩擦」(アニメ乱歩奇譚に起用される)を発売。
12月、「COUNT DOWN JAPAN 15/16」に出演。
2016年1月、「amazarashi 5th anniversary LIVE TOUR 2016 「世界分岐二〇一六」」が開催。
2月、フルアルバム「世界収束二一一六」を発売。
6月、tacicaと対バン形式ライブを敢行。
10月、ミニアルバム「虚無病」を発売。

 

歌詞

「歌詞を見ながら聴きたい曲が、いまいくつあるだろう」

キャッチコピーを見ても感じる通り、amazarashiは「歌詞を見ながら聞く」という事を大変重要視していることで知られています。

ライブステージではスクリーン映像にも歌詞が全面に映し出され、視覚と聴覚の両方でamazarashiの表現する世界観を理解していくことができます。例えば「季節は次々死んでいく」のミュージックビデオでは、肉に描かれた歌詞を女性が食べているシーンなどがあり、歌詞を表現の一つとして使用し、リスナーの目に自然と届くようになっています。

 

「最近のリスナーは歌詞を重要視していない」「意味を持たない歌詞が流行る」

と耳にすることがありますが、本当にそうでしょうか?
勿論、歌詞がわからないから伝わりやすい曲もあれば、歌詞があるから心に残る曲もあるでしょう。

「あの歌詞に励まされた」「あの言葉に勇気をもらった」

そんな”言葉の力”を求めているリスナーたちの多くがamazarashiの歌詞に共感し、心を動かされています。

 

”生”と”死”の世界観

ファンからも人気の高い「アノミー」「つじつま合わせに生まれた僕等」「ピアノ泥棒」など、amazarashiの歌詞は物語があり、メッセージ性の強さが印象的です。

一語一句ハッキリと聞こえてくる歌声、耳心地の良いポエトリーリーディングなどで展開されていく「死」「悲しみ」「闇」など、”死”を連想させる言葉たち。一方では「命にふさわしい」「この街で生きている」など、”生”に対しての執着をむき出しにしているようなタイトルが多く、そこにある葛藤が媚びることなく、ありのままに表現されています。

”生”と”死”という常に隣り合わせの世界について秋田ひろむは、アルバム「アノミー」のインタビューでも語っています。

死ぬ気になれば何でも出来るってよく言うじゃないですか。そんな感じでしょうか。もう死んでしまったつもりで生きたいです。人生の財産は今感じた事だけで、それをより良いものにする為だけに生きたいです。
中々上手くは出来ないですが。

出典:音楽ナタリー

人は生きることを真剣に考えるとき、いつか来る死についても考えてしまうのかもしれません。
どこから来て、どこへいくのか。何が幸せで、何が不幸なのか…

 

―”優しくされたら胸が震えた それだけの為に死んでもいいや” ―

amazarashi「雨男」

秋田ひろむの言葉を読んでいると、この人は”死にたい”のではなく”生きたい”のだ
これは、生きるために書いているのだ、という気がして、冷たく吐き捨てるような言葉なのに、なぜか心が温まるような、まるで寄り添ってくれるようなamazarashiの歌詞にはそんな優しさがあります。

絶望のなかにどこか光がある、希望がある、救いがある。これが彼らの掲げるアンチニヒリズムであり、そんな不思議な力がリスナーの心を掴んで離さないのでしょう。

 

言葉があることで広がる解釈の可能性

「amazarashiは歌詞が刺さる」「生活感があるから自分にも思い当たる」

amazarashiの歌詞に対して、ブログやツイッターなどにあがってくるリスナーの声からは、自分自身の出来事や思い出と重ね合わせて聴いてしまうという声がとても多く見られます。それは歌詞から滲み出てくる人間らしさのせいかもしれません。

歌詞の世界に書かれているストーリーは、秋田ひろむという一人の人間が感じてきた喜怒哀楽であったり、思い出であったりもします。また、その舞台は”日常”であり、歌詞のなかには実際にある地名が使用されることもあるそうです。

当初の歌詞について秋田ひろむは「過去の自分自身に向けて書いた」と度々語っているように、自分のために歌っていたそうです。外へ向けてというよりは内に向かっていくような、そんな意味も含まれていたのでしょうか。

 

―”失敗ばかりの僕等は 人より愛することが出来るはず
だからほら思い出してみるんだよ 忘れたいこと 忘れたくないこと” ―
amazarashi「美しき思い出」

これらが意図的にリスナーへ向けられたものではなかったとしても、10代から20代にある特有の悩みや苦しみ、虚無感、閉塞感といった感覚を知っている人は、きっと少なくないでしょう。

今もどこかでもどかしさに耐えている若者たちや、また、そんな過去を経験したことがある大人たちにとってamazarashiの歌詞は一つの理解者であるといえるのかもしれません。

 

amazarashiが影響を受けたと公言している作家、寺山修司もこうした”言葉の力”について語っています。

言葉の肩をたたくことはできないし、言葉と握手することもできない。だが、言葉にも言いようのない、
旧友のなつかしさがあるものである 寺山修司
出典 ポケットに名言を

文学との出会いにも言葉の力と繋がりを感じずにはいられませんね。

amazarashiの歌詞を読んでいると、なつかしい友人に悩みを打ち明けるような気持ちになるのは文学の世界から”言葉の力”を信じる想いを受け継いでいるからかもしれません。

 

変化と新世界、これからのamazarashi

数々のアーティストが音楽活動を続けていくなかで変化(成長)を遂げていきますが、これまでは自分自身のために歌っていたamazarashiにもバンドとしての変化が訪れます。バンド活動を始めた頃は孤独だった心がリスナーの存在に気づき、動かされていったのでしょうか、

2012年に発売されたアルバム「ラブソング」のインタビューでもすでに変化を語っています。

amazarashiの曲は恨みつらみとか、ルサンチマンが原動力になっていた部分が多かったのですが、今になってそういうものが薄まっている実感があって、もうそういう所で歌を作っている場合じゃないな、と思っていました。そこから次に進む為にここで歌っておかなければならない歌だと思います。

出典:Rooftop2012年6月号

 

そして、2013年に発売されたアルバム「あんたへ」。

この曲の歌詞はまるで語りかけてくるような言葉があります。「あんたへ」の歌詞にある変化ついては渋谷eggmanのインタビューで答えています。

この曲も自分に向けたものです。「あんたへ」はアマチュア時代からずっとやってた古い曲なんですが、今回久々に聴いていいなと思って、自分自身がすごく励まされる感じがして、収録する事にしました。

ただ、自分自身に歌った歌なんですが、今だったらもっと外側に向かって、メッセージソングとして歌えるんじゃないか、歌うべき何じゃないか、と思って「まえがき」という曲を一曲目にして、”これはあなたへ歌ってますよ”という前提としました。
出典:eggman公式サイト

歌詞は自分自身に向けて書いている事に変わりはないようですが、そのなかでも内向きの姿勢ではなく外に向けていく姿勢になった、ということでしょうか。これはamazarashiにとっては大きな変化(成長)だったような気がします。単に方向性が変わってしまったわけではないことは「歌詞を見ながら聴く」ことで明らかです。

変化が起こったことは間違いありませんが、活動をしていくなかでリスナーの存在に気づき、返事をするようになりました。それは、いつも目を見て話せなかった友達が、最近になって目を見て話をしてくれるようになった。

そんな変化に似ているのかもしれません。

 

過去も現在も未来も、amazarashiの歌詞は”日常”であり、私たちと対話しています。
amazarashiの歌詞からは言葉を大切にしているバンドであることがわかると共に、リスナーを大切にしてきたバンドだということがわかりますね。

 

おすすめアルバム紹介

一つ目は『千年幸福論 [ amazarashi ]』 収録曲は12曲です。

  • デスゲーム
    空っぽの空に潰される
    古いSF映画
    渋谷の果てに地平線
    夜の歌
    逃避行
    千年幸福論
    遺書
    美しき思い出
    14歳
    冬が来る前に
    未来づくり

amazarashiにとって初のフルアルバムになります。ジャケットデザインや初回限定盤にだけ付属されているDVD、詩集など、amazarashiの魅力が詰め込まれたアルバムです。このアルバムで特におすすめしたい曲は、「古いSF映画」と、アルバムタイトルにも使われている代表曲「千年幸福論」です。
「古いSF映画」は、「近未来と懐疑論」がテーマの楽曲で、歌詞は全体を通して物語風となっています。特に、サビの歌詞と旋律がとても優しく耳に響き、この曲の大切なことをしっとりと教えてくれるようなメロディーとなっています。真実は本当は真実ではないのかもしれないし、今見ている風景は本当は目の前には存在していないだけなのかも。私は私ではないのかもしれないし、本当は誰かに操られているだけなのかも。すべてが思い込みかもしれない、何を信じればいいのか分からないこの世界で、それでも大切にしなければならないものとは、といったような深い人間性を一曲に込めています。
「千年幸福論」は、「永遠と価値」がテーマです。永遠という、どこにも存在しないものに、価値はあるのかと問い掛ける曲です。万物が流転し、変わらないものなど何も無い世界。そんな世界に存在するものに、すがりつく価値なんて本当にあるのだろうか。それでも変わらないでくれと願うことは、浅ましくて馬鹿げたことだろうか。千年間、ずっと変わらないでいてほしい。そんな泣きたくなるような歌詞と旋律が曲を彩っています。「終わりがあるから美しい、そんなの分かりたくもないよ」「終わりはいつも早すぎる」と、切実な歌詞が柔らかなメロディーを包んでいます。

二つ目は『ねえママ あなたの言うとおり [ amazarashi ]』 収録曲は7曲です。

  • 風に流離い
    ジュブナイル
    春待ち
    性善説
    ミサイル
    僕は盗む
    パーフェクトライフ

歌詞と詩集をひとつに纏めた冊子をCDに付属させることが多いamazarashiのアルバムの中で、このアルバムは異質なデザインとなっています。シールを貼り付けることで初めて完成する、折り畳み式の歌詞カード。今までに無かったタイプのデザインに、昔からのファンは驚きと新鮮さを覚えたことでしょう。このアルバムで特におすすめしたい曲は、「ジュブナイル」と「性善説」です。
「ジュブナイル」は、世の中に生きるすべての少年少女へ向けて作られた楽曲です。世界が敵に見える、そんな少年少女へ贈る、amazarashiからのメッセージと言えるでしょう。満たされない毎日、誰にも理解されない日々、無力な自分への苛立ち、泣きたくなるほどの辛さに打ちひしがれている人間を救い、肯定する名曲です。悩み事を抱えるすべての人に聞いてほしい、そんな一曲。間違っていないということを、自分らしく生きればいいということを、真っ直ぐに伝えてくれる救済ソングであり、力強いメッセージソングです。
「性善説」は、アルバムタイトルに使われている「ねえママあなたの言うとおり」というフレーズが、歌詞中に登場する曲です。そのため、このアルバムの代表曲は、こちらの「性善説」になるかと思います。ファンの中で、ライブの際にスクリーンに映し出される、物語風の映像に眩暈を覚えるほどの衝撃を受けた人も少なくないはずです。人間はきっと、皆思いやりに満ち溢れているんだ、と無邪気に性善説を信じる心を、残酷に裏切る一曲です。無力さに泣くことしか出来ない、それでも誰かに頼らないと生きていけない。平等なんて嘘だ、世界が美しいなんて嘘だ、救われない、報われない、そのことに気付いてしまった彼が、唯一信じる善とは何なのか、という非常に重いテーマを、とても丁寧に扱っている一曲です。

おすすめしたい曲

ファンの人気が高い『つじつま合わせに生まれた僕等(2017)

ライブの際にスクリーンに映し出される、物語風の映像も合わせてファンからの評価が高い一曲です。すべてには原因があり、何かが何かの結果になっている、色々なものが繋がって影響し合ってこの世界が成り立っている、僕たちが生まれたのも、ただのつじつま合わせなのかもしれない。サビの歌詞が心にぐっとくる名曲。
収録アルバムはメッセージボトル (通常盤 2CD) [ amazarashi ]

泣けると言えばこの曲『無題

amazarashiの曲の中で泣ける曲と言えば、恐らく選ぶ人が一番多いのは「無題」かと思われます。物語風の歌詞であり、時の流れに戸惑いながらも懸命に生き続ける彼を、周りの風景が彩っていきます。時には優しく、時には冷たく、くるくると表情を変える世界に翻弄される彼を、変わらないまま支え続けてくれたのは、ずっと信じ続けてくれたのは…。ほろりと泣ける、温かくて優しい一曲です。
収録アルバムはあまざらし 千分の一夜物語 スターライト [ amazarashi ]

魂が揺さぶられる衝撃的な歌詞『アノミー

歌詞から受ける衝撃が半端ではない曲です。圧倒されているうちに曲が終わる、そんな怒涛の名曲。amazarashiらしい曲の一つでもありますが、凄いの一言しか出てこない、と、ファンの間でも「何だこれは」という扱いをされています。「人を殺してはいけません、あなたが殺されないために」など、哲学的な魅力を持ち合わせながら、急激な社会変動による社会の動揺や崩壊によって、人々の欲求や行動が無規則に駆け巡る混沌状態を歌っています。
収録アルバムはアノミー [ amazarashi ]

ラブソングが好きな人間なんて、皆中身が空っぽなんだ、と鼻で笑う曲『ラブソング

世の中のすべてのラブソングを敵に回した一曲です。タイトルを「ラブソング」にしているのが何とも皮肉的。非常に暗い歌詞でありながらアップテンポな曲で、そのミスマッチさとamazarashiらしい固有名詞が羅列される歌詞などから、人気の高い一曲。愛について歌った曲を批判し、「愛を買わなくちゃ」「愛こそ全て、信じ給え」など、これでもかというほどの世の中のラブソングへの皮肉と罵りがむしろ心地良いくらいに響きます。

おすすめアーティスト

amazarashiファン、もしくはこの記事を見てamazarashiに興味を持ってくださった方々におすすめしたいアーティストを紹介します。

凛として時雨(しぐれ)
TK(ボーカル、ギター担当)、345(ベース、ボーカル担当)、ピエール中野(ドラム担当)の三人で構成された、ツインボーカルのバンドです。amazarashiにとって初の対バン相手であるバンドになります。所属レーベルはamazarashiと同じソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。邦ロックバンドとして、かなり高い人気があります。
amazarashiの楽曲「季節は次々死んでいく」は、アニメ「東京喰種」に起用されたことで話題になりましたが、実は凛として時雨も東京喰種に曲を提供しています。それが「unravel」という名曲。とても激しくほとばしるような曲で、リズム感も良く、透明感のある歌声と力強い歌声が使い分けられており、かっこよさに圧倒されるような印象を受けます。

最新情報

まずはライブツアーのお知らせから

amazarashi LIVE TOUR 2017 「タイトル未定」

  • 3/26(日) 愛知・Zepp Nagoya
    4/2(日) 東京・Zepp Tokyo
    4/16(日) 大阪・Zepp Namba
    4/21(金) 福岡・福岡市民会館
    5/5(金) 北海道・Zepp Sapporo
    5/14(日) 新潟・新潟県民会館
    6/3(土) 東京・豊洲PIT
    6/17(土) 宮城・仙台PIT

で開催されます。チケットは先着順ですのでお早めに、既に申し込み受け付けは始まっています!

また、三枚目となる新しいシングルが発売されます!
タイトル「命にふさわしい」2017/2/22リリースです!こちらは伝説のトラウマRPGとして名高いゲームの続編、「NieR:Automata」とのコラボレーションにより生まれた曲になります。

まとめ

amazarashiについて紹介した今回の記事、いかがでしたでしょうか。メディアとの絡みがほとんど無いamazarashiのことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。名曲はたくさんありますので、是非聞いてみて下さい。CD音源だけでも十分に魅力的な彼らの楽曲は、ライブでは更に洗練されたものとして生まれ変わります。他のバンドとは一味も二味も違ったライブを皆さんも体験してみてはいかがでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク