maco maretsとは 緩く流れるようなラップを展開する21歳の凄腕MCを紹介します

緩く流れるように展開するラップの中に確かなセンスを感じさせる弱冠21歳の凄腕MC、maco maretsを紹介します。

[出典:maco maret公式twitterより]

プロフィール

メンバー
maco marets(MC)

経歴
1995年 福岡県にて生まれる
2013年 上京し、bua名義で本格的な音楽活動を開始
2016年 名義をmaco maretsに変更し、6月にファーストアルバム「Orang Pendek」をリリース。
2016年12月 デジタルシングル「Hum!」を配信。

所属レーベル
Rallye Labelというインディーズレーベルに所属しています。他の所属アーティストには、Lucky Tapes、YeYe、sugar meがいます。

活動拠点&ライブ
東京・中目黒を中心に活動。「TAUNTAUN」「BINKS」などのパーティーを主催し、積極的に活動する傍ら、コンスタントにライブにも出演し、「韻シストBAND」「メローイエロー」「Olive Oil」「環Roy」などと共演しています。ライブではアルバム同様、緩やかなフロウで心地よい空気を作り出しています。ライブでもテンションを過剰に上げる事なくクオリティを保てる点は、20代とは思えない落ち着きぶりですね。

音楽性

現代のラップはエミネムなどの台頭を契機に、様々なジャンルを取り込みながら複雑化する傾向にありますが、maco maretsのラップは原点に立ち返ったかのような実直なフロウに溢れています。曲中に歌が入ったり、別ジャンルの要素がミックスされたりする事はなく、緩やかなラップをただひたすらにフロウし続ける音楽は非常に中毒性があります。
一方、そのフロウスタイルに反してそのバックミュージックは、ヒップホップのオールドスクールにおけるダンスミュージックの要素や、レゲエラップのようなアクセントを重視した特徴的なリズムもありません。ジャズを基盤にメロウに展開する曲が多く見られ、それらも過度にアレンジされる事はなくシンプルな楽器構成の中で、あくまでラップ中心の音楽に徹しています。

影響を受けたアーティスト

maco marets自身がサイト内で「Orang.Pendek(ファーストアルバム)と並べて直に繋がっている感覚があるかも、と思ったラップ・アーティストの三曲」を挙げているので、それらを中心に紹介していきたいと思います。
[引用:http://spincoaster.com/rootscoaster-vol-114-maco-marets]

 

Small Circle Of Friends
「もしSCOFと出会っていなかったら、今のようにラップをしていることも無かったと思います。」というくらい、本人が影響を語っています。

SCOFは、男女二人のヒップホップユニットです。

メンバーは、
ムトウ サツキ(ヴォーカル)
アズマ リキ(ラップ、ヴォーカル、プログラミング)

MC二人ですが、ラップパートを男声であるアズマリキが担当し、歌唱を女声のムトウサツキが担っており、役割がはっきりと分かれています。こういった、楽曲の中でラップと歌唱をミックスさせるやり方は日本でも珍しくはありませんが、歌とラップで曲の雰囲気が変わりすぎてつながりが感じられず、合わせる意味を見出しにくいユニットが多い事も事実です。
しかし、彼らの場合はバックミュージックをほとんど変えずに、どちらのパートでもしっくりと馴染む楽曲が多く、歌とラップの切り替わりがとても自然です。フロウで作り出した柔らかな雰囲気を歌がそのまま押し上げていくような、くっきりとした輪郭を持ったサウンドは、とても開放的な気分にさせてくれます。
maco maretsの楽曲において、ゆるやかなフロウの中でもしっかりとしたメリハリが存在するのは、彼らから受け継いだスタイルと言ってもよいでしょうね。

おすすめ曲「波よせて」「Pass THE MIC」

 

Rizzle Kicks
メンバーは、
ジョーダン・ステファンズ(MC)
ハーレー・アレクサンダー・スール(MC)

Rizzle Kicksは、イギリスのヒップホップデュオです。2011年に発売したデビューアルバム「Streo Typical」がUK R&B アルバムチャートでいきなり1位を記録し、ヒップホップ界の新たなカリスマとなっています。そのスタイルはポップながらも腰の据わった安定感のあるラップ。しかし、どこかコミカルさも内包したサウンドは、とても楽しく聴く事ができます。
maco maretsも「お茶目でおとぼけ、それでいてクールな空気感が大好き」と語り、リスペクトを表しています。
自身の楽曲はもちろん素晴らしい彼らですが、もう一つの魅力は他アーティストのリミックス。「Call It What You Want(Foster The Pople)」「Old Yellow Bricks(Arctic Monkeys)」などの超有名曲をセンス良くアレンジし、好評を博しています。
ジャンル的にはmaco maretsとすべてが一致する訳ではありませんが、他ジャンルの楽曲と合わせても、自分の力を遺憾なく発揮できるという点では、共通していると言えますね。

おすすめ曲 「Miss Cigarette」「Call It What You Want- Rizzle Kicks Remix」

 

5lack×Olive Oil
5lack、Olive Oilのコラボ曲、「早朝の戦士」を影響を受けた楽曲として挙げています。

5lack
別名S.L.A.C.K。
PSG、SICK TEAMのメンバーとしても活動しています。朴訥した外見とは裏腹に彼によって紡がれるラップは、グルーブ感に溢れたセンス満載のものです。脱力してフロウしながらも、強いメッセージを伝えらえれる点は、maco maretsと共通していると言えますね。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。