アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

TOKYO HEALTH CLUBとは 独特なリリックでリスナーを魅了する新世代HIPHOPクルーをご紹介

スポンサーリンク




音楽好きの皆さんこんにちは。今回は、おすすめのインディーズHIPHOPアーティストを選んでみました!あのスチャダラパーの再来と言われている、1DJ&3MCで構成される4人組のCrew(クルー)、TOKYO HEALTH CLUB(以下THC)です。この記事をきっかけに皆様にHIPHOPの魅力が伝わり音楽生活の幅が広がってくれればとても嬉しいです。

TOKYO HEALTH CLUBとは

TOKYO HEALTH CLUBとはメンバーが全員多摩美術大学出身の新しいタイプのヒップホップのアーティスト集団です。1DJ+3MC、メンバーは、DULLBOY, SIKK-O, JYAJIE, TSUBAME。

結成は2010年。「ジャマイカじゃないが飛べるTHC」(3rdアルバムON-飛んでくLOVEより)と歌うラッパー集団TOKYO HEALTH 飛んでくLOVEことTOKYO HEALTH CLUB、略してTHC。
THCとは、日本国内では違法とされている(アメリカでは州によって合法)ある植物に含まれる成分の名前であり、彼らはその事実をよく理解しながら韻を踏みまくっています。
このように、挑発的とも言える危険な匂いを放つヒップホップクルー、TOKYO HEALTH CLUBですが、このTHCが今、ニュータイプのヒップホップクルーとしてあらゆる業界、メディアから注目を集めつつあります。
メンバー4人がサングラスをかけ、独特のユーモアセンスでリスナーの興味を引きつけるBEATの上の革命家、THC。彼らはどのような経緯で出会い、結成に至ったのでしょうか。
始まりは、メンバーのSIKK-Oが飲み会の悪ノリでTSUBAMEの作ったBEAT にRAP を乗せたことだったそうです。これを機に音楽活動を開始したメンバーでしたが、当初JYAJIEはベーシストとしてライブに参加していました。
その後、MCに転向、時折フィーチャリングでゲストとして参加していた外部メンバーDULLBOYがメンバーに加わり現在の編成となりました。

メンバー全員が多摩美術大学の同級生。TOKYO HEALTH CLUBは2012年9月に謎の動画「OMAKE OP」を皮切りにYoutubeに様々な楽曲をアップしています。わずか14秒の簡単な動画ですがTHCを知れば知るほどその深みとユーモアさが伝わってきます。ぜひご覧あれ。

HIPHOPの歴史

彼らの音楽性を紹介する前にラップ・HIPHOPの歴史について触れたいと思います。
従来よりラップは言葉遊びであり、作り出されたビートに言葉を乗せます。ただ言葉を乗せるだけではなく韻を踏むことがラップと言われてきました。ラップやHIPHOPを苦手という日本人は比較的に多いですが、THCの音楽は聴いているものを決して不快にさせない周波数を放っており、それは新しい時代を背負って行くのに申し分のない洗練された音楽といえます。
日本のHIPHOPにも、もちろん歴史があります。数々の諸説がありますが、1985年、高木完と藤原ヒロシがタイニーパンクスを、モンチ田中らがDJグループM.I.Dをdj Honda、DJ KOOらがリミキサーグループThe JG’sを結成したことが1つの起源とされています。同年、いとうせいこうがアルバム「業界くん物語」をリリースした頃です。
他に、ザ・ドリフターズの13枚目のシングル「ドリフの早口言葉」やスネークマンショーの「スネークマンショー」小林克也率いるザ・ナンバーワン・バンドが「うわさのカム・トゥ・ハワイ」吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」などが日本語ラップの源流と言われています。
1980年代も後半になると、数々のHIPHOPアーティストが台頭し始めます。THCの音楽性の根本も、この頃から確実なものとして根付き始めているように考えられます。1987年には米国からパブリック・エナミー等が来日したり、中西俊夫、高木完、藤原ヒロシ、屋敷豪太、DJ K.U.D.Oらがレコードレーベル「MAJOR FORCE」を設立し、DJ Underground Contestを開催するムーブメントが起こり、まさにHIPHOPが一大ブームとなりました。
さらに、TWIGYやRHYME STERといった、今もその名を轟かす実力者ラッパーが登場し始め、1990年5月5日、THC の音楽性を語る上でも最重要となる、スチャダラパーが1枚目のアルバム「スチャダラ大作戦」をリリースしました。

そして、日本テレビ系列「天才・たけしの元気がでるテレビ!!」でダンス甲子園が始まります。ここでLLブラザーズや、ZOOなどがテレビ出演し始め、ヒップホップ系ファッションが流行となります。東京の街には「ダボっ」とした洋服の着こなしをするB-boyが増え始め、同時期には、東京渋谷宇田川町辺りを拠点に活動し、B-boy熱の起爆剤となった伝説のHIPHOPグループMICROPHONE PAGERが結成される。彼らが日本のヒップホップのオーバーグラウンド進出へのキーとなりました。

MICROPHONE PAGER、RHYME STER、キングギドラにB-boy 達は熱狂を重ねていました。時を同じくして、1994年3月9日スチャダラパーと小沢健二のシングル「今夜はブギーバック」が発売され累計50万枚以上の売り上げを記録すると、同年8月21日 EAST END×YURIが「DA.YO.NE」を発表し、日本のヒップホップミュージックとして初めてミリオンセラーを記録します。この爆発的な売れ行きを基に、日本人にラップが根付き始めます。

1995年、日本語ラップシーンにおいて大きな出来事が起こります。当時、渋谷の街は大騒然、B-boy達はその鼻息を荒くし、毎週末の夜を楽しんでいました。
大きな出来事とは2つ、BUDDHA BRANDがアメリカ合衆国から帰国したこと、LAMP EYEが「証言」を発表したことです。
「証言」は、RINO,YOU THE ROCK,G.K.MARYAN.ZEEBRA. TWIGY.GAMA.
DEV-LARGE,DJ-YASにより構成された名曲中の名曲、そのレコード発売日、渋谷の街はB-boyで溢れ、レコード店には多くの客が押し寄せていました。
その後、BUDDA BRANDは「人間発電所」を発売。同年7月7日ECDが日比谷野外音楽堂にて「さんぴんCAMP」を開催しました。

1980年代に着火した日本語ヒップホップの火種は、2017年現在も消える事なく輝き続けています。その火種を継承して行く新世代の代表「TOKYO HEALTH CLUB」は真面目に“フェイク”を追求するヒップホップクルーと言えるでしょう。
THCの音楽性をより楽しく聴くには、日本のヒップホップの歴史を知れば数倍楽しくTHCを感じる事ができます。

THCの音楽性

THCの楽曲からは、アメリカの人気HIPHOPグループA Tribe Called Questを感じます。彼らを思わせるようなJAZZYなサウンドは自然とリスナーの耳を魅了し、ナイス&スムースなトラックに絡むJYAJIE,SIKK-O,DULLBOYの3人のライムが曲の主役となって空間を支配します。
個人的に、THCの面白みは韻の踏み方にあります。彼らの楽曲は、リスナーが欲しいところ全てでしっかり韻が踏まれている。SIKK-Oが言う通り「ゲームのような感覚で文学的な言葉遊び」がまさに体現できている構成となっています。
また、私はTHCが今後どのようなアーティストになっていくのかが非常に楽しみです。HIPHOPという言葉が一般的な言葉になって浸透し始めたばかりの今日ですが、まだ多くの日本人はHIPHOPを理解していないように思えます。
音楽に正解、不正解はないのかもしれませんが、最近では明らかにHIPHOPアーティストではないアーティストをHIPHOPアーティストとして紹介したり、口にしたりする事をしばしば見受けられます。
では、どのようにしてHIPHOPとHIPHOPっぽいけどそうではない音楽を聴き分ければ良いのでしょうか?
その全ては、THCの音楽を聴くことによって解消されるでしょう。あやふやでグレーゾーンを好み白と黒をはっきりさせたがらない多くの日本人にこれぞHIPHOPというのをわかってもらえる好材料、それこそが「TOKYO HEALTH CLUB」といえます。

彼らの楽曲は、もうスチャダラパーをも超える勢いと私は考えています。1980年代にアメリカからやってきて、高木完や、いとうせいこうといったパイオニアが切り開いた新しいジャンル、渋谷区宇田川町でCOREを追求し続け今もなお進行中の雷家族やRHYME STERそんな前人のクリエイティブな部分を引き継ぎ、辛すぎず、しょっぱすぎず、甘すぎず、HIPHOPとは RAPとはなんなのかを教えてくれるTHC、ぜひ彼らの今後に期待したいですね。

THCの経歴

2010年、多摩美術大学の同級生であるTSUBAME、SIKK-O、JYAJIE、DULLBOYにより結成。
2013年5月、DJのTSUBAMEが運営する著作権フリーのレーベル、OMAKE CLUBから1stアルバム「プレイ」を発表、限定500枚を発売しわずか3カ月で完売。
2014年、2ndアルバム「HEALTHY」をリリース。同アルバムのキラーチューンである「CITYGIRL」が話題を呼ぶ。
2015年、楽曲「ASA」がJ-WAVEスプリングキャンペーンのラジオCMに起用。
2016年、ヒップホップ・R&Bの専門レーベルであるManhattan Recordsと契約。
6月には、同レーベルよりアルバム「VIBRATION」をリリース。

THCのおすすめ曲、おすすめアルバム

正直、おすすめの曲は全てです。THCが今まで発表してきた全ての曲を聴いて頂きたいです。強いて言うならば、「天竺」「CITY GIRL」がおすすめです。今の所、THCの曲にスチャダラパーの「今夜はブギーバック」のようなクリティカルヒット曲はありません。しかし、全ての曲のレベルが非常に高く違和感なく言葉とトラックが素直に耳に入ってくる曲ばかりです。

2016年6月に発売されたアルバム「VIBRATION」。こちらの2曲目に収録されている「Vibration弱」はTHC節を代表するような曲と感じています。少々暗めにループするビートは日本語ラップの初期を思わせるような雰囲気です。続いて3曲目の「ASA」はポップなリズム感ある爽やかなチューンとなっています。通勤、通学中などに聴くと心がワクワクすること間違いなしです。
多くのHIPHOPヘッズ達が望んだ形の現時点での最終形態、それがTHCなのかもしれない。アルバム「VIBRATION」に収録されている「天竺」は聴いているものの想像力を沸き立たせるようなリリックです。JYAJIEのリリックに「飛んだところに迷い込んだもんだ、肝っ玉試される総本山」というフレーズがありますが、これはかなりのパンチラインです。それこそがまさに天竺。THC自身が今まさに天竺に向かい旅しているのかもしれないですね。
また、先ほどおすすめしたCITY GIRLは7インチ盤のレコードで発売、即完売となりました。曲調はいたってシンプルなループ音、MVも都会の街を歩く女性を後方から追っているだけのシンプルな映像ですが、まさに都会の街を歩きながら聴きたい曲となっています。

THCの最新情報

2017年1月7日: RYAN HEMSWORTH JAPAN TOUR
会場:VISION(渋谷)
OPEN: 22:00
出演:TOKYO HEALTH CLUB / Pa’s Lam System / PARKGOLF / TREKKIE/ TRAX CREW / Tomggg / KiWi and more
前売り:2800円
当日 3500円

2017年1月13日: feel so good! Vol.02
会場:Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
OPEN/START:  18:00 /18:30
出演:Lucky Killimanjaro / 仮谷せいら / TOKYO HEALTH CLUB /lyrical school and more
前売り:3000円+ドリンク代
当日:3500円+ドリンク代

2017年1月28日: BAYCAMP201701
会場:川崎CLUB CITTA’+ATTIC
OPEN /START: 15;00 /16;00
出演:Awesome City Club / Wienners / TOKYO HEALTH CLUB / ナードマグネット / フレンズ / 春ねむり / DJ FREE THROW and more
前売り: 3500円+ドリンク代
当日:4000円+ドリンク代

2017年2月18日: Bringly up-vol.1-
会場:VISION(渋谷)
OPEN /START : 17:30 / 18;00
出演:maco marets / TOKYO HEALTH CLUB / 大比良瑞希 and more
前売り:2500円
当日:3000円

2017年3月18・19日: 結いのおと2017
会場:茨城県結城市
OPEN: 10:00
出演:BASI& THE BASIC BAND / KANSANO / LUCKY TAPES / ORLAND /
THE BOYS&GIRL / TOKYO HEALTH CLUB / おおはた雄一&優河/
仮谷せいら / 児玉奈央 / 切腹ピストルズ and more

最後に

TOKYO HEALTH CLUBの音楽はHIPHOP初心者にも入り込みやすく、しかもコアなHIPHOPヘッズをも頷かせる洗練された音楽でしょう。スチャダラパーの再来とも言われている彼らはこのように歌います。

排気ガス、美味しいな。
吸っては吐く吸っては吐く
しんどく、なるくらいに深呼吸
ケミカルぼく、エビシン遊ぶ。(TOKYOGASより)

しんどくなるくらい、RAPを愛し、毎日遊んでいるような感覚でエンターテイメントを届けてくれるTHC。見ていて、聴いていて全く飽きないこの4人組は新しい時代の先頭を走る若者たちです。THCを聴いて育った子供達がRAP を始め、そのRAPPERを聴いた子供達がまたRAPを始める。このポジティブなループは永遠に続くのではないでしょうか。サングラスをかけたおしゃれな4人組は、今日、方向性を見失いかけている日本の音楽文化に多大な影響力をもたらしてくれています。それはかつてスチャダラパーやMICROPHONE PAGERやキングギドラ、雷がそうだったように。TOKYO HEALTH CLUBは今、日本語RAPに新しい風を吹かせている期待の星と言えるのではないでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク