向井太一とは モデルなのにシンガーソングライターというマルチな表現者の全貌を紹介します

音楽リスナーのみなさんこんにちは。

今回は、モデルとしても活躍中のシンガーソングライター、向井太一さんについて調べてみました。「読者モデルがまた音楽なんかやっちゃって・・・」と思ったあなた、今ならまだ間に合います!(笑)

向井太一さんの音楽を聴いて、考えが変わってしまった私と一緒に、ちょっと彼のことを知ってみませんか?

プロフィール

1992年生まれの福岡出身、幼少期より母親の影響でブラックミュージックを聴いて育ったソウルフルな歌声と膨大な音楽知識を兼ね備えたシンガーです。

福岡の音楽高校を卒業後、2010年に上京。ジャズとファンクをベースとしたバンドにボーカルとして加入、東京都内を中心にライブ活動を経て、2013年からは音楽の幅をより広げるためにソロ活動を開始しました。

また、ファッション誌のコラム執筆やモデルとしても活動しており、インスタグラムには1万を超すフォロワーを有し、音楽以外でも活動の場を広げています。

てっきり、モデルさんが音楽を始めたのかと筆者も感じていたのですが、実情は音楽を幼少から聞いて育ちボーカルについて専門に学んだサラブレッドです!

 

活動拠点

東京を中心に活動をしています。
また、SoundcloudやInstagram上で自身の情報を多数発信しており、ファン必見です。

 

所属レーベル

TOY’S FACTORY / MIYA TERRACE

マルチな活動を行い、自身の音楽を公開するSNS「Soundcloud」にアップされた楽曲が好評を得て、2016年にメジャーデビューしています。とても現代的なサクセスストーリーといえるでしょう。

音楽性

ジャンル

ブラックミュージックのソウルフルな歌声を、浮遊感のあるサウンドに変容させて、現代的なビートトラックに乗せることで独自のR&Bスタイルの音楽を表現しています。

プロフィールにはシンガーソングライターとあるように、メロディや歌い方から、ブラックミュージック、特にソウルやR&Bの知識が深く、そういった歌モノとしての音楽性が強いことがよく伝わってきます。

また、向井太一の音楽性で特徴的な点に、ソロでの活動ながら、自身の楽曲に対してトラックメイキングやプロデュースとして、気鋭のミュージシャンやクリエイターと積極的にコラボして、自在な楽曲制作を行っていることが挙げられます。2nd EP「24」ではグラミー賞の候補にも挙がった「starRo」や、「yahyel」「grooveman Spot」など、最先端のビートとテクスチャを表現するミュージシャンを従えています。ただの歌モノでは収まらない、浮遊感のあるボーカルテクスチャー、硬質でクールなビート、など世界レベルのトラックが次々生みだされています。

 

影響を受けたアーティスト

ザ・ウィークエンド(The Weekend)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。