アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

【東京】今後注目間違いなしのおすすめインディーズバンド【随時追加】

スポンサーリンク




流行の発信地とも言える東京。今回は、そんな東京の音楽シーンの最前線を走る音楽アーティストを集めてみました!
この記事で2017年最新の音楽事業を知ってもらえたら本望です。皆さんCDやライブにいき、音楽から日本を盛り上げていきましょう!

はじめに
アーティスト紹介の前に、アーティストの選定基準についてお話しします。
インディーズバンドとは」こちらの記事でも書いている通り、今日ではインディーズバンドとメジャーバンドの境目がなくなってきています。一見、メジャーバンドの方がインディーズバンドよりも収入が多いイメージがありますが、現代ではその定説は通用しません。理由としては、このWEBページやSNS等リスナーの皆さんが手軽に様々な情報を手に入れられるような時代になったからです。インディーズバンドの中には、かつてのMONGOL800やゴールデンボンバーのように明らかにメジャーより稼いでいるバンドが存在します。しかし、このページを見ている皆さんは、既に
有名なバンドではなく、まだ知らない・流行っていないバンドを求めているかと思います。なので、今回はインディーズバンドに対してある基準線引きをして、まだ有名でないアーティストをピックアップしたいと思います。その基準は、
・2017年1月、活動中であること
・インディーズレーベルに所属していること
・Wikipediaが作られていないこと
とします。一部例外はありますが、今回は上記の基準を満たしているアーティストを紹介したいと思います。
また、一押しのアーティストを知っている方がいれば、ぜひご連絡いただきたいです!右記連絡先までお気軽にお願いいたします。
それでは、紹介に移りたいと思います。

Betcover

 

異端児ながら注目を集めるノンジャンルミュージシャン、Betcover!!

正しくは、「Betcover!!」です。

このバンドを初めて聴いたときの第一声は「・・・なにこれ」です。決してけなしていませんが、かといって褒め言葉でもなく、しかし強烈な印象の残るサウンドであった事を覚えています。

メンバーは、ヤナセジロウ(Vo. Gt.)、トヨダ(Key. Syn. Cho.)、シュウ(Dr.)の三人。

本人たちは音楽の影響について、ブラックミュージックを挙げています。確かにそのメロディーに歌謡曲くささはあまり含まれず、ブラックミュージックらしい知的なポップさに溢れています。

しかし、その後ろで鳴っている音が何とも不思議です。

彼らの楽曲はいわゆる「R&Bならこう来るだろう」と言った音作りではありません。ベースがやたらに歪み、そこにキラキラのキーボードが乗っかてきて、クリーントーンでピロピロ弾いていたはずのギターがオーヴァードライブを響かせてからんでくる。

カオスです。一つ一つの音の完成度が高いだけに、それぞれの合わさった時の印象はかなり異質です。メンバーがこういう音作りしかできない初心者ならば、それで済むのですが、この音は楽曲ごとに様変わりします。「いや、このメロディーでその音はおかしいだろう」という裏切りが何度も登場します。そして、これが曲を聴いている内に耳馴染みが良くなってくるからまた何とも不思議なのです。

そんな彼らですが、ロッキング・オンが主催するアマチュアコンテストの「RO69JACK 2016 WINTER FINAL」で優勝するなど、その音楽性は徐々に世間に認められ始めています。どうかその異端さを引っ込める事無くむき出しにして、今の音楽シーンに突っ込んでいてほしいと願っています。

おすすめ曲は「いつかの魔術師」

LUCKY TAPES

[official siteより]

 

7.80年代ブラックミュージックを正統に受け継いだオシャレバンド、LUCKY TAPES

LUCKY TAPESは高橋海(Vo. Key.)、田口恵人(Ba.)、高橋健介(Gt.)の3人組で構成、近年では都心に留まらず全国ツアーも展開するなど、活動の幅を広げています。ライブではコーラス、トランペット、サックス、トロンボーンなどサポートメンバーを効果的に取り入れ、CD音源のようなリッチな演奏を展開しています。筆者もしばしばライブを見に行きますが、正規メンバーの3人でライブを行っているところは最近では見られなくなりました。

バンド名の由来としては、ユニークなバンド名の由来はおしゃれだと思う単語をいくつも挙げて、そのなかから組み合わせてできたものなのだとか。でも、後付けで「聴く人を幸運にする音楽を作る」という意味も加えられました。

2014年結成当初から演奏力の高さとオシャレな楽曲で注目を集め、2015年リリースのデビューアルバム「The SHOW]が大ヒットを記録、2016年にはフジロックフェスティバルに出演しています。彼らの音楽の特徴は、影響を受けたミュージシャンでもあるマイケル・ジャクソンやEarth Wind & Fireに代表されるような70~80年代ブラックミュージックのアレンジ、ミスチルやゆずなどからの影響によるJ-POPメロディが印象的です。さらに近年のミュージシャンではToro Y Moiに影響を受けており、様々なアーティストのエッセンスを取り入れLUCKY TAPES調の音楽に昇華させています。その音楽性を一言で形容するなら「本格的アレンジのチルウェイブJ-POP」というところでしょうか。

上記の通り、洋楽からも多くの影響を受けている彼らですが、決して日本人の枠組みをはずれることはいい意味でなく、日本人好みのメロディを提供し続けています。ホーンセクションも加わったソウルフルなアレンジで、甘くうっとりするような都会的なサウンドを聞かせてくれるバンドです。

所属レーベルはRallye Label。おすすめ曲はアルバム「Cigarette & Alcohol」より「レイディ・ブルース」。女性コーラスも加わり、流行りのシティポップを彼らなりに解釈した1曲で、彼らの良さが全て詰まっています。

おすすめしたいアルバムはCigarette & Alcohol [ Lucky Tapes ]

Brian the sun


[official siteより]

 

US ROCK × ジャパニーズミュージック = Brian the Sun

2007年大阪で結成された、森良太(Vo.Gt.)、白山治輝(Ba.)、小川真司(Gt.)、田中駿汰(Dr.)からなる4人組バンド。TOKYO FMの人気番組「SCHOOLOF LOCK!」主催の10代限定フェス「閃光ライオット2008」で準グランプリを受賞したことをきっかけに、そのラジオ番組内から注目を集めるようになりました。

受験のため一時的に活動休止状態となりましたが、2009年以降はライブも度々行うようになり、2010年に現在のメンバー編成に至りました。

バンド名の由来は彼らが敬愛するArctic Monkeysの「Briansrtorm」から思いついたのだそう。曲中に出てくる「Brian」は革新者として歌われていて、彼らもそんな音楽業界を太陽のように照らす革新者になりたい、という思いが込められているそうです。

確かに、彼らのサウンドにはArctic Monkeysを彷彿とさせるギターリフの曲もありますが、そのほかASIAN KUNG-FU GENERETIONやELLEGARDENにも影響を受けたと公言しており、ジャパニーズロックらしい美メロサウンドも特徴の一つです。

2016年にはついにEPICレコードと契約しメジャーデビューを果たしましたが、未だインディーズバンド色をいい意味で残しているこれから期待のバンドです。

おすすめ曲は2017年1月11日リリースのメジャー1stミニアルバムのタイトル曲「パトスとエートス」。イントロから彼ららしい武骨なギターサウンドから始まるのですが、結成当初の粗々しさがそぎ落とされ、うねるベース、手数の多いドラムをインテンポで演奏、技術がしっかりと備わったことを確信させる一曲となっています。

おすすめしたいアルバムは「パトスとエートス [ Brian the Sun ]」

 

湯木慧

[出典:official youtubeより]

 

音楽活動だけじゃない!幅広い芸術の才能を開花させるシンガーソングライター、湯木慧

湯木慧は、現在17歳のシンガーソングライター、絵による活動も行っている多彩なアーティストです。読み方は、ゆきあきら。そんな彼女は、9歳のとき小学校のクラブでトランペットを初めて以来、ギターを始めたり、吹奏楽部に入ったり、ニコニコ動画などの動画投稿サイトを媒体に、幅広く音楽活動を続けてきました。

特に、16歳から東京にて路上ライブやライブハウスでの弾き語りを始めてからの活動の活発さはすさまじく、平均して月3回ほどのペースでライブを行っている、現在進行形のアーティストです。2017年からは新しく「LD&K」という事務所レーベルに所属することになり、アルバムの発売も予定されています。今後の活躍が楽しみです。

彼女が手掛ける楽曲のほとんどは上記の通り弾き語りとなります。ときに静かに、ときに激しくアコースティックギターをかき鳴らしながら、情熱的に自分の中の思いを吐露するかのように歌い上げます。似ているアーティストを挙げるならば、Miwaではないかと思います。彼女が好きな方なら一聴の余地ありでしょう。歌詞に込められた思いをそのまま表現するかのような歌いっぷりには圧倒されます。17歳だからこそ歌うことのできるストレートな表現に注目です。

初めて聴く方には、オリジナル曲「傷口」をおすすめします。これまでの経験を元にしたかのようなリアルな歌詞は、じっくり聴くとしんみりとした気分になります。ギターの演奏も、激しいところは激しく、落ち着いたところは静かに、バッキングとしての彼女のボーカルを引き立てる仕事を十分に果たしています。

おすすめしたいアルバムは「決めるのは“今の僕”、生きるのは“明後日の僕ら” [ 湯木慧 ]」。

湯木慧のプロフィールやおすすめアルバムなど、もっと詳しい紹介はこちらから。

 

香純


[official site より]

 

平成生まれの激情系シンガーソングライター、香純

香純は、1992年埼玉県出身の「激情系シンガーソングライター」です。読み方は「かすみ」。高校2年生で作曲を始め、その翌年には1stDEMO「convenient」を発売しました。現在もライブを頻繁に行われている活動的なアーティストです。香純自身が立ち上げているブログも更新頻度が高いです。また最近には、オフィシャルサイトがリニューアルされ、今後の活動に期待できるアーティストの1人です。

香純の歌声は、おしとやかというよりはロックで激しい歌声です。曲を聴いて、Superflyを連想する人もいるかもしれません。演奏は、アコースティックギターによる弾き語りが中心ですが、優しいバラード調の曲は少なく、様々な音を重ねることにより、一層の激しさを生み出しています。

また、ボーカルのメロディラインがはっきりしているため、ボーカルが強調されているポップソングをよく聴く方にもおすすめできるアーティストです。彼女はギター1本ではありますが、その激しいボーカルと印象的な歌詞で、聴けば聴くほど心がしめつけられるような思いになること間違いなしです。

初めて聴く人には、先ほど紹介した1stDEMO「Convenient」をおすすめします。彼女の持つ歌声が思う存分発揮されており、サビの直前に入るブレイクが非常に心地よい1曲です。Youtubeにも公式にupされているので必聴です。

 

 

まとめ

5組という少数ではありますが、都内にて活動中でこれから有名になるであろうインディーズバンドについて紹介いたしました。いかがでしたでしょうか。

今回はあえてジャンルの垣根を越えた紹介をしてみました。今後もこういった形でおすすめしたいアーティストに関して記事をリリースしていきたいと考えていますので、定期的にご覧いただけたなら幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク