アーティストを有名に

IndiesMateでは、インディーズアーティストの紹介文を募集しています。世間では発掘されていないアーティストをもっと有名にさせたい方はこちらをご覧ください。

惑星アブノーマルとは 万華鏡のような音楽性を持つカオティックな2人組ユニットをご紹介

スポンサーリンク




今回は、万華鏡のように変わる音楽性とそれを見事に使いこなす実力派インディーズバンド「惑星アブノーマル」を紹介していきます。

 

[出典:OKMusic]

プロフィール

メンバー
アレックスたねこ(vo.)
テナ・オンディーヌ(key.)

楽曲を二人だけで演奏する事はほとんどなく、サポートメンバーが随時入り様々なバンド形式で活動しています。

バンド名の由来
たねこいわく「変な事をしよう!」とのコンセプトから、このユニット名になったとのことです。本人としては、チャットモンチーや、ねごとなどのキュートさをイメージして付けたそうですが・・・、実際にリスナーが受ける印象はだいぶ違うようです笑。

結成秘話
出会いは、彼女たちが所属していた洗足音楽大学(ロック&ポップコース)にて。一期生だったアレックスたねこ(以下たねこ)の選抜学内ライブを偶然観たテナ・オンディーヌ(以下、テナ)が彼女のファンになり、二期生として大学に入学します。このような経緯もあり、当時のテナにとってたねこは憧れの存在であり、ずっと彼女の追っかけをしていたと語っています。たねこの方は、べったりと張り付いてくるテナを最初は怖いと思っていたそうですが、当時、たねこが組んでいたバンドのキーボディストが脱退した(というより自身がクビにした)ことがきっかけとなり、テナとセッションする機会に恵まれ、彼女の出す音色(たねこいわく「鍵盤の普通の音にシュワーっていう豪雪みたいな音を混ぜていたり、とにかく聞いたことない音」)に衝撃を受け、バンドへの加入が決定。その後、「あれ? この子以外に別にいらなくね?」と思い立ち(笑)、他のメンバーを次々と辞めさせた結果、二人組の音楽ユニット、惑星アブノーマルが誕生します。

所属レーベル
redrec(レーベル) / sputniklab inc. (有)スプートニクラボ
に所属しています。他のアーティストとして、OKAMOTO’s、毛皮のマリーズが在籍しています。

活動拠点
東京を中心に活動中。バンド形式のライブだけでなく、アコースティックライブや路上ライブなども積極的に行っています。ライブは本人たちが「同じようなライブは絶対やらない」と語る通り、音楽だけでなく演出にも力を入れており、台本を制作して小芝居や茶番(本人談)を展開する事もあります。

経歴

2013年 結成
○2013年3月 ミニアルバム「何でもない凶器」をリリース

・収録曲「転生」がNHK-FM「ミュージックライン」2月 3月エンディングテーマに決定。

○2013年10月 ミニアルバム「アナタソナタ」をリリース

・収録曲「愛してやまない」がUSENインディーチャート1位を記録し、テレビ東京「プレミアMelodiX!」10月度エンディングテーマに決定。
・収録曲「流星」が読売テレビ・日本テレビ系「カミングアウトバラエティ!秘密のケンミンSHOW」エンディングテーマに決定。

●2014年5月
TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014への出演を果たす。

○2015年7月 ミニアルバム「ココロココニ」をリリース

○2016年7月 ミニアルバム「VIVI de VAVI de LOVE」をリリース

・収録曲「BE P!NK」がテレビ東京系列「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」の7月度エンディングテーマに決定。
・収録曲「BE P!NK」がUSENインディーチャート1位を記録。
・収録曲「LET IT DIE ~時をかける殺し屋~」がガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社より発売されるPS4用ゲーム「LET IT DIE」の公式コラボ村議に決定。
[引用:official site より]

音楽性

彼女らの音楽を初めて聴いたとき、とにかく最初に気付くことは、その音楽の多様性でしょう。楽曲ごとに曲の雰囲気、コード進行、楽器陣や歌唱法までもが変化します。このような理由から、彼女たちの音楽ジャンルを「これ」と決め付けるのは非常に難しいです。
ここでは、彼女たちの楽曲を無理矢理にカテゴライズする前に、アルバムごとの音楽性の変遷から紹介したいと思います。

ファーストアルバム「何でもない凶器
バンドアンサンブルによって、ダークな世界観を演出したスタンダードなロックサウンドとなっています。本人たちも影響を公言していますが「椎名林檎」あるいは「東京事変」を彷彿とさせる部分が非常に多いことがこのアルバムの特徴です。たねこの歌い方もそうですが、疾走するAメロから、タメの効いたBメロへの切り替えは、まさに椎名林檎が得意とする手法といえるでしょう。

セカンドアルバム「アナタソナタ
前アルバムでのダークさが消えうせ、ポップで明るい楽曲が並ぶのがこのアルバムです。一方で、リズムワークや曲構成はさらに複雑化し、キャッチーなメロディーとは裏腹に演奏はスリリングで聴きごたえのあるアルバムに仕上がっています。たねこのヴォーカルは、前回のアルバムで用いた過剰なフェイクは使用せず、基本は響きを意識した綺麗なヴォイスで歌いあげています。
本人たちは「前作と二つで名刺代わり」と語りますが、この変化に戸惑ったファンも多かったようです。

サードアルバム「ココロココニ
ロックに立ち戻るかたわら、キーボードの音色のバリエーションがさらに広がり、垢抜けた開放感のあるサウンドが特徴なアルバムです。アレンジが豊富なのは相変わらずですが、音数がさらに増え、豪華な仕上がりになっています。ロックな楽曲の中にもエレクトロニカやファンク、J-POPなどの要素を取り入れ、カオティックなサウンドとなっています。

以上のように、アルバムごとに楽曲のカラーが違い、一定のジャンルに留まる事はほとんどないと言えます。ただ、本人たちは「キャッチーであること」を重視していると語っており、言葉通り様々な形態を取りながらも一貫していることは、とても耳馴染みの良い、印象に残るメロディーを奏でている事です。

影響を受けたアーティスト
では、そんな惑星アブノーマルの多様性のルーツを探っていきたいと思います。
楽曲のソングライティングを担当するたねこは影響を受けたアーティストに椎名林檎、柴田淳、宇多田ヒカルを挙げています。それぞれ音楽ジャンルは違いますが、自らソングライティングを行うという点、それぞれのジャンル、世代で多大な影響力を持つアーティストという点で共通点がありますね。たねこ自身は、彼女たちの魅力を多種多様な音楽を表現できるところだと評しています。「自分の中にある物語を全部表現したい」と楽曲制作に対する姿勢を語るたねこにとって、様々な音楽を自在に使いこなす彼女たちは憧れであり、目標でもあるのでしょう。
つまり、惑星アブノーマルは作曲・作詞家であるたねこの自己表現の場であり、語られるストーリーによって、それを表現するための音楽も形を変えていくというスタイルが、その音楽性の根幹と言えそうです。

メンバーの特徴
それでは、楽曲を演奏するメンバーそれぞれの特徴を見ていきましょう。

「アレックスたねこの歌」
多種多様にアレンジされた楽曲を情感たっぷりに歌い上げるアレックスたねこの歌は、このバンドの象徴と言っても良いでしょう。
ら行を強調した巻き舌や喉の奥で声をひっかけるような歌唱法は、本人も影響を公言する椎名林檎からと考えられます。そのせいか、ネット上ではヴォーカルが椎名林檎の物まねのようだと揶揄するコメントなども見られますが、ベースの声質が異なるので、そう一概には言えないでしょう。椎名林檎が声帯をあまり開けない線の細い声質なのに対して、たねこは声量と響きに重きを置いた伸びのある声質です。たねこは、あくまでひとつの技として「林檎歌唱法」を実践していると考えることが妥当でしょう。
実際、「息衝く」などの曲では、巻き舌などは用いず、伸びやかに歌い上げています。多様性のある音楽を本懐とする惑星アブノーマルにおいて、たねこの声が一定せずに常に変化しているのは当然の事なのかもしれません。

「テナ・オンディーヌのキーボード」
とにかく音色のアイデアが豊富で、終始遊んだようなメロデイーで曲にからんできます。楽器が少ない曲ではシンプルなバッキングをこなす事もありますが、バンドアンサンブルの場合では必ずと言っていいほど、エフェクトをかけた音色で楽曲に彩りを与えます。ロック調の曲でも彼女の音色が入る事でテクノやダンスミュージックの要素が加わったり、ループ系のサウンドに早変わりするので、このバンドには欠かせない要素と言えますね。キーボードがギターなどの楽器のサポートを担わずに常に前面に出てくる事には賛否あるとは思いますが、元々、「聴いた事も無い音を出す」というところをたねこに気に入られた経緯からも、このバンドにおいての彼女の役割はそこにあり、無難なサポートよりも唯一無二の音色を奏でる事が、惑星アブノーマルにとって最も重要な仕事だと言えるでしょう。

詩世界
たねこ自身が奔放な性格をしているせいか、歌詞も人の痛いところやひ弱な部分を突いた独特なものが多いです。
特に好きな男にまったく振り向いてもらえず、振り回されるダメ女の曲を歌わせたら、右に出るものはいないのではないでしょうか?かといって、歌詞が暗くなる事はなく、報われない女の辛さやみじめさをとてもユニークに、シニカルにまとめており、非常にセンスを感じます。

おすすめのアルバム

何でも無い凶器 – EP – 惑星アブノーマル
記念すべきファーストミニアルバム。たたみかけるように疾走するロックサウンドと終始漂うアングラな空気で、耳に残る印象的な楽曲が多いです。アレックスたねこいわく、「一番出しやすい部分を寄り集めた」アルバムであり、統一された世界観は非常に完成度が高いといえる作品です。
一方で、「ずっと何でもない凶器にいるつもりはない」とも発言しており、その言葉通りこのアルバムのリリース後から、彼女たちの音楽性はどんどん変化していきます。そんなバンドの歴史の出発点を知る意味でも、おすすめのアルバムの1つです。

何でもない凶器の楽曲紹介
複雑なリズム変化にコミカルな歌詞が楽しい「フラレ唄」
荘厳なピアノの中を王道ロックリフで疾走するキラーチューン「月夜海水浴」
静かな立ち上がりから、ラウドに展開する「犬」
曲の雰囲気がセクションごとにくるくると変わり、ヴォーカルの器用な歌い分けが魅力の「神様ごっこ」
これらの楽曲を収録するのがこのアルバムです。少しでも湧いたのなら、是非聞いてみてください。

ココロココニ – EP – 惑星アブノーマル
3rdアルバム。本人たちは王道ポップを意識して作ったと語っており、その言葉通り、今までのアルバムに比べて明るくポップな楽曲が多いです。
今回のアルバムの特徴としては、音楽プロデューサーの鈴木Daichiをアレンジャーに迎えて制作されたという点ですね。テナいわく「アレンジャーさんに助けていただいたことによって、たねこの思い描いていたイメージが納得いく形になった」と語っており、本人たちがまた一歩、理想の音楽に近づいたアルバムと言えるでしょう。

楽曲紹介
うまくいかない恋の憂いをポップなロックチューンでたたみかける「ムテキの恋人」
エレクトロニカを思わせる電子系サウンドが心地よい「クローン」
ハネ系のリズムで軽やかに展開する「美術Ⅱ」
伸びやかなたねこのヴォーカルが魅力のバラード「息衝く」
人生を彼女なりのシニカルとポジティブさで歌い上げる「人生はロマンティック」
以上のラインナップを収録したアルバムとなります。

おすすめの楽曲

ぬすっと – 惑星アブノーマル
アルバム「何でもない凶器」のオープニング曲。印象的なブレイクで始まり、強烈なドラムのフィルインから一気に加速します。
途中に拍子が変わるセクションもありますが、リズムが変わってもノリを失わないのは、楽器陣の技術の高さでしょう。たねこのボーカルもしゃがれを強調したスモーキーな歌い方で、ロックサウンドによくマッチしています。ダークな世界観と王道ロックコード、フックの効いたアレンジとこのアルバムを象徴するような曲です。

愛してやまない – 惑星アブノーマル
アルバム「アナタソナタ」収録。
J-POPを思わせるスタンダードな歌ものですね。こういった曲をさらりと良曲に仕上げるあたりに彼女たちの音楽性の幅広さを感じます。とはいっても、もちろんただのJ-POPサウンドで終わるわけはなく、音数をどんどん増やしてアレンジ加えていくところは、十分に彼女らしい個性として曲に表れています。

美術II – 惑星アブノーマル
アルバム「ココロココニ」の収録。
ハネ系のリズムにどこか中華を思わせるメロディーが乗り、とても軽快な曲です。うねるベースとはねたドラムでノリを出し、その上にピアノ調のキーボードを自由に乗せていくという奔放な曲です。テナにしては珍しくエフェクトを使った音が少なく(間奏には登場しますが)、メロディーのアレンジで個性を出している曲ですね。複雑なリズムの変化の上をふわふわと乗りこなすキーボードのメロディーラインは、エフェクトがたっぷり効いた他の曲とはまた違った魅力があります。

BE P!NK
アルバム「VIVI de VAVI de LOVE」収録曲。
テクノやループ系のジャンルを思わせる旋律がキャッチーなメロディーラインで歌われるため、非常に聞きやすい曲です。今までのアルバムには無かった曲調ですね。楽器はドラムスの他にパーカッションも加わっていますが、曲自体がシンプルな分、ライブごとに色んな楽器を入れてどんどんアレンジしていける曲とも言えます。豪華なアレンジを得意とする彼女たちにはぴったりの曲と言えるでしょう。テナのキーボードもいつも以上に気合が入っているように聴こえます。

惑星アブノーマル好きにおすすめのアーティスト

東京事変
惑星アブノーマルを気に入るならば、無条件でおすすめのバンドです。
癖のあるボーカル、ロックだけに留まらない守備範囲の広い演奏能力、そして、貪欲に変化しながらもポップさを失わないアレンジなど方向性が非常に近く、共に魅力があります。
敢えて違いを挙げるならば、東京事変はメンバーそれぞれがソングライティングを行い、バンド内で融合させて作曲していくというアプローチなのに対して、惑星アブノーマルの場合は、アレックスたねこの頭の中にある音楽の具現化を目指すために、メンバーすら変化させて作り上げていくという点で違いがありますね。聴き比べる際にはそれらを意識してみるとまた違ったそれぞれの特性が見えて面白いです。

メンバー
椎名林檎(ヴォーカル)
亀田誠治(ベース)
刃田綴色(ドラムス)
浮雲(ギター)
伊澤一葉(キーボード)

旧メンバー
書海幹音(ギター)
H是都M(キーボード)

おすすめのアルバム 「大人 – 東京事変

東京事変は残念ながら、2012年1月に解散していますが、椎名林檎自身はソロで活動を続けています。これからの彼女の活動にも注目ですね。

ジャニス・イアン
「Will you dance?」など、世界で知られるヒット曲を持つアメリカの伝説的なシンガーです。椎名林檎が自身のヴォーカルの参考にしたと言われており、彼女の代表曲である「Love is blind」もカバーしています。その叙情性のあるムーディーな歌声は、確かな影響を見て取れます。
わずか16歳で差別批判を題材にした曲で衝撃的なデビューを飾るなど、話題性がある点も共通していますね。彼女たちのルーツを知る意味で聴いてみるのも一興かと思います。

おすすめしたいアルバムは「Live On the Test 1976 – ジャニス・イアン

つしまみれ
3ピースガールズロックバンドです。キーボードはいないので、惑星アブノーマルのようなシンセサイザーによるエフェクトの効いたアレンジはありませんが、メロディーやリズムに非常に癖があり、アレンジの種類が豊富です。そのスタンスはガールズポップバンドとは一線を画すものがあり、一癖も二癖もある楽曲群は、惑星アブノーマルに通じるものがあると言えるでしょう。

メンバー
まり(河野真理 ギター、ボーカル)
やよい(津嶋やよい ベース)
みずえ(益田瑞恵 ドラムス、コーラス)

おすすめアルバム「脳みそショートケーキ – つしまみれ
カオティックなアレンジながら、ポップに聴けるメロディーと歌詞を両立させた秀作です。硬派なガールズバンドを聴きたいのならば必聴です。

最新ライブ情報

カヨコ New Single「LOVE IS BAD COMEDY!」リリースパーティー Ver.TOKYO‬
1/12(木)@東京・渋谷CHELSEA HOTEL
CAST:‪カヨコ(バンドスタイル)‬ / vivid undress‬ / YANAKIKU‬ / 惑星アブノーマル‬‬

DENSHI JISION Presents 惑星アブノーマルと化学反応
1/20(金)@下北沢GARAGE
CAST:DENSHI JISION / 惑星アブノーマル

[引用:official site より]

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
癖が強いが故に、はまってしまうとなかなか抜け出せなくなる中毒性を秘めた「惑星アブノーマル」。今回の記事でもし興味を持たれたならば、ジャンキーになるのを覚悟の上で一聴される事をおすすめします。

IndiesMateでは、好きなバンドを応援したい方、自分のバンドをPRしたい方を募集しています。今回の記事と同じような紹介文を無料で掲載することができますので、気になる方はぜひこちらのページをご覧ください。

スポンサーリンク