yahyelとは 2017年最新型バンド“宇宙人”を意味するバンドの生態

スポンサーリンク




音楽好きのみなさんこんにちは。

みなさんは、「yahyel」という徹底的に構築された圧倒的な世界観を持つ気鋭のバンドをご存じですか?世界を標準に向けた活動を掲げており、2015年の結成からすでにヨーロッパツアーを敢行、海外レーベル『Beat Records』からデビュー、などいまその動向が注目されています。

また、宇多田ヒカルのMVを制作した映像作家dutch_tokyoこと山田健人がVJメンバーとして在籍し、時代の潮流をすばやく取り込んだ音楽性とアートワークで、これからますます活動が大きくなっていくであろうバンドです。今のうちにどんなバンドなのか、ここで予習しておきましょう!

[official twitterより]

プロフィール

バンド名の由来

「やいえる」という読み方をします。

「yahyel」というバンド名は、ニューエイジ思想に登場する“バシャール”の言葉に由来しています。ニューエイジ思想では、2015年以降に人類が最初にコンタクトを取る未知の文明を「yahyel」と呼んでおり、2015年に活動を開始した自分たちに重ねて、宇宙人のようなどこにも属さない存在を意識して命名しています。

結成

2014年12月ごろより、ボーカルの池貝とサンプラーとコーラスを担当する篠田が共同で楽曲制作を開始しています。

2015 年3 月に篠田が池貝と後にシンセサイザーとコーラスを担当する杉本を引き合わせ、yahyelとして活動開始しました。さらに、VJ に山田健人、ドラムに大井一彌を迎え、現在は5人組で国内外を問わず活動中です。

メンバー

2017年現在、公式ホームページにはメンバーのプロフィールに該当する情報がなにも載っていません。理由としては彼らのスタンスとして、個人的な情報を排除した身体性にとらわれない匿名性の高い音楽活動を行っていることが挙げられるでしょう。

中心メンバーの池貝、篠田、杉本は海外に在住した経験があり、日本という枠組み、また、日本人という枠を超えた活動を目指しています。年齢もホームページには記載はありませんが、初期メンバーの3人の平均年齢は23歳だそうです。

噂によるとメンバーの中には複数人、慶應義塾大学出身の学生がいるようです。現役時代には三田キャンパスの喫煙所によくいたそう。海外経験が豊富と言うことも頷けますね。

 

ボーカル 池貝峻

ブルースの影響を感じさせる高い歌唱能力と、特異な狂気性をはらんだ作詞能力を兼ね備えたボーカルの池貝。アメリカのモンタナとスウェーデンで過ごした経験があり、当時アメリカでは本場のブルースに傾倒、スウェーデン時代は主にコペンハーゲンのクラブに出入りしていました。

音楽を始めた当初から作曲を行っており、ボイスメールに何百とデモを作成しながら自身の音楽性を広げていったそうです。また、英語を用いたシニカルなイメージのある作詞の面では、ニック・ドレイクやトム・ウェイツの影響を受けたそうで、特にトム・ウェイツに関して、本人曰く、「東京にはない感じの退廃的な生活をしている人たちのポートレートみたい」と評しており、池貝が持つ独特な世界観の構築に影を落としているように感じられます。

 

サンプリング 篠田ミル

池貝と杉本が作成したデモに対して、多彩な音色を選択して現代の音楽のコンテクスト(文脈・背景)を表現する篠田。また、メンバーからも「コンテクストの整理という部分ではミルくんがかなり力になってくれています」と評される通り、様々な音楽の文脈を整理しながら、それらを新しい形で接続するディレクターのような役割を担っています。

高校生のときには、ガレージロック・リバイバルに触発されて、初期衝動的にバンドを開始、当時はストロークスなどを演奏していたといいます。また、コンセプチュアルアート(※)への造詣も深く、マン・レイやデュシャンの作品に感化、作品として成立することの意味を、自身の音楽的ルーツである、ポストパンクやニューウェーブと比較して考えていたという。こういった他のアーティストにはない篠田の背景がyahyelの独特な音楽性構築に一役買っているのでしょう。

※コンセプチュアルアートとは、1960~1970年代にかけて流行した現代芸術の一派。現代でもその潮流は引き継がれており、一般的な作品のように対象物の外的な特徴を作品に映し出すのではなく、それの核となっている観念や思想を作品に映し出す手法。

 

シンセサイザー 杉本亘

シンセサイザーではありますが、池貝から投げられたデモ曲を元にトラックメイキングを杉本が行っています。「僕のトラックメイカーとしてのサウンドの分析」と自身で語っている通り、池貝が提示したデモ曲に最新の音楽の匂いや質感を与える役割を担っています。

アメリカのロサンゼルス生まれ、ワシントン育ちで、高校時にニルヴァーナのカヴァーで音楽をスタート。当時から作曲も担当しており、プロデュース能力にも長けているのではないでしょうか。また、ドラム担当の大井とは別バンド「DATS」ではボーカルとして活動しており、そちらはyahyelに比べフィジカルな音楽制作を意識しているそうです。

 

VJ 山田健人

dutch_tokyoの名前で、Suchmosや篠崎愛、最近では宇多田ヒカルの「忘却 featuring KOHH」のMVを手掛ける新進気鋭の映像作家。yahyelではライブVJとMVの両方を担当。ほかにもtempalay、umber session tribeやYogee New Wavesなど、勢いのある若手ミュージシャンのMVを年間で20本近く手がけ、撮影から編集まで一人で制作するのが特徴。

yahyelのライブでは、映像をメンバーごとステージ上に投影し、自身もステージに上がってパフォーマンスを行います。VJを行うことで、バンドのテーマである「匿名性」を高め、具体的な身体性を喪失させる役割を担っているそうです。

 

Dr. 大井一彌

杉本と別バンド「DATS」でもタッグを組む新字体のドラマー。yahyelの楽曲は、肉体的にビート刻むというより、システム的なリズムや無機質な音像であることが多いが、それを人間の肉体を通すことで有機的に変質させる役割を担っています。

 

活動拠点

メンバー全員が東京に住んでいますが海外レーベル「Beat Records」に在籍し、国内外という境界にとらわれない独自の活動を展開しています。また、欧州ツアーなどもすでに経験しており、将来的には欧州のシーンへも進出したいとも語っています。

 

所属レーベル

Beat Records
海外レーベルで歴史も長く、前衛的な在籍アーティストも多いです。他の所属アーティストは原摩利彦、under world、spoonなど。

 

音楽性

ジャンル

ジェイムス・ブレイク以降のポスト・ダブステップの文脈を感じるトラックに、R&Bの歌声を取り入れた最新の洋楽ポップススタイルをyahyelは持っています。独自の、という表現よりも、世界の先端にあるポップミュージックを、東京で表現している、といった印象です。それは「バンドが世界に進出していくというよりも、世界で起こっていることをバンドに取り入れることによって、自分たちのいる場所でどう活性化していくかっていうこと」という彼らの言葉からも見て取ることができるでしょう。

とかく独自性が良いものとして紹介されることの多いインディーズシーンにおいて、「世界で起こっていること」を、正確にインプットして、自身の音楽へとアウトプットする、極めてスタンダードなスタンスで音楽に取り組んでいるのが特徴です。

音楽の内容について簡単にまとめると、極端に個人性、パーソナルな表現を排除する傾向があり、無機的で硬質な世界観が一貫しています。ビートは最先端のビートミュージックに根差しており、ゆらぎのある跳ねたビートや、切り刻まれたようなリズムの積み重ね方は、近年のヒップホップやジャズシーンに興味がある人間には「おっ」と思うところが多いのではないでしょうか。

それでも、あくまでポップスとしてご紹介しているのは、歌に対するアティチュード(態度・考え方)がソウルフルだからです。音色の加工によって、声の質感は無機質に変容しているのですが、歌っている池貝の呼吸まで聞こえてくるような、本格的なR&Bシンガーの匂いがyehyelには確かにあり、この相反する2つの要素をミックスするバランス感覚が、楽曲を聴いていてリスナーを気持ちよくさせるポイントだと思います。

 

傑出したサウンド面が強調されがちですが、本人たちとしては歌そのもののポップさに注目してほしいという思いも強いそうです。歌詞はすべて英詩で、パッと聞いただけではわかりにくいのですが、暗喩や色彩で表現された世界観は、どこか狂気をはらんだ内容もあり、知れば知るほど奥が深い印象です。また、これらの歌詞と音像から、制作されているMVもまた世界観が統一されており、音・歌・映像まですべてがyahyleの世界には必要不可欠なのでしょう。

 

影響を受けたアーティスト

yahyelは、スキのない完成度で構築されたバンド世界を持っているので、一概には断定がしづらいバンドだと思います。全員に共通するミュージシャンとして、歌を軸としながらサウンドはエレクトロやヒップホップの文脈を取り入れている「チェット・フェイカー」に「SBTRKT」、そして「ジェイムス・ブレイク」を挙げています。

 

チェット・フェイカー

オーストラリア、メルボルン出身のシンガーソングライター。ジャズミュージシャン、チェットベイカーの名前を拝借している。R&B的な歌唱に、ヒップホップ系のビートを合わせたスタイルが話題になり、世界中で大ブレイクしました。匿名性のある活動、という共通点がありましたが、2016年に、本名のニック・マーフィー名義での活動をスタートしています。

 

SBTRKT

ロンドンのミュージシャン、アーロン・ジェロームのプロジェクトで、引き算、を意味します。その名の通り自身の身体から音楽を切り離すために、仮面をかぶって活動することで知られています。ヒップホップ、ファンクはもちろん、ワールドミュージックまで昇華した独自の音楽性で、レディオ・ヘッドやアンダーワールドの楽曲のリミックスを行う等、世界的な音楽プロデューサーとして評価されています。

 

ジェームスブレイク

歌を中心に構成されていながら、無機質な質感のサウンドに、揺らぎのある現代的なビートトラックを融合させた天才。yahyelが描いている世界観は、国内を中心に活動しながら、確実にジェームスブレイクの地平線とつながっていることを意識しており、yahyelの音楽に触れて感動した人は、必ずチェックしたいアーティストです。

 

ライブの特徴

「完全に人間でもなければ、完全に機械でもない。それを表現したい」

yahyelは、あくまでもトラックとして最高のものを作るのが活動の中心としながら、ライブ活動ではライブならではの表現を追求し、VJとドラムのメンバーを追加して今の5人体制となっています。VJは、ステージへメンバーごと投影することで、匿名性を高める効果を狙っているそうです。

また、曲のアレンジや曲間のつなぎをライブごとに作成、またトラックとは異なり生演奏が必要になるボーカルとドラムは音源とは違ったプレイをすることもあるそうです。特にドラムは、電子ドラム(パッド)を使用して演奏するため音色はデジタルな音源を使用しているが、ドラムの大井がプレイすることで、音源とは違う有機的なリズムを持った楽曲に変化させています。こうして変化を与えてどんな反応が起こるか、ひとつひとつを実験して、次の音楽制作にフィードバックするのに役立つ効果もあるようで、毎回、どんなことをしてくるか楽しみにライブを観てみるのもいかもしれません。

 

歌詞

続いて、yahyelの歌詞について。

yahyelはメンバー全員が海外生活の経験者であることから、他のバンドにはない影響をその音楽性から感じ取ることができます。謎が多く、まだインタビュー記事やネットからの情報はとても少ない彼らですが、ここ数年で大きくメディアに取り上げられることが増えました。

ここではそんなyahyelの歌詞についてお話ししたいと思います。

 

英語での歌詞

yahyelの歌詞はすべて英語の歌詞となっています。そのため、「英語がわからなくて悩ましい」というリスナーもたくさんいることでしょう。しかし、日本人でありながら英語の歌詞をつけているバンドが多いなかで、本物のネイティブな発音が聞けるバンドは多くはありません。

yahyelの楽曲は国境を越えた、人種を越えたスタイルを貫いた作品となっており、このような価値観は日本だけで生活をしていたらなかなか語れないだろう、といった挑戦ともいえる「個性」を歌詞からも感じ取っているリスナーが多いようです。

音楽における英語は、日本語と比べると意味が深くないという話を日本ではよく耳にします。海外アーティストの歌詞は翻訳を読むと、少しがっかりするような内容だった、という経験を感じた方は少なくはないのではないでしょうか(もちろん翻訳技術にも左右されます)。

ところが、その歌詞はあくまで翻訳された歌詞なので翻訳をする人によってはまったく別な内容だったり、深い意味を知ることができたりすることがあります。日本語よりも深くない、という話は日本人ならではの解釈、それは言葉の壁が原因かもしれません。

 

その中で、yahyelが歌詞をすべて英語にしているというこだわりには、国の違いや英語に対するイメージを変えたいという気持ちが強くあるようにも見て取れます。

 

yahyelの歌詞について深い意味を知りたいと思うファンはとても多く、歌詞をネット上で掲載して欲しいという声はたくさんあります。しかし残念ながら、2017年3月現在ネット上でyahyelの歌詞の和訳を掲載しているサイトはありません。

確かにネットで手軽に歌詞を見ることができ、日本語の翻訳が載っていたらすぐに意味を知ることができて便利ではあります。

ただ「言葉の壁を破りたい」と考えているyahyelの意図とは違うような気もします。

彼らの本当の気持ちや伝えたいことを知りたい人は、まず英語を知ることでyahyelの歌詞により深く感動できるかもしれないですね。そういった聴き方も他のバンドではなかなかできない、yahyelにしかできないことなのかもしれません。

 

yahyelに影響を与えた世界

作詞者である池貝峻は歌詞の意味についてよく考えているそうで、その影響についてもインタビューなどで積極的に答えている様子が印象的です。

どっちかというと、そういうアーティストに影響を受けていたかも。ニック・ドレイクやジョニー・キャッシュの歌詞も調べていたし。でも一番はトム・ウェイツ。僕らが見てないようなボロボロのアメリカというか、東京にはない感じの退廃的な生活をしている人たちのポートレートみたいな書き方をしている彼の歌詞に、すごく影響を受けていました。

引用:figaro.jp

こちらの発言ではトム・ウェイツの歌詞に影響を受けているということがわかります。

この記事を読んでいる音楽ファンはトム・ウェイツをすでに知っている人は多いと思いますが、yahyelの歌詞について深く知るために改めて紹介したいと思います。

 

トム・ウェイツはアメリカ出身のシンガーソングライター。

物語を読みながら踏んでいくような不思議な曲調であることでも有名ですが、独特な歌詞の世界観が特に注目され、多くの人に愛される天才アーティストです。

1973年に、レコード・デビュー。「酔いどれ詩人」という異名で知られ[4]、特徴的な嗄れた歌声、ジャズ的なピアノ演奏、しがない人々の心情をユーモラスに描きながらも温かい視線で見つめる独特な歌詞世界、ステージ上での軽妙な語り口でカルト的人気を博した。

引用:Wikipedia

yahyelが好きな人はトム・ウェイツを聴いて彼らの歌詞の世界観を想像することもいいと思いますし、逆にトム・ウェイツを好きだ、という人もyahyelを聴いてみて欲しいと思います。

バンドが影響を受けたと公言するアーティストの曲にはきっと秘密が隠されているはずです。聴いているうちに新しい共通点を発見できるかもしれません。

 

変わってしまう恐怖

yahyelの代表曲「Kill me」の歌詞についてはその意味を「まわりが変わってしまう恐怖を歌っている」とインタビューで語っていますが、このことはyahyelの世界観を知るためのキーワードと言えるかもしれません。

この曲は実は最後の方にできた曲で、アルバム全体のイメージができた後、それを表明する曲を作りたくてできた曲なんですよ。だから、タイトルも“Kill me”という強い言葉を使ってる。歌詞の世界観も自分ひとりの視座。まわりの人たちが変わっていくこと、いわば同じ船に乗っていたはずなのにいつの間にかまわりが変わってしまう恐怖を歌っているんです。

それはアルバム全体を通しても出ていることなんだけど、この曲のサビは特にそれを強く打ち出してますね。

引用:FLOOR

「アルバム全体を通しても」という言葉がありましたが、他の曲の歌詞にも同じような「恐怖」があると語っていますね。

このことから「まわりが変わってしまう恐怖」が、yahyelの歌詞のなかでひとつのテーマでもあるとも捉えることができるでしょう。

 

yahyelの支持者

ネットでの情報が少ないyahyelですが、ツイッターではyahyelについてつぶやいているリスナーが日ごとに増えています。こちらではその一部を紹介したいと思います。

 

 

「賛否両輪があるほどのバンドである」ということは少なからず注目されている証拠でもあるでしょう。

彼らが目指しているスタイルは日本人すべてに必ず支持されるありふれたバンドになることではなく、音楽をしっかりと聴く新しい耳を持ったコアな音楽ファンに理解されることなのだと想像できます。

 

また、海外でも多くのライブを成功させている彼らですが、そのライブについて驚かされることは「MCまですべて英語である」ということ。メンバーの多くが帰国子女である彼らにとっては当然とは思いますが、言語の壁に悩まされるアーティストは多いはず。海外市場で戦っていく上で現地のリスナーやレコーディングエンジニア、音楽レーベルなどと対等に話せるということは大きなアドバンテージでしょう。

歌詞だけが英語、という中途半端さは彼らにはありません。
こだわり抜いた「作品」と呼べるyahyelの世界観には英語は切っても切れないものと言えるでしょう。
そんなyahyelの世界観を感じるために、英語がわからない人も歌詞カードを見ながらぜひ聴いてみてください。

 

 

経歴

2015年
3月 結成

5月 自主制作EP『Y』をリリース

2016年
1月 ロンドンの老舗ROUGH TRADEを含む全5箇所での欧州ツアーを敢行
2月 両A 面7インチ「Fool / Midnight Run」リリース
7月 フジロックフェスティバル「ルーキーアゴーゴー」ステージ出演
9月 「Once / Flare」リリース
10月 METAFIVEワンマン@恵比寿LIQUID ROOMにオープニングアクト出演
11月 1st アルバム「Flesh and Blood」をリリース

おすすめアルバム

Flesh and Blood

2016年11月23日リリース。海外レーベル、Beat Recordsからリリース。

マスタリングは、エイフェックス・ツインやアルカ、ジェイムス・ブレイク、フォー・テット、FKAツイッグスを手掛けるマット・コルトンが担当しています。

海外レーベル、著名エンジニアが関わっていることからも分かるように、一アルバムとしてかなりクオリティの高い作品となっています。結成して間もないにも関わらず、全ての楽曲の一音一音に拘った音作りは圧巻です。

最新アルバム「Flesh and Blood [ yahyel ]」の収録曲や評価はこちら

 

おすすめしたい曲

Once
本人たちによると、映像までを含めて楽曲が完成するイメージがあるとのことで、yahyelを初めて聞く人にはMVの公開されているこの曲がおすすめです。映像はメンバーでもある山田が制作。映像効果もどこかグロテスクで、音像の生々しさと世界観で統一が図られています。音楽として注目されがちなメロディーや歌詞だけでなく、楽器の細かい一音一音や楽曲と映像との相関性にも注目したい一曲です。

 

Midnight Run
中心メンバーである、池貝・篠田・杉本が知り合った初日に制作した曲で、yahyelの曲の中では比較的メロディアスな曲。池貝の歌の良さがストレートに出ていて、心地良い楽曲です。ただし、R&B的なエモーショナルな成分だけではなく、リズムの効いたビートが途中から重なってくる様には、現在の音楽の潮流をしっかりと把握し表現していることを汲み取ることができます。

 

yahyel好きにおすすめのアーティスト

Robert Glasper

ビートトラックという側面をより推し進めていっているのが現代ジャズのシーン。yahyelが取り入れている、ゆらぎのあるビート、これを全て生演奏で表現していることで知られるロバートグラスパーの作品を聴くことで、yahyelの見ているビジョンの理解がより深まります。

 

METAFIVE

高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井という豪華なメンバーによるスーパーバンド。無機質なサウンドは似ているが、あくまでも日本語詞であることや、各メンバーの個性が凝縮されている点などがyahyelとは異なる。最新の音楽性を発揮している両バンドを聴き比べるのも非常に面白いでしょう。

 

向井太一

1992年生まれ、ファッションモデルとしても活動している気鋭のシンガー。最新アルバム「24」では、yahyelが共同プロデュースした楽曲が収録されています。オルタナティブR&Bと呼ばれる音楽性は、yahyelと共通点も多く、よりメロウで歌モノに近い雰囲気を好む方におすすめです。

 

最新情報

ONE × BEAMS SHIZUOKA
2017年2月26日 (日) @静岡BLUE NOTE 1988
LIVE:yahyel / ZOMBIE-CHANG / Tempalay
DJ:DJ RIKI
LIGHTING:Taiheichang

★WAR POINT来日公演にゲスト出演
WARPAINT – JAPAN TOUR 2017
2017/2/28 (Tue) 恵比寿 LIQUIDROOM

SYNCHRONICITY’17
2017年4月8日(土) open 12:00 / start 13:00
開催場所:
TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest

まとめ

yahyelは、まだ活動が始まったばかりのプロジェクトであり、音源や活動のビジョンもまだまだこれから進化していく余地を感じさせてくれます。特に、音楽性の中心が、自身の内なる作家性にこだわらず、「いまの世界の流れ」をとらえていることに、これまでにない新しさを感じます。たとえるなら、youtube世代というより、SNS世代というか、尋常ではない情報処理のスピード感を感じます。

バンドを追いかける理由や目的は人それぞれですが、yahyelの場合は、「これからの世界の音楽がどうなっていくのか」、「どんな音楽を聴いているとかっこいいのか」、一つの示唆を提示してくれるバンドとして注目すると、より楽しく音楽を聴くことができるのではないでしょうか。

最新アルバム「Flesh and Blood [ yahyel ]」の収録曲や評価はこちら

 

参考文献

FIGARO.jp「海外の最先端を意識した、yahyelの音楽(前編)

SILLY「今の世界基準の音を創造するバンド、yahyelが語るコンセプトとアジェンダ

 

スポンサーリンク